スポンサーリンク

【澪つくし】63話のネタバレと感想! かをると惣吉の新婚初夜がじれったい!

【澪つくし】63話のネタバレと感想! かをると惣吉の新婚初夜がじれったい!

銚子の婚礼は4日間続きます。

かをる()がやっと迎えた新婚初夜、主題歌「恋のあらすじ」のセリフが話題に!

【澪つくし】63話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】63話のあらすじネタバレ

【澪つくし】63話のあらすじネタバレです。

披露宴は4日間!

かをる()は無事に結婚式を終えた。銚子では「嫁迎えは鶏が鳴くまで」。惣吉はたくさん酒を飲まされぐっすり眠っていた。

翌朝、台所仕事を覚えたくて手伝うかをる。女中のかめが、惣吉はやることもやらないで寝たきり、漁師の名折れだと笑う。

とね(草笛光子)は文吉にかをるを紹介する。惣吉からあの絵の女の子を嫁にもらうと聞いていた文吉はたいそう喜ぶ。かつては「巻き網の文吉」と呼ばれた外川一番の漁師だった。酒と女に溺れなければ今頃組合長になっていたのに、ととね。

披露宴は1日だけではない。2日めは惣吉側の客だけ。かをるはさすがに疲れて寝込んでしまう。その寝顔を微笑ましくみる惣吉。

漁師たちはツエ(鷲尾真知子)を漁船に取り憑く幽霊「もうれんやっさ」に似ているとからかう。かをるは惣吉に頼まれて嫁に来た。いつ連れて帰ってもいいんだから!かをるの悪口を言うやつはただじゃおかないとツエ。

かをると惣吉の新婚初夜

3日めは親戚、4日目は惣吉の友人たち…やっと披露宴が終わった。

親戚や友達がびっくりしていた。花嫁さんがべっぴんだと。妬んでいる人もいたという。かをるを睨む女性がいた。その女性と何かあったのかと問う。何もないといいつつ困る惣吉。

正直いって、お前と一緒になれると思わなかった。今でも信じられねえぐれいだ。よくきてくれた、と惣吉。例を言うのは自分のほう、惣吉がもらってくれなかったらどこにも嫁に行かないつもりだった。

漁師の女房はたいへんだけど、俺のこの手を握っていればいい。俺は死ぬまで離さない、と惣吉。

かをるは惣吉の手が好きだと言う。初めて会ったときにトゲを抜いてくれて、本銚子の駅では握ってくれた。惣吉は漁師の手だ、魚くせえぞと言うが、私は漁師の妻ですと健気なかをる。

いいムードになったとき、とねが声をかける。酔っ払った客が戻ってきてもう一度花嫁の顔を見せろといっているという。仕方なく宴会に顔を出す惣吉。かをるは惣吉と結婚させてくれた久兵衛に感謝する。

惣吉が戻るとかをるが襦袢姿で正座をして待っていた。

かをるは、私は何も知らない未熟者。網主や漁師の世界がどんなものかわかりません。でも惣吉さんと一緒になれた。この世で一番の幸せを掴んだからどんな苦労も堪えてみせると宣言する。

惣吉は、この世で一番の幸せをつかんだのは俺の方だ、お前は俺の宝だ、大事にすっからな、とかをるを抱き寄せる。

夢じゃないんですね、惣吉さんのお嫁さんになったんですね…涙するかをる。

そうだ、俺たちは夫婦になったんだ…。2人はついに結ばれた。

【澪つくし】63話の感想とまとめ

いやー、当時の銚子の結婚式のしきたりの説明も兼ねるとはいえ、じらされましたね(笑)。

でもかをる、惣吉と結婚できて本当によかった。

恋のあらすじの歌詞=「この世で一番の幸せ」=愛、つまり「澪つくし」最大のテーマがセリフで強調されたことに反響がありました。

しかし物語はまだ序盤。

ツエが船に災いをもたらすという妖怪「もうれんやっさ(亡霊やっさん/猛霊八惨)」に例えられたのも、何かの伏線かもしれません・・。

62話<< >> 64話

コメント

タイトルとURLをコピーしました