【世にも奇妙な物語2023秋/トランジスタ技術の圧縮】のネタバレと感想!CMも圧縮してとツッコミ殺到

トランジスタ技術の圧縮
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【世にも奇妙な物語2023秋】オムニバス4作品の内の1作は、溝端淳平さん主演「トランジスタ技術の圧縮」です。

2023秋のラストを飾った短いストーリー。エレクトロニクス専門誌「トランジスタ技術」の圧縮にかける男たちの熱い戦いの物語です。

今回は【世にも奇妙な物語2023秋/トランジスタ技術の圧縮】のネタバレと感想について。

【世にも奇妙な物語2023秋の特別編】の視聴率とネタバレ!
「世にも奇妙な物語」の2023秋の特別編が11月11日(土)に放送!タモリさんがストーリーテラーを務める人気オムニバス・ドラマ。草彅剛さんら、人気俳優が集結で大注目です!今回は【世にも奇妙な物語2023秋の特別編】の視聴率とネタバレについて。

【世にも奇妙な物語2023秋/トランジスタ技術の圧縮】のあらすじ

トランジスタ技術の圧縮

実況(福澤朗)「みんな圧縮を見たいかあ!」

観客「おー!」

辞書のような分厚さのエレクトロニクス専門誌「トランジスタ技術」。人々は、保存に不向きなこの専門誌を圧縮しようと考えた。圧縮は、やがて世界的な競技へと成長した。

トランジスタ技術・圧縮大会にて。・・・アイロンを用いた圧縮技術を持つ男で「アイロン派の新星」・梶原(溝端淳平)と、脅威の握力でページをむしり取り圧縮する男で、「むしり派の絶対王者」・坂田(阿部亮平)の、奇妙な戦いが開幕!

【補足】雑誌「トランジスタ技術」は実在しており、広告が大量に掲載されて分厚いことで有名。必要ない広告を取り除きスリムにして、雑誌に戻すことが「圧縮」です。

【世にも奇妙な物語2023秋/トランジスタ技術の圧縮】のネタバレ

梶原は田舎へ行き、アイロン派の生みの親で、圧縮の神・関山(志賀圭二郎)という老人に会いに行く。そして弟子にしてほしいと頭をさげる。

むしり派の坂田は関山の一番弟子だった。梶原は坂田に勝つことを関山に誓う。

回想:関山は「『トランジスタ技術』には背骨がある」と、梶原に教えた。

最終決戦にて。梶原は背骨部分をアイロンがけして、背表紙ののりを溶かした。

坂田の方が圧縮するスピードが速いが、梶原も続いて行く。

回想:ある日、関山は亡くなった。坂田は「師匠のいないお前に勝ち目はない」と告げた。関山の孫・関山舞衣子(田村藍)は、祖父から預かったという「最終奥義」が書かれた巻物を梶原に渡す。

梶原は最終奥義を実施。2台目のアイロンを持ち込み、スイッチをミディアムからハイに変更。水も追加。竜のようなスチームで会場が包まれる。すると、あっという間に、圧縮が5冊完成した。

しかしこの技は、梶原にもダメージがあった。満身創痍ながら、差を縮めていく。

すると、ホイッスルが鳴った。坂田の圧縮した『トランジスタ技術』の背表紙が剥がれ始めていた。

梶原「雑誌は生き物。一冊ごとに個性がある」

坂田はすべての雑誌を同じように力任せに圧縮していたのだ。

ピンチの坂田。そこへ舞衣子(田村藍)が祖父からの遺言だからと、坂田にアイロンを授ける。なんと、坂田が10年ぶりにアイロンを握って、圧縮!体が覚えていたのだ。

坂田がものすごいスピードで追い上げて、ついに同点へ。

最後の30冊目。坂田が先に圧縮して、VAR判定の末、勝利した。

と思ったら・・・リーダーズフォーラムのページ、読者の声を捨てていたことが発覚。マイナス2冊となった坂田は敗北。

梶原が優勝した。試合を終えた2人は健闘をたたえあった。

しかし、客席にいたジローラモが「パーティーはこれからさ」と声をかける。

今度は雑誌「LEON」の圧縮の戦い待っていた…。(おわり)

【世にも奇妙な物語2023秋/トランジスタ技術の圧縮】の感想

CMも圧縮してとツッコミ殺到!?

分厚い雑誌の圧縮がテーマの作品でしたが、ネットでは、CMも圧縮してとツッコミ殺到!?

トランジスタ技術の広告部分を取り除くのが圧縮。

テレビドラマでいえばCM部分を取り除くことと似てますね。

テレビ番組を保存するためにCMを編集・削除してる視聴者も同じことをしてそう。

でも、CMがないと無料で視聴できないし、NHKのようにお金を払う必要が出て来てしまいます。

だから放送時のCMを圧縮というツッコミは、その点を無視した冗談ですね(笑)

劇中では取り除いたページに登場人物が感謝していましたが、視聴者はテレビCMに感謝しないといけないかもしれません。

画像出典フジテレビ「世にも奇妙な物語」