【日曜の夜ぐらいは…】5話|わぶちゃん(生見愛瑠)の呪いと愛に視聴者から好感!

日曜の夜ぐらいは…第5話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【日曜の夜ぐらいは…】5話

清野菜名主演のドラマ【日曜の夜ぐらいは…】第5話が5月28日(日)に放送されました。

「わぶちゃん」こと樋口若葉(生見愛瑠)がかけた呪いと愛に視聴者は好感触で…。

今回は【日曜の夜ぐらいは…】5話の視聴率・内容・感想・出演者・スタッフなどについて紹介します。

【日曜の夜ぐらいは…】5話の視聴率

【日曜の夜ぐらいは…】5話の視聴率は分かり次第更新します。

【日曜の夜ぐらいは…】5話の放送内容

【日曜の夜ぐらいは…】5話の放送内容は…

「3人でカフェを開く」という共通の夢に向けて、岸田サチ(清野菜名)は毎日を生き生きと送り始める。ファミレスでのバイト中も、メニューを気にして見るようになるなど、自分自身の変化が新鮮で楽しい。野田翔子(岸井ゆきの)もまた、タクシー運転手の利点を活かし、おしゃれなカフェ情報を収集。無味乾燥だった日々が、ウキウキとした気持ちに彩られていく。ところが、樋口若葉(生見愛瑠)だけは違った…。
周囲にカフェの「カ」の字もない田舎で、相も変わらず家とちくわぶ工場との往復を繰り返し、若葉はひとり取り残されたような気分になり…。そんな中、翔子は突然、兄・敬一郎(時任勇気)の訪問を受ける。絶縁状態にある敬一郎との久々の会話に、不安と喜びが交錯する翔子…。一方、サチは新たに気になる和風カフェを発見。そこには偶然、住田賢太(川村壱馬)の姿があり、なりゆきから2人は恋人のふりをすることに…!

樋口若葉(生見愛瑠)はちくわぶ工場を辞めて東京へ。サチの団地に越してくる。

翔子は突然、兄・敬一郎(時任勇気)から遺産の放棄をお願いされる。落ち込む翔子だが、サチが家まで駆けつけてくれて救われる。

サチたちは、みね君(岡山天音)を仲間に入れ、住田賢太(川村壱馬)のプロデューサーのもと、いよいよ本格的にカフェ開店へ向けて動き出して…。

【日曜の夜ぐらいは…】5話|わぶちゃん(生見愛瑠)の呪いと愛に視聴者から好感!

【日曜の夜ぐらいは…】5話にて、わぶちゃん(生見愛瑠)が職場の人に欠けた呪いと「いいちくわぶを作れ」と愛情あふれた言葉に視聴者から好感が!

バラエティー番組を見ないという視聴者からは新鮮な生見愛瑠さんの姿、そして演技。とても好感触なようです。

記事内画像出典:『日曜の夜ぐらいは…』公式サイト