スポンサーリンク

【澪つくし】146話のネタバレと感想!英一郎の子供問題で梅木が株上げ!?

【澪つくし】146話のネタバレと感想!英一郎の子供問題で梅木が株上げ!?

英一郎(鷲生功)が芸者に子供を孕ませた!?

かをる()が頼りになる姉さんに!

梅木(柴田恭兵)の株が急上昇!?

【澪つくし】146話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】146話のあらすじネタバレ

【澪つくし】146話のあらすじネタバレです。

律子からの手紙

昭和12年2月、高神村と海上村が銚子市に吸収合併された。坂東家では、食事をしながら専用漁業権や財政について話している。醤油屋の合併も進んでいるし、大手と合併したところは業績を上げていると英一郎。入兆はどことも合併しない、と久兵衛。

律子(桜田淳子)から手紙がくる。孫呉はマイナス30度と寒い。日本では広田内閣が総辞職したそうだが、ここには国境守備の軍隊と黙々と働く開拓農民しかいない。別の意味でここからは日本という国がよく見える。小浜とともに元気でやっている。暖かいセーターを送ってくれてありがとう、とるい(加賀まりこ)へのメッセージ。

るいがかをるに編んでいたセーターを、かをるが律子に送るように頼んだのだった。かをるのやさしさに感心する英一郎や久兵衛。

飛行場が完成し、飛行訓練が始まる。

英一郎に子供!?

英一郎(鷲生功)がなかなか起きてこない。心配したかをるが追及すると、悪友と飲みすぎた挙句、芸者置屋に連れて行かれて芸者と関係を持ってしまい、相手が妊娠。認知と養育費を要求されているという。久兵衛が知ったらカンカンに怒るだろう。

そんな相談をしていると、清次()が笹川の造り酒屋の娘との縁談の話を持ってくる。

見合いの前にどうにかしなくてはと困る英一郎。かをるは、英一郎が騙されているのではないかと考え、一緒に確かめに行く。

置屋にいくと、英一郎の相手・浜菊はいなかった。女将にハマギクの妊娠を確かめると、そんな事実はないと言われ、安心するかをるたち。しかし「ウチの芸者にケチをつけた」と置屋の男たちが英一郎を連れて行こうとする。

すると梅木(柴田恭兵)と入兆の従業員が現れ、英一郎を助ける。梅木はかをるたちの様子がおかしいと後をつけてきたのだった。

「無鉄砲だ」「水くさいぞ」という梅木。英一郎の秘密を守らないといけないと思ったから言えなかった、でもあなたの顔を見たとき嬉しかった、とかをる。

梅木もそれを聞いてちょっとはにかむ。

【澪つくし】146話の感想とまとめ

ピュアなお坊ちゃん、英一郎が芸者に騙される事件が起きました。頼りになる姉さん、かをるが解決しようとします。

惣吉問題で株がダダ下がりだった梅木ですが、英一郎の一件で株を爆上げ!?

最後の梅木(柴田恭兵)は、「あぶない刑事」のユージ=セクシー大下がちょっと入っていましたね。

145話◀︎◀︎ ▶︎▶︎147話

コメント