【個人差あります】4話のネタバレと感想!晶(白洲迅)と苑子が愛の確認で衝撃展開!

個人差あります

【個人差あります】4話のネタバレと感想!晶()と苑子が愛の確認で衝撃展開!

土ドラ【個人差あります】4話が8月27日に放送されました。

苑子()を抱けない晶()が真尋(紺野彩夏)と実験的セックス!?

晶はまた女に戻るの?

異性化を描く人気漫画実写ドラマ化・フジテレビ【個人差あります】4話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【個人差あります】1話から最新話まで全エピソードは、U-NEXTで鑑賞できます。(2022年8月現在、最新情報は公式サイトをご確認ください。)

【個人差あります】4話のネタバレ

【個人差あります】4話のネタバレを紹介します。

苑子を抱けない晶

晶()は、苑子()を抱こうとした瞬間、苑子の顔が女の晶()になる。
「また会えるよ」と耳元で囁く女の晶におびえ、結局、苑子を抱くことはできなかった。
苑子は優しく晶を抱きしめ「好きだよ」と言う。

**

雪平(馬場徹)に声をかけるも、雪平はよそよそしい。
晶は「こんな会話もダメなのか」と言うが、雪平は子どももいるし妻もいる「リスクが違う」と言い出す。尊敬していた雪平に幻滅する。

会社帰り。真尋(紺野彩夏)が待ち伏せしていた。「俺を抱いてみないか」と言い出す真尋。
真尋の家にいく晶。
真尋は苑子のことを知っている。薬局のお客で苑子が買っていた商品から、妊活しているのもわかっていた。

真尋はセックスをして本当に異性化するのか試してみようというのだ。
晶は拒否する。

**

苑子は美沙(大村彩子)に妊活の相談をする。
セックスを拒否られたことも話す。

美沙は異性の友達を作ってみたらいいとアドバイス。美沙はいるのだ。
美沙に言わせると夫も知っていてなんてことはないと言うのだが、苑子は、納得できない。

真尋の葛藤

真尋が男に絡まれていた。
晶は「兄だ」と言い真尋を助ける。フラフラの真尋の肩を抱き、家に行く。

それを雪平が見ている。

真尋は、部屋に入ると迫ってくる。晶はドキドキして焦ってしまう。
雪平もこんな気持ちだったのか、と思う。

真尋がフラフラしていたのは嘘でホテルまで行ってお金を貰って帰ろうと考えていたと言う。真尋は手術費用が欲しいのだ。

真尋は、高3の夏、サッカーの試合で頭を打ち、異性化した。
男子生徒からはからかわれる。彼女のアヤノとは仲良くやっていたが、アヤノが男子生徒と抱き合うのを見て自分から身を引いた。親も冷たくなり、真尋の居場所はなくなり、住み込みで働いた。
風俗でも働いたが無理だった。

真尋の話を聞き晶は、抱けないことを謝る。
その時、真尋の部屋に苑子の小説「空諭」があるのを見つけ、それは妻だと打ち明ける。
真尋は、里見苑子のファン。里美というのは、苑子の旧姓。
「先生のことを裏切るなよ」と言い出す。

**

晶は、園子に女友達はいるのかと問われ、真尋の顔が浮かぶ。
苑子は、子作りを焦っていたと言う。
「晶と楽しく暮らしたい」という苑子に、晶も同じ気持ちだと告げる。

澤の名言

会社にて。

雪平は、真尋といたのを見て「色々大変だろうけど」なんて言ってきた。
彼氏づらする雪平に腹を立てる。

晶と雪平を心配する澤(大浦龍宇一)は、雪平を飲みに誘う。
晶への対応に苦労があるだろうと察する澤。

澤は、「こういう時は女子の方がいいかな。個人差はあるだろうけど」と言う。
一般的に、女子は悩みを打ち明けるハードルが低いから、話すことで楽になるからだと。

雪平は澤に、肉体的に受け入れられたら自分が優位に立てると思っていた、と告白する。

雪平は晶に追い越されると焦っていた。女の晶を抱けば、優位に立てると思っていたのだ。しかし、晶が男に戻ったとき、それは違うとわかった。

澤はゲーテの名言「焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる」と言い、ふたりがしたことを後悔するのは相手にも失礼だと話す。
焦らず、そして、家庭を大事にするように、とアドバイス。

晶と苑子が子作り

晶が家に帰ると勇気(片岡久道)の娘ののり(野田あかり)が家出してきていた。
のりは「パパが悪いから帰らない」と言う。
勇気が知り合いを呼んでいたらのりと鉢合わせしたとうのだ。

のりはおままごとをしている。
晶と苑子は一緒にのりとおままごとをして遊ぶ。
3人で写真も撮る。

のりには母親がいない。おままごとでのりの理想の母親像が見えてくる。
のりは苑子に母親像を重ねていた。
のりのリクエストでおうちごはんをする。
ホットプレートでお好み焼きを作る。

和気あいあいと過ごしているところに、勇気がのりを迎えにやってきた。
「パパは世界で一番のりが好きだよ」という勇気の言葉を聞きのりは勇気に抱き着く。

**

のりは勇気と帰る。

晶はプリントするものがあり苑子の部屋に入る。

苑子パソコンの待ち受け画像が、のりと一緒に撮ったものになっていた。

それを見た晶は、苑子が本当に子どもが欲しいと望んでいると思う。

晶は苑子と出会った時を思いだす。キレイな苑子に晶はひとめぼれしたのだ。

晶は「苑子のこと、ずっと好き。出会ったときから、ずっと好き。これからも永遠に好きだし、ずっと一緒にいたい。そこに子どもがいたら最高。もはや奇跡」と苑子を抱きしめる。

そしてセックスをする。
「おやすみ」と言い眠りについたふたり。

晶が女に!

翌朝。

苑子の横で寝ていたのは女の晶()だった。

苑子は晶が女になっていて驚いたのに、晶はこうなると分かっていたと察する。
つまり、晶はセックスをしたということだ。

苑子は晶に聞く。
「私を避けていたのは、それ(異性化する)が理由?答えて」

晶は震える指を噛む。

<続く>

【個人差あります】4話の感想

【個人差あります】4話の感想を紹介します。

【個人差あります】4話のまとめ

【個人差あります】4話は、晶が苑子に愛情があるのに苑子を抱けない葛藤が描かれています。子作りのためのプロセスとはいえ、愛がなければ成り立たないセックス。のりが現れたことで、子どもがいる奇跡のような生活を夢見た晶と苑子。やっと二人は結ばれたのに、やっぱり、晶は女に!震える晶()がか弱くて、見事な異性化にある意味感心。

ドラッグストアの真尋の過去も描かれ、異性化の厳しさ、そこで生きる辛さも感じた4話でした。

次回予告

・苑子が家出!

・女になった晶は気持ちが揺れ始め…。

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【個人差あります】公式サイト

コメント