スポンサーリンク

ドラマ【きれいのくに】キャスト・登場人物・出演者一覧|吉田羊、稲垣吾郎ほか

きれいのくに
©NHK

ドラマ【きれいのくに】キャスト・登場人物・出演者一覧

2021年4月、NHKよるドラが月曜よるにお引越し!第一弾は、新進気鋭の劇作家・加藤拓也さんとNHKが初タッグ!

容姿に悩みを抱えた高校生たちが暮らすのは、ほとんどの大人が同じ男(稲垣吾郎)と同じ女(加藤ローサ)の顔をしている国!?

オリジナル脚本で描く斬新な“青春ダークファンタジー”です。

今回はドラマ【きれいのくに】キャスト・登場人物・出演者一覧などについて。


ADVERTISEMENT

ドラマ【きれいのくに】キャスト・登場人物・出演者一覧

ドラマ【きれいのくに】キャスト(出演者)と登場人物を紹介!

出演者一覧

  • …役:恵理(美容師、宏之の妻)小野田(第3話~)
  • …役:謎の女・佐川
  • 平原テツ…役:宏之(会計士、恵理の夫)
  • 橋本淳…役:健司(佐川の夫)
  • 小野花梨…役:恵理(20代の駆け出しの美容師だったころの恵理)/安藤(女優。啓発映画などに出演)
  • 加藤ローサ…役:大人の女(大人の女のほとんどが彼女と“同じ顔”)
  • 青木柚…役:誠也(同じ高校に通う幼なじみ5人)
  • 見上愛…役:凜(同じ高校に通う幼なじみ5人)
  • 岡本夏美…役:れいら(同じ高校に通う幼なじみ5人)
  • 山脇辰哉…役:貴志(同じ高校に通う幼なじみ5人)
  • 秋元龍太朗…役:中山(同じ高校に通う幼なじみ5人)
  • 山中崇…役:千葉(プレーン顔。警察)
  • 安井順平…役:平野(医師)
  • 稲垣吾郎…役:監督、大人の男(大人の男のほとんどが彼と“同じ顔”)

キャスト:吉田羊(役:恵理、小野田)

キャスト:吉田羊(よしだ よう)…2月3日生まれ。年齢非公表。福岡県出身。ドラマ主演作は『コールドケース 〜真実の扉〜』 『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』など。

登場人物:恵理…美容師で自分の店を持つオーナー。 出会って10年になる夫の宏之とは円満な関係。宏之が作るおつまみがお気に入りで、誕生日プレゼントでは毎年決まったワインを宏之からもらうことになっている。宏之が離婚した前妻や娘と会うことに理解を示している。

登場人物:小野田…凜が映画館で出会った女。「啓発映画」に出ていた女と同じ顔の大人。7話で凛(三上愛)に話しかけられる。「みんなの好きがわたしの好きじゃない」から顔を変えなかったと打ち明ける。

キャスト:蓮佛美沙子(役:謎の女・佐川)

キャスト:蓮佛美沙子(れんぶつ みさこ)…1991年2月27日生まれ。鳥取県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。ドラマ出演作は『七瀬ふたたび』『37.5℃の涙』『お義父さんと呼ばせて』『べっぴんさん』など多数。

登場人物:謎の女・佐川…美容院を開業しようとしている美容師。夫・健司との関係に行き詰まりを感じている。税務相談で宏之の事務所を訪れる。
恵理(33歳)33歳のときに美容院を開業。同じ頃、夫・健司との結婚生活に限界を感じ、離婚。その後、店の開業の際に税務相談に乗ってもらっていた宏之と距離を縮め、再婚した。44歳になった翌日に宏之に若返ったと言われてから、どことなく自分に対する周囲の視線に変化を感じ、まんざらでもない様子。

キャスト:平原テツ(役:宏之)

キャスト:平原テツ(ひらはら テツ)…1978年4月25日生まれ。福岡県出身。空(くう)所属。

登場人物:宏之…税理士で事務所を経営している。妻の恵理(吉田羊)と過ごす時間を大事にしており、旅行に出かけたり、外食をするのが楽しみ。思い出は写真に残している。離婚した前妻との間にもうけた娘・寧々と、恵理の誕生日が同じ日のため、当日はそれぞれを祝う時間を作るようにしている。

キャスト:橋本淳(役:健司)

キャスト:橋本淳(はしもと・あつし)…1987年1月14日生まれ。東京都出身。アミューズ所属。2005年、特撮ドラマ『魔法戦隊マジレンジャー』で主演を務める。

登場人物:健司…佐川(蓮佛美沙子)の夫。スチールカメラマンだが、今は仕事がなく、無収入。恵理の収入に頼り、家事をすることもなく、怠惰な生活を送っている。

キャスト:村川絵梨(役:由香里)

キャスト:(むらかわ・えり)…1987年10月4日生まれ。大阪府出身。アミューズ所属。2005年、NHK連続テレビ小説『風のハルカ』のヒロインを演じた。

登場人物:由香里…恵理(吉田羊)の妹。子育て中で、息子の写真を恵理に送ったり、恵理の家に遊びに連れて来たりしている。義兄の宏之(平原テツ)が離婚した前妻や娘と会っていることに不満を抱いている。

キャスト:徳永えり(役:太田)

キャスト:(とくなが・えり)…1988年5月9日生まれ。大阪府出身。フラーム所属。2018年、『恋のツキ』で連ドラ初主演。

登場人物:太田…恵理が経営する美容院に勤める美容師。長年、アシスタントとして恵理を支えている。腕がよく、恵理の髪をカットすることも。

キャスト:稲垣吾郎(役:監督、大人の男)

キャスト:稲垣吾郎(いながき・ごろう)… 1973年12月8日生まれ。東京都出身。株式会社CULEN所属。SMAP(1988-2016)のメンバーとして活躍。ドラマ出演は『二十歳の約束』、「金田一耕助」シリーズ、『佐々木夫妻の仁義なき戦い』など多数。

登場人物:監督…映画監督。恵理や宏之、佐川に夫婦関係についてインタビューをしている。その目的は謎。→美容手術を禁止する「啓発映画」を撮っていた。

登場人物:大人の男…学校の先生、パパ活の相手、人気タレント、誠也(青木柚)の父など、世の中のほとんどの大人の男が美容手術で同じ顔(稲垣吾郎の顔)をしている。高校生の中山(秋元龍太朗)も遺伝子操作のため同じ顔。

キャスト:木村達成(役:根木)

登場人物:根木…宏之の事務所に勤める部下。仕事でもプライベートでも宏之に甘えることが多い。最近、恋人と別れたばかりで、自宅に呼んでもらい慰めてもらっていたところ、目の前に現れた恵理のことが気になり…。

キャスト:小野花梨(役:恵理・23歳/安藤)

登場人物:恵理(23歳)…美容院に就職し、夢だった美容師としての第一歩を踏み出したばかり。つきあっている健司のことは大好きだが、想定外の事態に直面し…。

登場人物:安藤…高校で撮影中の映画に出演している女優。過去には美容整形を戒めるための啓発映画にも「20代の恵理」役で出演。“プレーン顔”の人々のたまり場である『きれいのくに』の常連客。実は部分的な“裏整形”をしていることを凜(三上愛)に告白する。

キャスト:須賀健太(役:健司・20代)

登場人物:健司(20代)…恵理の彼氏。スチールカメラマンを目指している。デート中、恵理が携帯を見るのを禁じたり、自分の写真を撮らせるなど、自分本位で仕切りたがる男。

キャスト:青木柚(役:誠也)

登場人物:誠也…元野球部。野球をやめてからもずっと丸刈りを続けている。丸刈りの理由は母に「色気づいてる」と言われて傷ついたから。隣の家に住む凜と幼なじみで、今も窓越しに話をするのが日課。
 小学生のとき、教室のカーテンの中でれいら(岡本夏美)とキスしたときに凛(三上愛)に目撃される。高校生になって、れいら(岡本夏美)と性交渉をしてみたが、れいらに「数にカウントしない」と平気な顔をされる。
 小学生のときには凜の容姿をからかっていじめる男子に仕返しをした。凜とは何でも話せる間柄だと思っていたが、れいらと会っていたことを隠したことが凜にバレて、関係がギクシャクしている。
 最終回では「俺 好きかも」と照れながら、凛に告白。れいらにも口止め。凛のことを顔で好きになったわけでないから裏整形をしても「引かない」、凛がしたいというならばと彼女の裏整形を受け入れる。
 母が先に整形して次に父が整形したことがわかる。そして父親が「(妻だけ美人で、妻と)対等じゃないと一緒にいられないだろ」という理由で整形したことがある。両親の影響か、誠也も整形しようか迷う。

キャスト:見上愛(役:凛)

登場人物:…ブスとからかわれてきたため、自分の顔にコンプレックスを持っている。物心つく前から一緒に育ってきた誠也には、今も悩みを打ち明けている。パパ活をし、プレーン顔の大人が集う場所「きれいのくに」へ出入りしていく。7話で小野田(吉田羊)の言葉を聞いたり、誠也に「パパ活やめてほしい」と言われて迷いが生じる。だが好きな人の好きな顔=「カワイイ顔」になりたくて裏整形を受けに行く。
 最終回では一度は手術をキャンセルしたものの、誠也に告白され両想いになる。それでもコンプレックスの顔を変えたくて裏整形を受けた。手術には誠也にも付き添ってもらう。口元の整形の成功で喜ぶ。

キャスト:岡本夏美(役:れいら)

登場人物:れいら…見知らぬ男性とアプリで出会ってデートをする“パパ活”をして、お小遣い稼ぎをしている。他校に彼氏がいる。客の福井(稲垣吾郎)に襲われて以来、“トレンド顔”(稲垣吾郎が演じる顔)がトラウマに。
 誠也(青木柚)と練習の性交渉をしたが何もなかったように過ごす。彼氏とも別れた。7話で、さけていた中山(秋元龍太朗)にやっとトラウマを伝える。治るまではお互いに話さない事に決めた。
 最終回では中山とカラオケに行くなどリハビリをする。なぜか中山が泣いた…。

キャスト:山脇辰哉(役:貴志)

登場人物:貴志…お調子者のムードメーカー。れいらから相談されることが多いが、実はれいらのことが好き。

キャスト:秋元龍太朗(役:中山)

登場人物:中山…5人の中では一番まじめなタイプ(?)。ほかのメンバーにはない“ある悩み”を抱えている。その悩みとは、誕生前に両親が遺伝子操作を施したため、大人たちと同じ顔(稲垣吾郎)をしていること。そのことで、れいらに避けられていたが、事情を聞いて納得する。最終回ではリハビリと称して、れいらが暴力を受けたカラオケボックスへ付き添う。なぜか涙してしまった。

キャスト:加藤ローサ(役:大人の女)

登場人物:大人の女…高校生たちが暮らす世界では大人の女がみんな同じ顔(加藤ローサの顔)をしている。

キャスト:山中崇(役:千葉)

登場人物:千葉…“パパ活”を始めた凜がアプリで知り合った客。大人には珍しく美容整形をしていない“プレーン”顔の人物。実は警察。凛(三上愛)をプレーン顔が集まるバー「きれいのくに」に招待する。

キャスト:安井順平(役:平野)

登場人物:平野…整形外科医。7話から登場。凛(三上愛)が女優・安藤(小野花梨)の紹介で裏整形に訪れた病院の医師。

ドラマ【きれいのくに】のあらすじ

【あらすじ】

美容師の恵理(吉田羊)と会計士の宏之(平原テツ)は40代の再婚同士の夫婦。2人で旅行に行ったり食事を楽しんだり、優雅な生活を満喫している。気になることと言えば、わずかな容姿の衰えと、最近セックスレスなこと、そして子どもを持つことを諦めたことくらい。結婚生活に不満はまったくない…、はずだった。しかし、謎の女(蓮佛美沙子)が宏之の前に現れ、夫婦は不可解で信じがたい出来事に遭遇する…。

同じ高校に通う誠也(青木柚)、凜(見上愛)、れいら(岡本夏美)、貴志(山脇辰哉)、中山(秋元龍太朗)は幼なじみ。放課後にカラオケに行ったり、いつもつるんで過ごすほど仲が良いが、最近は異性や容姿を意識して、ときどき、ちょっとぎこちない。ピアスの穴を開けたり、バイトをしたり、“パパ活”をしたり(?!)・・・。ごく普通の高校生だ。唯一違うのは、彼らの周囲の大人のほとんどが“同じ顔”をしている国に暮らしているということ。街を歩く大人はみんな同じ男(稲垣吾郎)と女(加藤ローサ)の顔をしている―そんな世界で、恋をする5人。

ある日、凜と恵理は映画館で出会い―。

あらすじネタバレ

恵理(吉田羊)と宏之(平原テツ)の夫婦の物語は、啓発映画だった。整形が禁止された現代、若返ってもいいことないという教育ビデオのようなもの。

(ドラマ上の)現代は、ほとんどの大人たちの男(稲垣吾郎)と女(加藤ローサ)は同じ顔をしている。整形が流行したから。

そんな世界で、生きる高校生5人が本作の本当の主人公。

れいら(岡本夏美)はパパ活の相手(稲垣吾郎)にカラオケボックスで卑猥なことをされそうになり、拒否するとマイクで殴られた。れいらはトラウマになり、遺伝子の影響で大人(稲垣吾郎)と同じ顔の中山(秋元龍太朗)を避けてしまう。

一方、幼なじみで隣の家同士の誠也(青木柚)、凜(見上愛)は好き同士なのに、なかなか進展しない。しかも誠也はれいらと練習で初めての性的行為をしてみる。凛にうしろめたくなる誠也。実は、れいらは誠也が好きだが、上手くいかないことは分かっていた。

交差する恋模様。顔が同じがゆえのトラウマ。そんな中、れいらは誠也が凛と付き合うことになったこともあってか、トラウマを旧スピードで克服しようとする。そんなれいらに中山はなぜか泣いた。

一方、顔にコンプレックスを持つ凛は、誠也と両想いになったにもかかわらず、「自分の問題」として裏整形をする。傷も目立たず変化もわずか、けれど心は変化した。誠也は「いいと思うよ」と凛の手術後に告げる。凛と誠也は街へ出る。

街頭アナウンスでは違法な美容手術への注意勧告が流れ、警察官が裏整形を取り締まっていた…。

ドラマ【きれいのくに】のスタッフ

加藤拓也
音楽蓮沼執太
制作統括訓覇圭
プロデューサー小西千栄子
プロデューサー高橋優香子
演出西村武五郎
演出鹿島悠
演出田中陽児
演出加藤拓也

【作・加藤拓也さんのコメント】

こちら実はもともと別の物語で企画が進んでいたのですが、企画の始まりから数えると約2年ほどが経ち、なんだか別の物語な気分だねとなり、一新して立ち上がった物語でして、一新する際に提案した幾つかのプロットの中でダメだろうとは思いながら書いていた変な話が採用されまして、なんと本当にここまで来てしまいました。当時、お~まじかと思った記憶があります。

大きな世界の事なんですけれども個人の視界に断片的にしか映らない小さな事が書けたらいいなと思いながら、書いたり撮ったりさせてもらいました。変な話を面白がって咀嚼してくれる懐の深いプロデューサーや監督達、そして俳優達に、これをやらせてくれるのか、やってくれるのかとお付き合いに感謝しつつ、あんまり変だと言い過ぎてもなんなのですが、変ながら『好きな人の好きな顔になりたい』を物語の中心に添えまして、変ながら、私とあなたの、わかるようなわからないような気分が詰まってるんじゃないかと思いますので、皆様にも最後までどうかお付き合いいただけたらと思っております。最後まで、ちゃんと観ないとわからないぞというつもりで書きましたので!

加藤拓也(かとうたくや)さんプロフィール
・脚本家/演出家/監督
・1993年生まれ
・17歳の時、ラジオ・TVの構成作家を始める。
・18歳の時にイタリアへ渡り、映像演出と演劇について学び、日本に帰国後、「劇団た組。」を立ち上げ舞台演出を始める。
・23歳で三越劇場作演出家の最年少記録を樹立。若手演出家コンクール2017優秀賞受賞。
・主な脚本作品に、ドラマ『平成物語』(フジテレビ)、『部活、好きじゃなきゃダメですか?』『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ)、『死にたい夜にかぎって』(MBS)など。

ドラマ【きれいのくに】の放送日

放送開始日2021年4月12日(月)-5月31日(月)
放送時間毎週月曜22時45分 – 23時15分
放送局NHK総合
放送回数全8回

まとめ

「よるドラ」は攻めてる、挑戦的な作品が多い印象です。

【きれいのくに】って意味深なタイトルですね。好きな人の顔になれば、同じ顔を持てば、コンプレックスもなくなるのでしょうか。高校生と大人との出会い、交流でどうなるかも気になります。

吉田羊さん、蓮佛美沙子さん、加藤ローサさんなど、有名キャストと売り出し中の若手がキャスティング。

中でも、元スマップで「新しい地図」の稲垣吾郎さんは注目。稲垣さんの地上波ドラマの出演は『連続テレビ小説 スカーレット』(2020年3月)以来!

当記事画像出典:https://www.oricon.co.jp/news/2185300/photo/1/

コメント

タイトルとURLをコピーしました