スポンサーリンク

【澪つくし】53話のネタバレと感想! 掛け軸盗難事件と惣吉の待ち伏せ

【澪つくし】53話のネタバレと感想! 掛け軸盗難事件と惣吉の待ち伏せ

惣吉(川野太郎)が再訪するが久兵衛は拒否。家宝の掛け軸の盗難・転売事件が発覚!

犯人はやっぱりあの人!

【澪つくし】53話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】53話のあらすじネタバレ

【澪つくし】53話のあらすじネタバレです。

家宝の平田篤胤の掛け軸が盗まれた!

12月5日。ハマ(根岸季衣)は、正月だけでも千代(岩本多代)を自宅に戻したらどうかと提案する。病状はよくないが、医師と相談すると久兵衛(津川雅彦)。

銚子でも有数の古美術商の竹馬堂の店主(久保晶)と画家の沖田(福田豊士)が訪ねてくる。

妙なことに沖田が以前坂東家で見かけた平田篤胤の掛け軸が竹馬堂にあったというのだ。

偽物に決まっている。平田篤胤はここに滞在して書いたからそんなはずはない、と久兵衛。竹馬堂が見せるとその掛け軸はなんと本物だった。掛け軸をしまった戸棚を調べるとやはりなくなっている。

成島という仲買人が「ある資産家が内々で処分したい」と持ってきたという。

久兵衛は大枚の300円をはたいてそれを買い戻した。

律子とかをるを呼ぶ久兵衛。心あたりはないか、と詰問する。知らないという2人。久兵衛はハマに女中に暇を出す間に女中部屋を調べるという。

女中にだって人権はある。人権蹂躙だと非難する律子。久兵衛は犯人のあたりはついていると言う。

惣吉(川野太郎)が再訪する。番頭、梅木、ハマが対応する。用件を伝えてくれという惣吉。

かをるさんをもらうために来た。吉武惣吉はかをるさんを妻に申と受けたいと伝えてくれという。承ったというハマ。梅木(柴田恭兵)は惣吉の後ろ姿を睨む。

報告するハマは、印象を聞かれて、漁師でさえなかったら頼もしい青年だと思ったと意外にも惣吉をフォローした。一度会ってほしいというかをるだが「時間の無駄だ」とふて寝する久兵衛。

かをるはハマに礼を言う。「見たまんまをいうただけ」とハマ。

犯人はやっぱり律子!

律子は惣吉が来ていたんなら会えばよかったのにと言うが、かをるは久兵衛の許しを得るまで会わないと約束した。惣吉は正面から堂々と攻めると言っていたと誇らしく言う。

乃木大将と同じだと律子。かをるは水橋に渡した封筒に入っていたお金は掛け軸を売ったお金ではないのか、それは泥棒と同じことと追及する。律子は勘がいいわねと認めるが悪びれる気配もない。

惣吉が久兵衛を待ち伏せ

銚子醤油醸造組合では、話し合いをする。カルテルで1割ずつ操業量を減らすのはどうかという意見が出る。監視するシステムが必要という久兵衛。話し合いは難航する。

惣吉は久兵衛を待ち伏せしていた。組合から出てきたところに挨拶するが、久兵衛は怒って帰ってしまう。

【澪つくし】53話の感想とまとめ

久兵衛は、掛け軸を盗んだのは律子だろうと見抜いていましたが、まだ水橋にお金を渡したとは思っていないかもしれません。

この律子の水橋への援助が、これからかをるを巻き込んで、かをるも入兆もたいへんなことに!

そして入兆ってさすが11代も続く老舗。平田篤胤が滞在して書を書いた、なんていうことがサラッと出てきてすごい。

ハマが意外にも惣吉の男らしさと人格を認めたのにも驚きました。これからかをるの味方になってくれるのか…!?

52話<< >>54話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました