【君と世界が終わる日に4】最終回ネタバレと考察!まさかの結末からの続編特報!

君と世界が終わる日にシーズン4
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【君と世界が終わる日に4】最終回/5話ネタバレと考察!まさかの結末からの続編特報!
ゴーレムやゾンビより怖い人間同士の殺し合いもクライマックスへ。生き残ってユートピアに行くのは誰だ!? 意外な人物が退場する衝撃の結末へ。
【君と世界が終わる日にシーズン4】最終回/5話のあらすじネタバレと考察、感想について!

【君と世界が終わる日に4】最終回のあらすじ

【君と世界が終わる日に(キミセカ)シーズン4】最終回のあらすじです。

加州の裏切りとミライ誘拐の理由

ユートピアへの道を目前に、囚人グループの襲撃を受けて、大地(大西利空)を失い、呆然とする明日葉(玉城ティナ)。

加州(溝端淳平)は「ここまでのようだな」と言い出すと、態度を豹変させ、明日葉を陸斗に差し出すという。今まで明日葉についてきたのは、新山財団の令嬢だったから。これ以上そばにいてもメリットがない。陸斗につくと言って出ていくと数人の男たちがついていく。明日葉は、弱い者を優先すると女性5人を選ぶ。佳奈恵はユートピアに行く気はない、ほかのみんなを守ることに力を貸すと言い、響にも協力を求める。

1人で出て行こうとする響に伊織(桜井日奈子)は衝撃の事実を伝える。ミライを誘拐したのはシンジ(須賀健太)、シンジは首藤教授の息子で、ワクチンを作るためにミライで人体実験をしている。ユートピアに行かなくていいのかと煽る。パニックになる響。

ユートピアからの使者・反町(村杉蝉之介)が明日葉の元にやってきて迎えにきたという。明日葉がこのまま行けないというといくつかの拳銃を渡す。

加州と内海たちは、陸斗のところに行って降伏する。信じない陸斗に土下座までして服従する態度をとる。

伊織からとして生存者から「パパたすけて ミライ」という文字と研究タワーの場所が描かれた紙を見せられた響は、やはりユートピアに行かなければいけないと決心する。

ゆら(佐野ひなこ)ら女たちは、拳銃で生存者の男や、話し合おうと言う日浦まで殺してしまう。響を殺そうとすると響も弓を構えるが、佳奈恵が間に立ちはだかる。

「汝、隣人を愛せよ」
今生きているのは明日葉のこの言葉のように、いろんな人に助けられてきたから。響が明日葉と一緒にいたのはこんなことをするためじゃないでしょう、と佳奈恵。

わかったような口を聞くんじゃないと反論する響に、人を救うことを諦めない明日葉は来美と似ているから放っておけなかった、もし明日葉を殺すなら、自分が響の命を奪うと宣言して出ていく。

囚人たちとの最終決戦

海斗は、財団メンバーを殺すより人質にしたほうが明日葉が言うことを聞くのではないかと陸斗に言ってみるが、陸斗は耳を貸さない。

女たちは、囚人たちと拳銃でやり合う。明日葉はやめろと止める。弟を殺した連中なのになんで?という伊織だが、明日葉は殺していい人間なんていない。こんな世界だからこそ誰かが踏みとどまらなければいけないと言う。

囚人たちが集まってくる。その中にいた加州は、囚人たちを殺し始める。「そういうことか」と、加州の真意を知った響は、加勢して明日葉を助ける。明日葉に、加州を見ろと言う。加州が裏切ったように見せかけたのは、明日葉が5人を選べないからだった。「あいつの覚悟を無駄にするな、お前は生きてユートピアに行かなきゃならない」と響。

陸斗が明日葉に迫ると刀でやり合う佳奈恵。

内海たち裏切り者の男たちが、明日葉に謝って寝返ろうとすると伊織が銃殺する。どうせ連れていく気がないなら、生かしておいても揉めるだけ。

陸斗が佳奈恵に斬りかかると海斗が間に入ってかばう。何やってるんだと驚く陸斗。加州と響は陸斗とやり合う。陸斗は倒れた加州を殺れと言うが海斗にはできない。加州と響が陸斗を前後から刺す。

終わったの?これでユートピアに行ける、と自分のことしか考えていないゆらと桃子が出てくる。陸斗は隙を見て桃子を捕らえ、拳銃をよこさないと殺すと脅すが、桃子は明日葉に謝ってありがとうと言うと、自分の首に陸斗の刀を刺す。

伊織と佳奈恵の別れ

のたうち回る陸斗。海斗は陸斗の命だけは助けてくれと懇願する。私たちの前から消えてと言う明日葉。海斗は、こいつらは俺たちが思ってる人間とは違う。こういうやつらが世界にはいるんだという海斗だが、伊織が陸斗を撃つ。続けて海斗を撃とうとすると、身を盾にしてかばう佳奈恵。

伊織は佳奈恵とユートピアに行くんだと叫ぶ。なんで私なの?という佳奈恵に「好きだから」と答える。人に優しくしてもらったのは佳奈恵が初めてだったから。佳奈恵は幸せになるべき人、私が幸せにする。佳奈恵はひとりでも多くの人の役に立つのが自分の生きる意味だと言う。

響は自分が抜けると言うが、明日葉は、伊織は連れていかないと言う。ゆらを殺そうとする伊織。明日葉は伊織に拳銃を向けるが、響は明日葉の代わりに弓で伊織の胸を射た。私にもできたのに、仲間だったのになぜ!?と問いかける明日葉に響は、「その手は汚しちゃいけない。お前が変わる必要もない」と言う。

【君と世界が終わる日に4】最終回のネタバレ

【君と世界が終わる日に(キミセカ)シーズン4】最終回のネタバレです。

響と佳奈恵の別れ

ユートピアに行ったのは、明日葉、加州、ゆら、海斗、佳奈恵。そして響。しかし響は、まともなルートでは、ミライのいる研究タワーには行けないと単独行動をとることにする。

佳奈恵と響は別れを惜しむ。ただの大学生とただの自動車整備工だった2人。響は佳奈恵に「強くなったな、俺なんかよりもずっと」と声をかけると抱きしめる。全然強くないという佳奈恵に、分かってると響。

佳奈恵は泣きながら、今までありがとうと言い、響も礼を言う。響が明日葉たちを頼むと言うと佳奈恵は「生きてね」と最後の言葉をかける。1人になった響は研究タワーに向かう。

加州が明日葉に、これまで一緒にいた理由は「あなたのことが…」と告白しようとすると、反町が迎えにくる。佳奈恵は響は死んだことにする。そして4人は反町とともにユートピアへと進んでいく。

一行がユートピアに入ると、武装した男たちと一緒にやってきた謎の男・冬馬(柿澤勇人)が「待ってたよ、明日葉」と明日葉に声をかけた。

【君と世界が終わる日に4】最終回の感想と考察

【君と世界が終わる日に(キミセカ)シーズン4】最終回の感想と考察です。

最終回、今まででいちばん?ぐらいに人が死にました。ある意味、次に出ない人は一掃されたというか。容赦ないといえば容赦ない、潔いといえば潔いのがキミセカのよいところ。

伊織を響が殺すのは意外でしたが、明日葉の手を汚させたくないという理由からなのは納得できました。殺さなくてもよかったとも思うけど、伊織はしぶといし…。

伊織は詐欺師できっと悪いこともしてきたんだろうけど、海斗や陸斗たちと同じで人を騙すのは人に裏切られてきたかもしれない。でも最後は大好きな佳奈恵の腕の中で眠りにつけて幸せだったのでしょう。ただ伊織の過去についてはもう少し描いて欲しかった。

シーズン4から映画に続くと思いきや、なんとシーズン5の制作発表が!

冬馬(柿澤勇人)は、明日葉のフィアンセ? 親が決めたフィアンセで加州のライバルになり、ゆらが冬馬に言い寄るという展開になりそうな。

映画は響の物語で、シーズン5は玉城ティナと飯豊まりえW主演で生き残り組の物語。

同じユートピアがらみだけど、どう描いていくのでしょうか。楽しみです。

シーズン4の基本情報はこちら↓↓

hulu