【liar】4話のネタバレと感想!切れた赤い糸、復活の予感に「次回が楽しみ」の声!

liar

【liar(ライアー)】4話のネタバレと感想!切れた赤い糸、復活の予感に「次回が楽しみ」の声!

【liar】4話が3月8日深夜に放送されました。

・素直になれない市川()と美紗緒()の関係が壊れていく!

・物語は一気に4年後に!!

人気漫画のドラマ化【liar】4話のネタバレと感想を紹介します。

漫画【liar】は、【まんが王国】マンガ無料立ち読み がおすすめ♪♪
ドラマとともに漫画も楽しみましょう♪♪


ADVERTISEMENT

【liar】4話のネタバレ

【liar】4話のネタバレを紹介します。

美紗緒 side

市川()から<元の友人としてやり直したい>と言われてから1か月後。

美紗緒()は市川のことを忘れられず<会いたい>とメッセージを送る。

すると<明日、行く>と返信がある。

田所(川島海荷)のことが気になりつつも、嬉しさでいっぱいになる。
翌日、市川は
「来てやったぞ。寂しかったろ」と。

「イチさん、好きなんです」
とストレートに伝える美紗緒に
「お前、バカじゃね」という。

どうしても、田所の影がちらつく。

その後、会えるのは月一。

4か月後。7月。

田所に嫉妬をしながらも、関係は続く。
彼女になりたいという強い願望はなくなっていく。

2月。

「今日はいかない。お前もいい加減、男を見つけろよ」
衝撃的な市川の発言。

また、今夜もひとり。
そんな時、MJから引き抜きの話を持ち込まれる。

1か月後。

転職を決めた美紗緒は、上司の出野()から田所が会社を辞めて実家に戻ると聞く。

市川side

1年前。 

<会いたい>と美紗緒からメッセージを受け、舞い上がる市川。
クールなふりをすべく、返信も簡単にする。

この時の市川は、美紗緒は俺から離れない、と思っていた。

この頃、田所とは疎遠になっていた。
ところが、美紗緒は感情を言わなくなり、体だけの関係になったと感じていく。

自分だけが執着していると思い始める市川。
思わず「男見つけろよ」と冷たい言葉を吐いてしまった。

その時、田所から実家に帰るという知らせがくる。
田所は親がお見合いをすすめてくる、とも。

打ち合わせで田所と会う。
田所は
「市川さん、お世話になりました」
と挨拶をする。

「約束を守れなくてごめん」
市川は謝る。

「さようなら、お元気で」
田所に言われ、ただひたすら「ごめん」と思う。

市川は美紗緒に田所と別れたと伝えようと思うが、それを言ったら、美紗緒が変わってしまうかもしれないと思い、言えなかった。

自分には美紗緒がすべて。
だから、美紗緒にもそうであってほしいと思うのだ。

その後、美紗緒が転職したと聞く。

「美紗緒が遠い、わからない」嘆く市川。

そんな時、美紗緒から電話。
電車の中にいて、電話に出られず。

<私、本当はすごいワガママなんです。もっといっぱい好きって言ってくれる人を探します>
と言いつつ、それは、美紗緒の想いがあふれている。

市川は返事をしない。
“お前だって俺じゃなきゃダメなくせに。もっと俺でいっぱいになったらいい”

一方、美紗緒は返事がないことで、もう終わりだと思う。

4年後の再会

東洋商社を去って4年後。
美紗緒は社会人6年生。
美紗緒は転職を考えていた。

市川は、彼女をつくったらしい。

市川は田所と会う。
「女性と長続きしないのが私のせいなら、気にしないで。私は幸せです」
と結婚したことを告げる。

**

美紗緒は出野と会う。

出野は新規事業課をたちあげるから、戻ってきてほしい、という。
美紗緒にとって嬉しい話。
市川と顔を合わせるのが気になるも、美紗緒は再び東洋商社に戻る。

戻って早々に福岡出張の話が。
美紗緒が空港で出野を待っていると、市川が声をかけてきた。
市川も同じ新規事業課。

出野に代わって市川が出張に行くことになったのだ。

「行くぞ」
市川のあとを美紗緒は急いでついていく。

<続く>

【liar】4話の感想

すれ違う市川と美紗緒に涙、再会した二人に「次回が楽しみ」などの声がTwitterに!

【liar】4話の感想を紹介します。

【liar】4話のまとめ

【liar】4話は、市川と美紗緒がどんどんとすれ違う様子を細かく描いています。ほぼ原作通り。互いの想いがとてもわかり、だからこそ歯がゆくもなる。
雨の中で傘をさし、赤い糸で結ばれた市川と美紗緒。その赤い糸がプツンと切れる場面が絶妙。“本当に切れちゃったんだ”とウルウルしましたが、ラストで再会。
復活の兆しにドキドキが増してきました。

次回予告  
・別れた市川と美紗緒が再びカラダの関係に!  
次回をお楽しみに♪♪

記事内画像:【liar】公式サイト

 

コメント