スポンサーリンク

【おちょやん】75話のネタバレと感想!千代が母の写真を見せて

【おちょやん】75話のネタバレと感想!

警察署の接見室で過去の非道を謝罪するテルヲ(トータス松本)。

心と頭が追いつかない千代()は、あるものを取り出し、金網ごしに見せて‥‥

【おちょやん】75話のあらすじネタバレと視聴率について!


ADVERTISEMENT

【おちょやん】75話の視聴率

【おちょやん】75話の視聴率は発表後にお知らせします。

【おちょやん】75話のあらすじネタバレ

【おちょやん】75話のあらすじネタバレです。

千代が母の写真を見せて

警察署の接見室に訪れた千代()は、身内がいないと言い張るテルヲ(トータス松本)と面会を果たす。

千代はテルヲに対して、自分はこれまでテルヲと関係なく生きてきた。テルヲをずっと恨み続ける、と言い放つ。

それに対して、テルヲは過去の数々の非道を詫び、誠心誠意頭を下げて必死に謝罪する。

千代はその言葉を背中に受けるも、自分がどうしたいのか、心と頭が追いつかない。亡き母に問いかけあと、千代は懐から母の写真を取り出して、母ならば許してくれるかもしれないから謝って、と伝える。

千代は、この写真をもらったことだけは感謝し、父を許せないけれど悔しいけれど「あんたはお父ちゃんや」という。

未練が残って仕方ないから会いに来てしまったテルヲ。千代は「しぶといのだけが取り柄やろ。しっかりせい!」

「上等や」テルヲは必ず舞台を見に行くと約束。「今まで見たことないものを見せる」と千代。

去り際の千代に、「千代、お前はほんまにお月さんみたいやな」とテルヲは声をかけた。

看守に「身内おったんか」と言われて、「わしの自慢の娘や」というテルヲ。

テルヲ亡き後

テルヲは千代と会った晩、静かに息を引き取った。

テルヲに「千代をよろしゅう頼む」と言われていた面々は、テルヲを偲び集まる。

稽古場で娘を見つめる姿が嬉しそうだった。

千之助が千代を褒めたらテルヲが泣いたこと。

思い出は尽きないが、「最後に芝居魅せて思いっきり笑わしたると言ったのに、あいつ口先だけでしたわ」と涙する千代。

一平は、テルヲの遺影が笑ってる、と場をなごます。

「地獄のテルヲさん乾杯!」と千之助。それから皆で談笑して、千代は笑顔。

夜。みんが帰ったあと、千代は一平に話す。みつえから「ほんまに幸せなのか」と言われたが、一平と一緒になって幸せなこと、芝居も役者もやめられないことを告げる。

一平は千代を温泉に誘った。キスをしようとしたら、「あかーん」というテルヲの声が聞こえたが、かまわず一平とキスをした。

<父ちゃん。うちは幸せになんで>と千代。(次週へつづく)

【おちょやん】75話の感想

朝ドラ史上最低・最悪の父と言われたテルヲさん。

まさかこんなにも泣ける展開が用意されているとは・・・。

人生の最後に気づかされた、大事な娘のこと。

しかしどうしてもなぜ捨てたのか、千代ではなくても思ってしまいますよね。

そんな中、千代の立場もテルヲの気持ちもわかる、とても切ないストーリーになっていたなあ、と思いました。

コメント