スポンサーリンク

【ニッポンノワール】5話の視聴率とネタバレ!3A唯月(今田美桜)が語るブッキーの教えに感動の声!

【ニッポンノワール】5話の視聴率とネタバレ!3A唯月()が語るブッキーの教えに感動の声!

ついに第1部完結!

3A唯月(今田美桜)が元カレ・喜志(栄信)の心を動かしたブッキー(柊先生)の名言に大反響!

10億円強奪事件の真犯人や清春()の記憶に疑いの声も!

今回はニッポンノワール】5話の視聴率とネタバレ、感想、考察について!

ドラマ【ニッポンノワール】のキャストとあらすじ!賀来賢人/清春の事件は「3年A組」と繋がっている!?
ドラマ【ニッポンノワール-刑事Yの反乱-】のキャストとあらすじ、相関図!賀来賢人×3年A組武藤将吾脚本! 衝撃展開が続く【ニッポンノワール】は大ヒットドラマ【3年A組】の半年後が舞台。 生徒や先生、刑事など3Aキャストも続々登場...
ニッポンノワール   【ニッポンノワール】5話の視聴率とネタバレ!3A唯月(今田美桜)が語るブッキーの教えに感動の声! | 【dorama9】
【ニッポンノワール】の視聴率と考察・最終回ネタバレ!薫(広末涼子)殺害と10億円強奪事件の黒幕は?
【ニッポンノワール】の視聴率と考察・最終回ネタバレ!薫(広末涼子)殺害と10億円強奪事件の黒幕は? 2019年日テレの新日曜ドラマ(22時30分〜)は賀来賢人主演×【3年A組】武藤将吾脚本の【ニッポンノワール】。 視聴率は低迷す...

今すぐ【ニッポンノワール】5話のまとめと考察を読む!

【ニッポンノワール】の動画

【ニッポンノワール】【3年A組】はHuluで配信中!2週間無料トライアルでまずはお試しを!※2019年11月現在の情報です。


ADVERTISEMENT

【ニッポンノワール】5話の視聴率

【ニッポンノワール】5話の視聴率は7.1%!

今田美桜登場と第1部完結で前回より0.6%アップ? 第2部から盛り上げていけるのか?

【ニッポンノワール】5話のあらすじ

【ニッポンノワール】5話のあらすじです。

清春(賀来賢人)は、薫()と一夜を過ごしたこと、克喜(田野井健)が自分の子供だと薫から告白されたことを思い出し、夢に見ていた。

克喜に起こされて、思わず「お前の母親と寝たのは流れだ」と慌てる。

克喜に父親は南武()ではなかった、誰だろう?と言われ、まだ早いのに学校へ行かせる。

清春が喫茶ボナールに降りていくと才門()が来ていて、清春が克喜の子供だとバラす。

清春は南武が貸切にしていた遊園地に才門が現れたことへの疑問をぶつけるが、才門ははぐらかす。

「ニッポンノワール」という名称に反応するマスター(笹野高史)。

ニッポンノワールは、10億円強奪事件ではなく被害者という才門。10億円はニッポンノワールが行う極秘プロジェクトの資金だったからだ。

才門はすべてを薫から聞いたと話す。

そこにガスマスク男が突然現れて店を銃撃する。

清春がガスマスク男を追って戦うが逃げられる。「NN」のニッポンノワールのマークが倉庫に記されていた。

ガスマスクの男の正体は?

警察では南武(北村一輝)が遊園地で江國(杉本哲太)を撃った犯人が映る防犯カメラ映像を見せる。

清春は、喫茶ボナールを襲った男と江國を撃った男は別人だと考える。

南武を呼び出し、「ニッポンノワール」の名前をみんなに教えなかったこと、薫(広末涼子)が殺された日に日本にいたことを問い正す。

薫は「10億円強奪事件」と克喜(田野井健)の関係を匂わすが、事件が解決したらすべてを話すと言っていた。

南武は克喜の再検査も警察病院だったことが気になるが、検査結果では何もわからなかった。

南武は元警視庁長官・碓氷(大和田伸也)のもとへ。

碓氷は克喜の居場所を訪ね、「そろそろ返してもらわんとな」と言う。

清春の三者面談と才門の謎

克喜(田野井健)が自分の息子だと知って、戸惑っている清春(賀来賢人)。

名越()が、薫への思いに決着をつけるため、再び乳首相撲を挑んだところに克喜が帰宅。

克喜は三者面談のプリントを清春に渡す。

明海(立花恵理)とホテルにいる才門(井浦新)は、誰か
電話で話している。

ノリですよ、ノリ。運命共同体。今回は大目に見てください。などと謎めいた会話に明海がツッコむと、「ガスマスク男探しに協力すしようかと思って」とはぐらかす。

清春(賀来賢人)は克喜(田野井健)の三者面談に出席するが、「お父さん」と呼ばれて焦る。

担任教師I(バッファロー吾郎AI)に、克喜にどのように育ってほしいかと聞かれ、「後悔してほしい」「ああしなきゃよかった、こうしなきゃなよかった」とか何度も躓きながら、後悔しながら強くなってほしい。と語る。

克喜は清春の言葉に感動し、面談に来てくれたことに例を言う。

ベルムズの新リーダー・陣内(落合モトキ)登場

ガスマスク男の正体は、ベルムズの新リーダー・陣内(落合モトキ)と判明。

ベルムズと警察の癒着が疑われる。

清春と南武は喜志(栄信)を訪ねて、陣内の居所や克喜(田野井健)と南武が警察病院にいたときに写真に映っていた男たちの身元を尋ねる。

喜志は写真の2人は根本と高崎と証言。

喜志は陣内の会社を訪ね、ベルムズのメンバーが行方不明になっていること、バックを問い詰める。

ベルムズを道具にするな、と言う喜志に陣内は唯月(今田美桜)のせいで壊滅しそうになったベルムズを救ったのは自分だと豪語。

喜志をつけてきた清春が陣内に暴力をふるわせて現行犯逮捕する。

【ニッポンノワール】5話のネタバレ

https://twitter.com/Eishin_japan04/status/1193540154805243904
【ニッポンノワール】5話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

陣内(落合モトキ)の取り調べと喜志(栄信)の改心

陣内(落合モトキ)は、「バイオレンスは好き?」「血を見るとエキサイトする?」と不敵な質問をする。

清春は陣内に拳銃を持たせると監視カメラをその銃で撃たせ、ガスマスクの男の正体を問い詰める。

南武(北村一輝)は、碓氷(大和田伸也)に呼ばれる。

碓氷は陣内の取り調べに問題がある、マスコミに騒がれると困ると言う。

南武は警察とベルムズの関わりを尋ねるが碓氷はしらばっくれ、何者かからの電話に「陣内については君に任せる」と言う。

陣内を取り調べる清春は、克喜の名前を出されて逆上。陣内を徹底的に殴り続ける刑事たちに止められる。

喜志(栄信)がバーで飲んでいると、諏訪唯月(今田美桜)が現れる。

久しぶりの再会に近況を語り合う2人。

ベルムズのメンバーから連絡があり、何かを必死に止めようとする喜志。

唯月(今田美桜)は、かつて柊先生に言われたことを喜志に話す。

お前は間違ってない。

迷ってもがいて、それでも再起を目指して前を向く。

みんなみっともないんだ、恥を繰り返して強くなる。

だから正臣のこれまでもきっと、間違ってないんだよ。

陣内(落合モトキ)とベルムズ

清春(賀来賢人)は「声が聞きたくなった」と克喜(田野井健)に電話する。

そこにやってきた宮城(細田善彦)に、薫(広末涼子)を誰が落とすかと賭けをしたとき、宮城は参加していなかったのではないかと疑うが、宮城は参加していたからみんな1万円ずつ払った、と話す。

清春は克喜が薫と自分の子供だと打ち明ける。その代わりに陣内を殴ったことについてフォローしてほしいと頼む。

ベルムズのメンバーたちが警察に押し寄せ、暴れ始める。刑事が本庁に電話するが繋がらない。

喜志(栄信)が陣内(落合モトキ)を拘束し、清春を外に呼び出す。

喜志はなぜか今回の暴行は自分の指示だとウソをつく。

何が望みだと聞く清春に「これまでの罪をすべて償いたい。ほかの奴らをパクらないでくれ…。あいつらを…」と言いかけた瞬間にガスマスクの男から銃撃される。

せっかく前を向いて生きていこうとしたのにカッコつかねぇな。次はほんと、笑って生きてぇな…。

倒れた喜志は、そう言うと息絶える。

ガスマスクの男から清春に電話がある。

陣内にはまだ利用価値があるから陣内を助けるために喜志を殺したという。

ガスマスクの男が「ヒントをあげる」と指差したビルの壁には「NN(ニッポンノワール)」のマークが点滅し、清春は倒れる。

薫(広末涼子)の衝撃告白

その頃、克喜(田野井健)は「薬がない」と暴れ出していた。

翌朝、清春は喜志殺しの罪で逮捕される。

才門(井浦新)がバイクに乗って現れ、清春を助け出す。

清春は、薫に山小屋に呼び出されたときのことを思い出していた。

薫はそこで衝撃の告白をする。

10億円強奪事件は克喜と関係がある。

10億円強奪事件の真犯人は、私よ。

【ニッポンノワール】5話の感想

【ニッポンノワール】5話の感想です。

3年A組諏訪唯月(今田美桜)が語るブッキーの名言に大反響!

「3年A組」で、モデルの夢を叶えるためにベルムズのリーダーKの彼女となり、裏工作で夢を叶えたが、柊先生()の命の授業で人生をやり直している諏訪唯月(今田美桜)が登場。

罪を償おうともがく喜志に、ブッキーの名言を伝えるシーンが胸アツ!と話題に。

10億円強奪事件の犯人は薫(広末涼子)?

https://twitter.com/126341Grace/status/1193535646222077957

予告の口パクから予想の声が上がっていましたが、10億円強奪事件の真犯人は薫(広末涼子)!?

息子が巻き込まれている警察の闇プロジェクトをやめさせようとして…とは考えられますが、でもちょっと怪しいですよね。

【ニッポンノワール】5話の考察とまとめ

5話でわかったことをまとめてみましょう。

・警察学校時代、清春(賀来賢人)と薫(広末涼子)は一夜をともにした。
・そのときできた子供が克喜(田野井健)。
・薫が10億円強奪事件にこだわるのは、克喜とちゃんと向き合うため。
・ガスマスクの男は複数人いる。
・南武と克喜と同時に警察病院にいたベルムズのメンバーが行方不明
・ニッポンノワールはベルムズのさらなる悪用を考えている。
・清春は喜志殺しの犯人に仕立て上げられた。
・克喜(田野井健)の薬が切れた。

5話から湧いて出た新たな疑問はこちら!

・薫の父・碓氷元警視庁長官(大和田伸也)はニッポンノワールの幹部?
・南武(北村一輝)はニッポンノワールの正体を本当に知らない?
・ガスマスクの男の正体は?
・才門(井浦新)は敵か味方か?
・喫茶店マスター(笹野高史)は何か知っている?
・薫を誰が落とすかと賭けたとき、宮城(細田善彦)は参加していなかった可能性あり。
・「NN」マーク点滅で思い出す清春の記憶は真実ではない?
・克喜(田野井健)の父親は本当に清春なのか?
・ベルムズのメンバーがたやすく警察に殴り込めるのがおかしい。
・ベルムズが襲撃してきたとき、本庁に電話が通じなかったのはなぜか。
・喜志は本当は強いのに清春にはいつもやられっぱなしなのがおかしい。
・薫(広末涼子)は本当に10億円強奪事件の犯人なのか?

第1部完結で、かなり怒涛の展開となった第5話でした。

真犯人は薫(広末涼子)という展開になりましたが本当にそうなのでしょうか?

そうだとすると、
・薫(広末涼子)は警察の極秘プロジェクトとニッポンノワールについて星良(入山法子)から聞いていた。
・薫は克喜がプロジェクトに利用されている?ことを知る。
・薫は克喜の衝動的暴力を抑える未認可の劇薬を手に入れていた。
→これが「時に道を外してもやり遂げなればならないことがある」に通じるか?

また清春が記憶を取り戻すのは、「NN(ニッポンノワール)」マークの点滅のとき。

記憶が操作されている可能性も大ですね。

となると、克喜(田野井健)は本当に清春の子供なのか。

まず講師としていた薫が「相談がある」と清春からホテルに呼び出され、その流れで関係を持つ、というのがどうもしっくりきません。

薫は自分が赴任したとき清春が自分のことを覚えていなかった、と言っていましたが、清春は薫の言う通りに「禁煙」していました。

2人は何かあると思いますが、今回出てきたホテルで1度切りの関係…ではないと思います。

それにしても喜志(栄信)がやり直そうとしていたのに殺されてしまったのは残念。

でも、こんなキャラだったのか、ベルムズって「3年A組」ではかなりひどいことしてたはず…と思うと違和感がありますよね。

次週からは清春が“刑事Y”として指名手配され、追われることになります。

サブタイトルにある“刑事Y”というネーミングはいつから出てくるのかと思ったら、こういうことだったんですね。
アイキャッチ画像出典:【ニッポンノワール】公式サイトより

コメント

タイトルとURLをコピーしました