2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】105話のネタバレと感想!夫の死と流産。これ以上かをるをいじめないで!

【澪つくし】105話のネタバレと感想!夫の死と流産。これ以上かをるをいじめないで!

惣吉の仮葬儀で揉め事が起きる中、倒れたかをる。病院に運ばれるが…。

深い悲しみを抱えながらも女将として頑張るというかをるを久兵衛は入兆に連れて行く。

【澪つくし】105話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】105話のあらすじネタバレ

【澪つくし】105話のあらすじネタバレです。

かをるが流産!

惣吉の仮葬儀で久兵衛(津川雅彦)に「不浄を持ち込んだ」とつかみかかる漁師。醤油屋と漁師の争いに「やめて」と叫ぶかをる。お腹の痛みを訴え、町立病院に運ばれるが、その夜のうちに流産してしまう。

怒りに震える久兵衛は、見舞いに来たとね(草笛光子)を追い返す。惣吉の死、かをるを傷つけたことに心を傷めるとね。

吉武家では惣吉を慕う漁師たちが、いろいろな不幸は陸者の祟りだといい始める。船村は、漁師たちは吉武家に泥を塗った、そればかりか惣吉が心待ちにしていた一粒種を失ったことを話す。漁師たちもさすがに反省する。

とねはかをるを思い、ひとり泣く。船村は、もう善吉(安藤一夫)しかいない。善吉が組合を辞めて親方代行をすることになる。

かをるは入兆へ

久兵衛は、退院したらかをるの勘当を解き入兆で引き取ると言う。かをるは網主の女将として吉武家でやらなければならないことがある、外川に帰るというが、久兵衛は半ば強引にかをるを入兆に連れて行く。

かをるの見舞いに行った弥太郎から、久兵衛がかをるを連れ帰ったと聞くと、船村(織本順吉)は一言の断りもないことに怒りを感じる。

坂東家に帰ったかをるに寄り添う律子と英一郎。久しぶりに姉弟3人揃った、親父も喜んでいると英一郎。律子は、かをるとは180度違う生き方だと思っていたけど、同じような運命を辿っている。私たちは何もかも失った。でも何もないということは白紙からスタートできるということ、私たちはまだまだこれからよと励ます。

【澪つくし】105話の感想とまとめ

惣吉を失ったショックや心労が続いていたかをるが流産!

妊娠に大喜びで惣吉が「イタ吉」なんて名前を考えてはしゃいでたのはついこの前なのに、まさに天国から地獄です。息子と孫と嫁を失うとねの悲しみも深い。草笛光子、さすがの名演技です。

もうこれ以上、かをるをいじめないでほしい!

104話◀︎ ▶︎106話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】