【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話のネタバレと感想!若林(藤原大祐)の秘密に驚愕!

もしいけ8

【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話のネタバレと感想!若林(藤原大祐)の秘密に驚愕!

【もしも、イケメンだけの高校があったら(もしイケ)】8話が3月5日に放送されました。

・黒幕は若林(藤原大祐)だった!

・龍馬()の恋のライバルは柳一星(宮世琉弥)!

【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話のネタバレと感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話のネタバレ

【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話のネタバレを紹介します。

若林(藤原大祐)が階段から転げ落ち、車いすで登校。
若林は、誰かに突き落とされた。犯人はイケセンのメンバーだという。
さらに、何人かの秘密も知っていて脅されているかも、と言い出す。

イケセンメンバーは「犯人は誰か」と言い出し関係がギクシャクしてしまう。
校長(秋山菜津子)は、面武両道の精神に反すると激怒。
犯人が見つけなければ、大会出場を取り消すと言い出した。

このままだと選抜イケメン大会に出れなくなる。
そこで、イケセンメンバーは犯人を探し始める。

**

桜井カンナ(遠藤さくら)が東高の男子と会うと知った柳(宮世琉弥)と龍馬()は驚きを隠せない。
ふたりでカンナを尾行。

するとカンナの前に柳に喧嘩を仕掛けてきた3人の不良が。
柳が出ていくと、不良は土下座。
3人は秘密を握られて若林に脅されていたという。
若林は、秘密を握り人を脅し、人を殺したこともあるというのだ。

龍馬は若林はそんな人ではないと思う。
暫く、様子を見ようと柳。

**

若林はイケセンメンバーのそれぞれに「秘密を知っている」「犯人を見つけなかったら校長先生に言いつける」と脅していく。

他のイケセンメンバーも若林に秘密を握られていた。
互いに、犯人だと言い合いになり、罵りあいになってしまう。

それを見ていて若林はニヤリとする。
龍馬は、若林が嬉しそうにしているのを見て
「なんで?」と問いかける。

そこに柳がやってきて喧嘩を止める。

そして
「犯人なんていない。自分で落ちたんだろう」
と若林に言い放つ。

花(齊藤なぎさ)が若林が自分で落ちるのを見ていたのだ。

「まさか見ていたとはね」
と若林。

そして、イケセンメンバーの秘密を暴露すると言い出す。

若林はある写真を見せる。
それは、整形前の若林。

若林はイケメンじゃなかったのだ。

「どんなに顔を変えたって、僕にはイケメンの素質がない。どうせイケセンには行けない。だから、みんなを道ずれにしてやる」

そこに風間が。

「僕はイケメンじゃない」と叫ぶ若林。

龍馬は、入学式のとき若林が声をかけてきてくれて安心できた。だからここにいられるし、高校生活が楽しいと思える。
「僕にとって、君はスーパーイケメンだよ」

宇治原修(藤枝喜輝)は「貧乏を受け入れてくれた」
神宮源二郎(水沢林太郎)は「披露会に来てくれた」
一ノ瀬塁()は「屋上のときも駆けつけてくれた」
と“若林が力になってくれた”と告げる。

「イケメンと認めていないのは自分だ。もっと胸をはってイケメンとして生きろ」

若林は泣き崩れ、メンバーとも和解する。

**

校長室にて。

風間()は血をはく。
校長が病院に行くように勧めるが
「僕には伝えるべきことがある、病なんて骨抜きにさせてみせます」
と強気の発言。

**

廊下。
龍馬は掃除をしている。

柳はカンナに告白。

「かんちゃん、俺、かんちゃんが好きだ。俺の気持ちなんて気づいてると思うけど、伝えておきたかったんだ」

龍馬がそれを聞いてしまう。

<続く>

【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話の感想

【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話の感想を紹介します。

【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話のまとめ

【もしも、イケメンだけの高校があったら】8話は、若林の悪事の数々がバレ、さらには、整形だと自らが告白という仰天のストーリー展開でした。

若林の闇の心を救ったのは、イケセンメンバー。裏で人を脅していた若林だけれど、人懐っこくて可愛い若林も本当の姿。風間コーチの言葉はいつも心強く、イケメンがどうあるべきかを教えています。

柳がカンナに告白。龍馬の恋のライバルは柳です。三角関係はどうなるのでしょうか。

次回もお楽しみに♪

記事内画像:【もしも、イケメンだけの高校があったら】公式サイト

コメント