【マイハル】6話のネタバレと視聴率|TVer配信開始!拓(道枝駿佑)の告白の破壊力がヤバイ!?

マイ・セカンド・アオハル/第6話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

広瀬アリス主演の火曜ドラマ【マイ・セカンド・アオハル】、通称【マイハル】第6話が11月21日(火曜)に放送されました。

22時46分にJアラートが発表され、報道番組に変更へ。最後まで放送されず…。

TVer配信を含めて最後まであらすじネタバレ紹介します。

今回は【マイハル】6話のネタバレと視聴率について。

ドラマ【マイ・セカンド・アオハル】のキャストと相関図!広瀬アリス・道枝駿佑(なにわ男子)が初共演!
2023年秋のTBS火曜ドラマは広瀬アリス主演の【マイ・セカンド・アオハル】です。共演は道枝駿佑(なにわ男子)、ほか。原作なし。北川亜矢子氏の脚本によるオリジナルラブコメディーです。今回はドラマ【マイ・セカンド・アオハル】のキャストと相関図
【マイ・セカンド・アオハル】のあらすじネタバレを最終回まで!
ドン底OL・白玉佐弥子(広瀬アリス)がアラサー大学生に!?佐弥子と拓(道枝駿佑)の恋の結末はどうなる?今回の記事では【マイ・セカンド・アオハル】のあらすじネタバレを最終回まで紹介。

【マイハル】6話の視聴率

マイ・セカンド・アオハル/第6話

ドラマ【マイ・セカンド・アオハル】(通称:マイハル)第6話(11月21日)の視聴率は世帯4・6%、個人2・5%。

【マイハル】6話のネタバレ

【マイハル】6話のあらすじネタバレです。

佐弥子(広瀬アリス)と拓(道枝駿佑)が一夜を明かしたことが住民の真凛(飯沼愛)にバレてしまう。とりあえず、真凛のところで話を止めてくれることになったが、シェアハウスのルールを破ったとして今後について話し合いが必要になった

「付き合おう」とは言われていないことが気がかりな佐弥子と大人は空気で付き合い始めると言われたことを思い返してモヤモヤする拓。

話を聞いたキイナ(伊原六花)が佐弥子のスマホを使って、強引に会う約束をさせる。2人は改めて話すことになると、拓から衝撃のセリフが飛び出す!

拓「佐弥子さん。俺の彼女になってよ。『はい』は?」

佐弥子は一瞬ためらったが、「はい」と笑顔で答えた。

拓は佐弥子を目一杯、抱きしめる。

――先のことなんて誰にも分からない。それでも私はこの人と恋をしたい。

拓と佐弥子がキスをしていると、シェアハウスの住人たちにその場面を目撃されてしまう。

そして、シェアハウスで会議が開かれる。

真凛「おめでとうございます。でもルールはルールですから、どちらか片方に出て行ってもらいます」

拓は引っ越し先が見つかるまで、しばらくテント生活となった。

拓は「声が聴きたい」からと佐弥子に電話。2人は朝まで通話したまま、寝てしまっていた。

翌日。拓の引っ越し先探しのため、佐弥子とともに不動産屋へ。姉と間違われてごまかす佐弥子。

一方、日向(安藤政信)は拓と佐弥子が大学で手をつないでいる場面を目撃。ショックを受ける。

その後、引っ越し日が決まった拓は日向に引っ越すこととその理由を話す。

日向はどういうところを好きになったのか尋ねる。拓は「人間性」と答える。

日向は「自分のエゴを押し付けることはしないでほしい」とだけ、拓にお願いした。

拓は引っ越した。シェアハウスの住人たちも手伝ったが、佐弥子だけは置いてかれた。

引っ越し祝いに、家でお寿司を食べる2人。拓は父に反発して料理人をしていたことがある。

父は建築家だが、拓には何も言わなかった。腹違いの兄には期待していたのに。

母が死んだとき、父に引き取られたが、そのころ、拓は自分が愛人の子だと知った。

留学などしてきた兄は医師になりたいと言い始めた。そこから父は拓に建築家になれと言ってきた。

拓は、自分は兄の代わりなんだと傷ついた。

佐弥子「ありがとう、話してくれて」

拓「佐弥子さんなら何でも話せそうな気がする」

佐弥子たちのリノベーション工事も終わり、オーナーさんに喜んでもらえた。

シェアハウスにて、打ち上げが開かれる。キイナや日向も駆け付けた。

日向はテラス席に逃げて、1人で飲む。そこへ真凛が来て声をかける。

真凛「パパはいい人すぎるんだよ。けど、女の子はいい人をなかなか好きにならない。私は一生パパの味方だけど、いい加減、学習してね」

佐弥子は拓のアドバイスを受けて課題をなんとか終わらせる。けれどゼロからイチを作り出す才能がないことを嘆く佐弥子。浅田澄香(箭内夢菜)は建築家といっても色々いるのだから自分の強みを生かすようアドバイス。しかし、佐弥子は自分の強みが分からなかった。

そんなある日、佐弥子が家事代行のアルバイトをしている家に謎の男がやってきて、ウロチョロ。佐弥子が「おじさん、何やってるの!」とタヌキの置物で殴ろうとしたが・・・その男は佐弥子が好きな有名建築家・真保誠(じんぼまこと)(石丸幹二)だった。

ここで、番組途中で緊急ニュースに変更。

※22時46分ごろ、沖縄県にJアラートが出て、「報道特別番組」に変更となりました。

TVerでは6話の最後まで配信中。

https://twitter.com/TVer_info/status/1726963055811350819

以下、TVer版を視聴してのあらすじネタバレです。

その家は、真保誠が建築した家だった。その家のオーナーの女性が佐弥子に空き店舗をリノベーションしてもらったことを真保に伝える。そして、佐弥子が真保をその物件について案内することに。すると、意外にも真保から褒められた。

真保「君には建築再生のセンスがあるよ」

真保に褒められた佐弥子は、ゼロから何かを作るより今ある物を活かして再生させることの方が私には向いているのかもしれないと思い始めた。佐弥子はオランダに行っている拓に「いいことがあったの。帰ったら話すね」とLINEした。

やがて拓が帰って来た。佐弥子は拓の家で帰りを待っていて、久しぶりの再会を果たす。拓はファンデンベルグという人物にポートフォリオを渡し、「おおむね、いい感じ」だったという。

佐弥子は「世界的な巨匠に褒められた」と言い、拓に真保と撮った写真を見せる。するとなぜか拓は不機嫌になってしまう。どうせテキトウに言っただけだ、佐弥子さんの他の作品を見てないのに…とバッサリ斬る拓。

佐弥子「私はプロに褒められて嬉しかったんだよ。才能がないことに悩んでたから」

拓「才能があるかないかなんて今の段階で分かるわけないでしょ。自分で勝手に決めつけるの良くないと思う」

佐弥子「拓は特別な人間だからそんなこと言えるんだよ。拓には分からないよね?私みたいな凡人の気持ちなんて」

佐弥子は涙ぐみ、家を出る。拓は追いかけて来なかった。

帰り道、佐弥子は立ち止まって泣いてしまう。そこへ車が停車し、日向が降りて来て、佐弥子に声をかける。

日向は涙する佐弥子を抱きしめる。一方、拓のスマホには真保から電話が来て…。

(つづく)

※11月21日23時30分現在、第6話のTVer配信は中止になっています。

※2023年11月22日20時15分、第6話のTVer配信がスタート。
※地上波でも来週7話とセットで6話未放送の部分を11月28日に放送。放送時間を15分拡大し、【第6話未放送部分+第7話】のスペシャル編集版となります。

【マイハル】6話の感想

6話の感想です。

TVer配信開始!拓(道枝駿佑)の告白の破壊力がヤバイ!?

22日20時台に、第6話のTVer配信が開始となりました。

SNSでは拓(道枝駿佑)の告白の破壊力がヤバイと話題で…!?

「付き合う」という言葉がなかったり、拓が佐弥子を避けるようになったため、一時的にぎこちない関係になったのですが、最終的には佐弥子(広瀬アリス)と拓(道枝駿佑)が思いを確かめ合って、ラブラブな第6話。

キスシーンをシェアハウスの住人に見つかって、拓が出て行くことにはなったのですが、恋人になれたことは「おめでとう」ですね。

拓の告白に対して「破壊力がヤバイ」「言われたい人生だった」と大反響!

多くの視聴者の心をつかんでいます。

ただ、6話ラストでは、佐弥子と拓が喧嘩してしまったので心配ですね。来週が待ち遠しいです♪

【マイハル】6話の出演者・スタッフ

出演者:広瀬アリス 道枝駿佑(なにわ男子)  伊原六花 飯沼愛 水沢林太郎 箭内夢菜 濱尾ノリタカ イモトアヤコ 安藤政信

脚本:北川亜矢子
音楽:青木沙也果
主題歌:「I Wish」なにわ男子
挿入歌:「開青」asmi
プロデュース:塩村香里
演出:青山貴洋


画像出典「マイ・セカンド・アオハル」HP