2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】150話のネタバレと感想!戦中の物価高騰・物資不足で入兆も吉武も苦境に!

【澪つくし】150話のネタバレと感想!戦中の物価高騰・物資不足で入兆も吉武も苦境に!

戦争が長引き、物資不足や物価高騰で悩まされる入兆と吉武。

戦場に戻った英一郎と、ハルピンに移った律子から手紙が来て、元気そうな様子にひと安心のかをる。

数年後、真珠湾攻撃から太平洋戦争が始まる。

【澪つくし】150話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】150話のあらすじネタバレ

【澪つくし】150話のあらすじネタバレです。

入兆も吉武も戦争で苦境に

昭和12年2月、醤油屋業界は原料高騰等のため価格を発表するが、商工省は物品販売価格取締規則を発動して値上げ停止を命じる。

日用品の中で値上げを禁止されているのは醤油だけと怒る頭・神山(牟田梯三)。

原料の質を下げるしかないと梅木。質の悪いものを作るなら辞めると頭。

かをるは販売部門を切り離して大手に売ってもらったらどうかと提案する。大手にとっても条件次第では悪い話ではないはずだ。

俺だってまがいものの醤油は作りたくない、と梅木も賛成。

そうこなくっちゃと頭。

るい(加賀まりこ)は、こういうときのために大手の家族と婚姻関係を結んでおきたかったが、律子、かをる、英一郎の縁談は全滅したとぼやく。終わったことを言っても仕方がない、とかをる。

でもかをるが佐原に嫁に行っていたらこうして一緒に住めなかったとるい。かをるは親孝行しているんだと笑う。

仕込樽に手を合わせ、ご先祖様に祈るかをる。樽には微生物が棲んでいてそれが醤油に独特の香りや風味を与える。人間にはできないこと。

栄二が何を祈ったか聞くと、天然醸造が続けられますように、出征した人たちが無事に帰りますように、戦争が早く終わりますようにということだった。栄二も一緒に祈る。

しかし日中戦争は激化。

物資不足と値上がりで、給料を上げろと従業員に迫られる梅木やかをる。今しばらくは仕方がない、命がけで戦地に行っている英一郎、赤川、竹田らのことを思ってもうしばらく辛抱してくれ、と梅木は頭を下げる。

吉武家もまた重油や物資不足に困っていた。重油がなければ船を出せず漁もできない。

陸軍軍人がやってくる。船を乗組員ごと供出すれば、徴用中の従業員には給料30円を支払い、家族にもそれなりの対応をするという。

供出はいわば強制と言われ、とねは仕方なく、船と乗組員を出す代わりに重油を回してくれと交渉するが、陸軍の管轄ではないと断られる。

納屋の若い衆に因果を含めて出さなきゃいけない、と漁労長。せめて兄貴が帰ってからにして欲しい、とぼやく善吉。

惣吉はいったいどうしているのか…、と思うとね。

英一郎と律子からの手紙

英一郎はケガが治って原隊に復帰。律子はハルピンの小学校で音楽を教えているという手紙が届く。

手紙について何も言わない久兵衛は悟りを開いているんじゃないかとかをる。悟りなんて開いてもらいたくない。ズケズケ言いたいこといってくれたほうが安心できる。

醤油界にとっても長老格としても久兵衛の存在は大事と梅木。

醤油屋を継いで苦労をすることになって後悔しているのでは?というかをるに梅木は、入兆に来たからこそお前と一緒になれた。かをると子供達を守り、醤油を作っていくのか生きがいだ、二度とつまらないことを言うなと梅木。その真心がかをるをじんわり包んだ。かをるは梅木との間に夫婦の絆を感じていた。

平和を願うかをるの願いも虚しく、昭和16年、太平洋戦争が始まる。

【澪つくし】150話の感想とまとめ

英一郎も律子もそれぞれの地で頑張っている。早く戦争が終わって平和な世の中になって欲しいと願うかをるですが、真珠湾攻撃を発端に太平洋戦争が始まってしまいます。

これから一気に怒涛の展開が始まります。戦争はかをるたちの運命をどう変えていくのでしょうか。

次週/最終週は、最終回まで月〜土曜あさ7時から毎日2話ずつの放送です。録画の設定を変えるのもお忘れなく!

149話◀︎◀︎ ▶︎▶︎151話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】