スポンサーリンク

【おちょやん】86話のネタバレと感想!菊(いしのようこ)が空襲で犠牲に

【おちょやん】86話のネタバレと感想!

杉咲花主演の朝ドラ【おちょやん】18週86話が4/5に放送されました。

菊(いしのようこ)が空襲で犠牲になる悲しい回で…

今回は【おちょやん】86話のネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【おちょやん】86話のネタバレ

昭和20年3月13日深夜、大阪の街が大空襲に見舞われた。公演のため京都に来ていた千代()と一平()は、そのことを聞き、急ぎ道頓堀に戻った。

千代の目には、がれきの山の光景が広がる。福富楽器店は焼かれて跡形もなくなり、かつての岡安の店前もひどいありさま。

シズ()を含め、道頓堀の人々が無事かどうか気がかりでならない千代。近所の人々は言葉少なげに遺体安置所を教えてくれた。

そこにはシズと宗助(名倉潤)みつえ(東野絢香)がいた。遺体として横たわるのは、菊(いしのようこ)福松(岡嶋秀昭)。

みつえによると、福富ののれんを忘れた菊が夫とともに取りに帰った際に、空襲に遭ったという。お義父さんはお義母さんを守るように亡くなっていたと聞いたみつえ。戦地の福助に母を守れなかったことを「堪忍な」と謝った。

シズは菊に「死んだらしまいや」と言われて疎開したのに、まさかそう言った本人が亡くなってショックを隠せない。福富と岡安という芝居茶屋があったことはシズが語り継ぐ決心をする。

みつえと一福は千代の家へ引っ越してきた。家庭劇の劇団員たちは京都から戻った後バラバラになった。

そんな中、寛治(前田旺志郎)が満州の慰問団に参加したいと言い出す。一平は大反対。芝居のネタとして新聞を取っておいてあるが、戦況がいいと書かれているのに、本土襲撃が続いているのはおかしいという一平は、「日本は負ける。行ったらあかん」と引き止める。(つづく)

【おちょやん】86話の感想

86話は、菊(いしのようこ)と旦那さんが空襲で犠牲になる回でした。

がれきの山のセットがとても良くできているなあと感心していたのですが、

遺体安置所で菊さんを思って涙するシズ、みつえが切なくて…

視聴者の反響は↓

<関連記事>

コメント

タイトルとURLをコピーしました