【恋する警護24時】3話のネタバレと感想!岩本照の背中トントンにキュンキュン炸裂!

恋する警護24時
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【恋する警護24時】3話のネタバレと感想!岩本照の背中トントンにキュンキュン炸裂!

岩本照主演【恋する警護24時】3話が1月27日に放送されました。

3話は、北沢辰之助(岩本照)と里夏(白石麻衣)が急接近!

放送後、「辰之助の背中トントンが素敵過ぎ」などの感想がX(Twitter)に!Snow Man宮舘涼太の写真出演も話題に!

テレビ朝日オシドラサタデー【恋する警護24時】(恋警護24)3話のネタバレと感想を紹介します。

【恋する警護24時】全話ネタバレとあらすじ

【恋する警護24時】3話のあらすじ

恋する警護24時

岩田辰之助(岩本照)が父の墓前で不審な男と遭遇し、追い求める「父の未解決事件」が大きく動き出し始める。
里夏(白石麻衣)が社員寮で暮らすようになり、ぶつかり合いながらも互いを信頼し始めた里夏と辰之助。そんな中、辰之助は原湊(藤原丈一郎)から里夏に関する気がかりな報告を耳にする。どうやら、里夏の過去に何かがあったようで…。

【恋する警護24時】3話のネタバレ

プロローグ
父の墓で男と遭遇した北沢辰之助(岩本照)。男は、父・克己(丸山智己)が殺害された事件で捕まった少年のうちの1人、加賀美洋太(山口大地)だった。

辰之助が遭遇した男は犯人!?

恋する警護24時

寮では岸村里夏(白石麻衣)が鯖缶と着替えを取りに自宅に戻りたいと言い出す。原湊(藤原丈一郎と椎谷厚徳(今野浩喜は、辰之助に怒られるからと言うのだが…。

一方、辰之助は加賀美から当時のことを聞く。

水田雄介(織山尚大)、加賀美(今井柊斗)、金井光男(唐木俊輔)は学校をやめてフラフラしていた。何かどでかいことをしてやろうと思っていたところ、ある店の鍵を拾った。そこで強盗に入った。
加賀美と金井がほんのちょっと離れた時に、克己が殺されていた。
克己には補導されたこともあった。その時、お茶とカステラを出してもらい「腐るなよ」と言われた。加賀美は克己に感謝をしていた。「そんな人を刺せるわけがない」と。
しかし、凶器のナイフは金井が貸したものでそのナイフには軍手の繊維がついていた。水田は家で寝ていたといいはりアリバイが成立。証拠不十分で保釈され、金庫にあった金だけ持って逃げたのだ。

金井は懲役13年。加賀美は10年の刑を終えていた。
辰之助に頭を下げる加賀美は、それ以来、金井と水田には会っていなかった。
ただ3か月前に「また一緒にやらないか」と仕事で使っていたアカウントに送られてきたという。差出人は不明。IDは09202。2009年2月2日。事件のあった日だ。

そのことを原湊と椎谷に話す辰之助。その話を聞いていた里夏は「水田の犯行を裏付ける証拠がみつかれば起訴することができる」とアドバイスをする。

その後、湊は【09202】に「会いたい」とメッセージを送る。

湊の警護中に起きたこと

湊と椎谷は辰之助が留守の間の出来事を報告する。
日中、里夏は自宅に戻った。3人態勢で警護をしたのだが、里夏は無理をしてひとりで荷物を抱え落としてしまった。3人が手伝うと言っても「大丈夫です」と言い張る。どうやら、里夏は素直に助けてと言えないタイプだと辰之助に伝える。

里夏の回想シーン。
中学生の里夏(月島琉衣)が鯖缶を広げていると何者かが入ってくる様子。怯える里夏。

里夏が辰之助の元カノに嫉妬!?

恋する警護24時

戸口美央(岡本夏美)は里夏に「(辰之助と)仲良くなっていいですか?」と言い出す。美央は辰之助にアプローチ。お菓子を広げて「どうぞ」と言うと「甘い物は苦手」と断る辰之助。里夏は辰之助が甘い物が好きだと知っていて「かっこつけたてる」と辰之助をチラリと見る。視線が合うふたり。

里夏は漆原透吾(溝端淳平)に「打ち合わせ」に言われ会うことに。しかし、それは漆原の気遣いだった。買い物をして、その後、ストレス発散で農園レストランに行こうと誘ってきた。

里夏は、実家の工場を手伝った時に泥棒を撃退したことがあると話す。それ以来、自分でなんとかできると思っていた。「だから、気遣いは不要」と強気なところを見せる。

この時、辰之助は怪しい動きを察知。何者かがあとを付けていると思ったら、元カノの津田結子(吉谷彩子)だった。
「怪しかったね」という結子に、辰之助は「怪しかった」と笑う。

その様子を見ていた里夏は漆原の誘いを受ける。
辰之助が警備をするというも、漆原は「これはデートなので」とさりげなく断る。この時、バイクが突進してきた。辰之助が里夏を庇い無事。バイクは逃げる。漆原は手に怪我をしてしまう。

【恋する警護24時】3話の結末

恋する警護24時

里夏は漆原を巻き込んでしまったと自分を責める。
帰宅すると突然、電気が消えた。

キャンドルに火をともす。
辰之助がブレーカーを見に行こうとすると、里夏は一瞬、辰之助を止めようとする。しかしすぐに「大丈夫です」と言う。
辰之助は「不安なら不安だと言ってください。その不安を受け止めるのが任務なので」と。

「心配かけるから、本当は全然強くなくて、ヘタレで」と里夏は泥棒事件のことを打ち明ける。

泥棒を退治したというのは嘘。本当は、里夏は怖くてうずくまっていたのだ。その時、母が背中をトントンしてくれた。その手は震えていた。
里夏はこの経験から「大丈夫」と言いきかせるようにしていると話す。

震える手をギュッと握る里夏。辰之助は里夏の背中をトントンとする。

見つめ合うふたり。
電気が点いた。

湊と椎谷が帰宅。
湊が仕掛けたメッセージに返信があった。

<お前、誰だ>

つづく。

【恋する警護24時】3話の感想

【恋する警護24時】3話の感想を紹介します。

岩本照の背中トントンにキュンキュン炸裂!

強がりな里夏が弱音を吐く。母に背中をトントンしてもらった過去を明かした里夏の背中を辰之助がトントン。何も言わずに静かな優しいトントンに胸キュンが止まりません。
そのあとに、見つめ合う辰之助と里夏。湊と椎谷が入って来なかったらキスしてたかも!?それもまたキュンキュンなのです。
「優しい辰之助最高」「背中トントンにキュンキュン」などの感想がX(Twitter)に寄せられています。

辰之助は元カノと会うとクシュクシュの笑顔を見せます。警護中は笑顔などひとつもなく、クールな男。それがもとろけそうな笑顔になる。このギャップがたまらない。「笑顔がたまらない」「好きすぎる」の感想もたくさんありました。

宮舘涼太が写真出演!

Snow Manの宮舘涼太さんの写真出演は以前も話題になりましたが、3話はしっかりと写真が映り、さらに、身分も明かされたました。宮舘涼太さんは「どこかの国の王子様」という設定です。なんか笑ってしまう。
館様、どこかのくにの王子様が話題に!

まとめ

里夏と辰之助は確実に距離が近くなっています。ふたりの絆が深まる様を描いた3話。里夏が同僚の戸口や元カノの結子に嫉妬しているシーンもあり。里夏自身はそこまで感じていないのかもしれませんが、確実に嫉妬しています。
警護という仕事を通じてですが、辰之助の存在そのものが里夏の不安をぬぐい優しく包みこんでいるのでしょう。岩本照さんのようなイケメンに警護されたら、世の女性は誰でも好きになっちゃうでしょうね。
父殺害事件の方も進展。次回は、辰之助が犯人に会うかもしれない…。恋物語の方では、元カノの結子が引っかき回すようです!三角関係勃発!?次回もお楽しみに♪

【恋する警護24時】3話の出演者

岩本照、白石麻衣、藤原丈一郎、溝端淳平、松下由樹、今野浩喜、吉谷彩子、小野武彦、内田航、岡本夏美、織山尚大、丸山智己、山口大地、月島琉衣、宮舘涼太ほか。

記事内画像:【恋する警護24時】公式サイト