【おちょやん】71話のネタバレと視聴率!テルヲ(トータス松本)が吐血!?

【おちょやん】71話のネタバレと視聴率!

朝ドラ『おちょやん』第71話が3/15(月曜)に放送!

朝ドラ史上最悪の父ともいわれるテルヲ(トータス松本)が再登場。まさかの吐血!?

今回は【おちょやん】71話のあらすじネタバレ、視聴率、感想などを紹介!

【おちょやん】の視聴率と最終回ネタバレ!千代(杉咲花)の恋と女優業の結末は?


ADVERTISEMENT

【おちょやん】71話の視聴率

【おちょやん】第71話の視聴率は16・7%

(視聴率はビデオリサーチの調べ・関東地区・世帯・リアルタイム)

【おちょやん】71話のあらすじ

万太郎一座との対決には負けるも、公演は成功し、結束が強くなった鶴亀家庭劇。女たちは千代()の家に集まり、男たちは一平()を連れ、酒を飲み交わし、絆を深める日々…。当然、夫婦の時間などゆっくり持てない千代。千代にはふつうの幸せを味わってほしいと願うみつえは、温泉旅行を提案する。その矢先、岡安の店先が大騒ぎになる…。ひどい身なりをした千代の父、テルヲ(トータス松本)が現れるのだった…

【おちょやん】71話のネタバレ

ネタバレ

千代はテルヲを許さず、追い返す。

宗助(名倉潤)「同じ娘としてはテルヲさんの気持ちもわからんではない」と千代に伝える。

翌日。テルヲは乞食たちの世話になっていて、まだ道頓堀にいた。

宗助がテルヲに千代にひどいこしないように忠告する。が、痛みで倒れこむ宗助。

テルヲが宗助を病院に運んだ。

結石ができた痛みだったことが判明した宗助は入院となった。(命は大丈夫。)

駆け付けたシズが宗助に道頓堀から出ていくよういうと・・・

テルヲは吐血して倒れこむ。医師に診てもらうと、入院しないと命にかかわると言われる。

「やぶ医者」呼ばわりして出ていくテルヲ。

立ち聞きしていたシズに、千代には言わないでほしいというテルヲ。

もうすぐ死ぬからという理由で許されるのは嫌なのだ。

千代とみつえも病院へ駆け付けた。

テルヲは旦那さんを助けたのは誰だと、おどけて恩に着せる。

宗助が目を覚ましたため、病室へ入る千代たち。

その後、宗助は首相が暗殺された事件を知る。ぶっそうな世の中だ。

宗助は「この先大丈夫か」と、日本ではなく千代のことを心配して・・・(つづく)

【おちょやん】71話の感想

テルヲ(トータス松本)が恐怖(?)の再登場!

千代(杉咲花)の父・テルヲ(トータス松本)は千代の預金通帳を盗もうとしたり、朝ドラ史上最悪のクズ親!

しかしテルヲは吐血。もう長くないとのこと。

しかもそれを娘に言わないなんて。クズならクズらしく、もう最期だから金くれ、と迫ってよ!

と思ってしまいます。(笑)

切ない秘密、それを知ったシズさん。いったいどうなってしまうのでしょうか。

当記事画像出典:Amazon

おちょやん
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました