【言霊荘】4話のネタバレ!麻美(森田望智)の狂気と恐怖の生体肝移植!

言霊荘4話   【言霊荘】4話のネタバレ!麻美(森田望智)の狂気と恐怖の生体肝移植!

【言霊荘】4話のネタバレ!麻美()の狂気と恐怖の生体肝移植!

怪しい行動をしていた麻美(森田望智)がついに本性をむき出しに!?

栞()を死んだことにしようとした恐ろしい計画とは?

今回は、【言霊荘】4話のあらすじ・ネタバレ・感想について!


ADVERTISEMENT

【言霊荘】4話のあらすじ

【言霊荘】4話のあらすじです。

麻美(森田望智)の恐ろしい計画

歌川言葉=コトハ()は、2号室の丸山栞(か)が再び意識不明に陥っていることに驚く。主治医だという4号室の医師・菊川麻美(森田望智)は、栞はずっと脳死に近い状態で、家族の同意を得て臓器提供を進めようとしていた。

栞の手がかすかに動いたことに気づいたコトハは、中目零至=レイシ()とともに、栞をアパートに運び出す。麻美は栞に何か薬物を接種しようとしていた。

ソファに横たえられた栞を見たアパートの住人たちは、おかしなことが起き始めたのはコトハが引っ越してきてから。コトハが何かやっているのではないかと疑い始めるが、目を覚ました栞が、主治医が麻美だというと麻美を疑うようになる。

栞をかくまって身を潜めていたコトハをアパートに戻ってきた麻美が訪ねてくる。居留守を使うコトハ。麻美の様子を栞が見たという謎の女が見ていた。

コトハは、綾子から麻美が「どんなことをしてでも鈴木さんを助ける」とつぶやいていたと聞く。綾子の調べでは、麻美の勤める病院に、麻美の恋人・鈴木大輔()が入院しており、肝臓移植が必要だということだ。まさか麻美は恋人を救うために、栞を殺して臓器提供をしようとしているのか?

一方、麻美は自分のものだとは言わずにあるカルテを見せて、臓器移植についてほかの医師に相談していたが、「手術に堪えられないだろう」と言われる。

言霊のパワーが狂暴化している?

常軌を逸し始めた麻美に危機感を感じたコトハとレイシは、岩戸志麻=トシマ()に相談。トシマは、一度除霊に失敗したせいで「言霊のパワーが増している」、狂暴化した言霊の除霊になると200万円を要求。レイシは言霊の力を逆手に取って、「コトハのVチューブアクセスが増えるように」と言葉に出して登録者とアクセスを増やせば、大金が手に入ると提案する。トシマは危険な方法だと忠告するが、実行する2人。

霊感商法でボロ儲けを企むレイシだが、実は人間の思い込みだと言い出す。人間が理解できないことを納得するために霊の仕業にすると主張。それを利用した商売をしているという。

【言霊荘】4話のネタバレ

【言霊荘】4話のネタバレです。

麻美が手術台に…

帰宅した麻美が突然廊下で倒れた。麻美を救急搬送してもらった後、麻美の部屋を調べるアパートの住人たち。栞は麻美の不幸を願ってしまったことを後悔する。

麻美の日記には、鈴木(竹財輝之助)への思いと、一度誰かに奪われた鈴木を取り戻すためなら何でもする。自分が鈴木を救えば、戻ってきてくれるはず。生体肝移植も考えていて、自分の臓器提供をするためには、家族にならなくちゃと綴られていた。日記には勝手に提出したと思われる婚姻届の受理証と鈴木の写真が挟んであった。

本からひらりと落ちた写真を拾った林原早紀()は愕然とする。

その頃、病院では、麻美と鈴木の生体肝移植手術が行われようとしていた。麻美の体は生体肝移植はできないと言われていたはず。なのにどうして? 「心配いらない」という謎の麻酔医(TAIGA)に何かを言いたい麻美だが、麻酔が効いてきて…。

【言霊荘】4話の感想とまとめ

森田望智の怪演、真に迫っていましたね。

最後の手術台で何も言えなくて歯がガタガタ震えてる感じに、楳図かずおのホラー漫画を思い出してしまいました。

次週は、麻美(森田望智)と早紀(石井杏奈)のガチ対決。鈴木(竹財輝之助)が少なくとも二股かけていることはわかりましたが、栞と紗香の同じブレスレット問題は未解決ですよね?

予告で麻美が生きていることがわかってホッ。生体肝移植が成功したのか、それとも何者かに阻止されたのか!?

顔を隠した女は、人間だとするとやはり瞳()?

数々の謎が残るなか、ついにトシマ(斉藤由貴)の除霊が始まり、コトハとレイシは滝行? 第5話で第1章が完結するので、お見逃しなく!

記事内画像出典: 「言霊荘」公式サイトより

コメント