【おちょやん】105話のネタバレと感想!「竹井千代と申します」週タイトル回収!

おちょやん105
(C)NHK

【おちょやん】105話のネタバレと感想!

主演のNHK朝ドラ【おちょやん】第21週105話が4/30(金)に放送されました。

「竹井千代と申します」の週タイトルを回収!?

今回は【おちょやん】105話のネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【おちょやん】105話のあらすじ

ラジオドラマ「お父さんはお人好し」のお母さん役に、竹井千代(杉咲花)を配役することを諦められない長澤(生瀬勝久)は、思い丈を全て千代にぶつけるのだった。一方で千代は、「お家はんと直どん」の千秋楽での自分の失態が脳裏から離れず、つらい思い出を引きずっていた。長澤の言葉に心揺さぶられるも断るのだった。その日の夕方、春子が嬉しそうな様子で学校から帰ってくる。春子の言葉が、千代の何かを動かそうとしていた…

【おちょやん】105話のネタバレ

「千代おばちゃん、ちゃんと読めたで」春子は千代の助言で作文の発表が上手くいった。感謝する春子は千代に抱き着いて「どこにも行かんといて」と告げた。千代は笑い、涙した。

千代はラジオドラマを受けることにした。千代のもとに芝居の台本が届く。キャストクレジットの2番目に竹井千代とあった。

昭和26年3月。ラジオドラマの最初の顔合わせの日がやってきた。栗子が花かごを千代に渡す。いつも花を千代に贈ってきた相手は栗子(宮澤エマ)だった。

ずっとうちのこと見てくれはったんどすか」千代はうれし涙。栗子はこっそり芝居を観に行っていた。生きがいとなり、元気をもらえていた。

しんどいなら戻らなくていいとは言ったが「やっぱりうれしい。あてはあんたのお芝居が大好きや。千代、きばってな。これからもずっと応援してるさかい」

千代子は気付いた。1年前も栗子は私のことを心配してきてくれた。あの最後の舞台での涙を見て。春子のことを頼むことで、私を生かしてくれた、と。

顔合わせの場にて。

「初めまして!竹井千代と申します。」

千代は大声を出して笑われた。つらいことがあって逃げ出した自分に機会をくれたことを感謝した千代は「一生、芝居きばらしてもいます、どうぞよろしゅうおたの申します」

千代は「また一から出直しや」と花かごに声をかけた。

【おちょやん】105話の感想

105話は、「竹井千代と申します」の週タイトルが回収された回!

つらい回が続いてきたのですが、千代も視聴者もスッキリと笑顔になった105話。

花の送り主が判明して、しかも嬉しい言葉をもらって・・・

生きがいとなってきたなんて、本当に千代は嬉しかったことでしょう。

残り2週間。本編は残り10回。ラジオドラマ、テレビ・映画での活躍で、全国的に活躍していくことでしょう。

オロナイン軟膏」のCMも出るのでしょうか。浪花千栄子の本名が南口キクノで、「軟膏効くの」とかけて採用されたという逸話もあります。本名、竹井千代だからどうなるのでしょうか(笑)楽しみです。

当記事画像出典:https://www.oricon.co.jp/news/2192049/photo/1/、(C)NHK

おちょやん
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました