【君と世界が終わる日に3】2話のネタバレ!マリスの恐るべき真実!

君と世界が終わる日に3
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【君と世界が終わる日に(キミセカ)/シーズン3】2話のネタバレ!マリスの恐るべき真実!

信者が自らその身を差し出す「マリス」とはいったい何なのか。

来美(中条あやみ)の手がかりが欲しい響(竹内涼真)は教祖に洗脳され始め…。

【君と世界が終わる日に3】2話のあらすじ・ネタバレ・感想について!

【君と世界が終わる日に3】2話のあらすじ

【君と世界が終わる日に3】2話のあらすじです。

響は等々力を助けられるのか

間宮響(竹内涼真)は捕らえられた等々力(笠松将)と再会する。等々力をかばう響に石をぶつけようとして結月(横溝菜帆)に当ててしまった森内(小松利昌)は、「マリスにしてください」と拝み始める。

信者たちが唱え続ける「マリス」とはいったい何なのか?

ワンティーティ(玉山鉄二)や信者たちは鈴を鳴らし、柏手を打って祈る。

響は等々力を見逃してくれと教祖に頼むが、信者たちの気持ちも考えてほしい。ゴーレムを食べることも生き抜く手段なのに、混乱させた等々力とどちらが罪深いのか…。等々力はマリスにされるが、面会だけは許されることに。

また教祖は響にお願いがあるという。

信者たちは結月を見るとみんな驚いた顔をする。施設に子どもがいないのも不自然。何か理由があるのか?

朝食の時間がくる。室田シンジ(須賀健太)はジャミルを食べたが変化はなく合格。ゴーレムを食べることを肯定するような発言をする。

牢獄に囚われた等々力に面会する響。等々力は脱獄に協力してくれと言うが、響は別の方法を考えたほうがいい、とジャミルを差し出す。響らしくない言動に「お前は誰だ? 変わったな」と告げる等々力。

響は佳奈恵のことを聞こうとするが、等々力は答えない。外を探していた響は佳奈恵と出会う。

もう一生パンケーキは食べられないのか、とぶーたれる伊織(桜井日奈子)に結月は自分の食事を差し出す。トイレに行こうとすると2人の女性が待ち構えていた。

ジャミルを食べたふりをして捨てて缶詰をこっそり食べていた信者の井手(吉田ウーロン太)は、信者に見つかってしまう。

佳奈恵と会った響は「マリス」について尋ねる。教祖に掛け合う、許してもらうという響に、ゴーレム肉を食べたのかと問う佳奈恵。もう響を頼らない。洗脳されてるんじゃない? と響を拒む。

結月がいなくなった。シンジと伊織、響は教団内を探し回り、響は結月のバッグを持った北山ユキを問い詰める。殴ってもいいというユキを殴ったのは伊織。ボコボコにするともう1人の南野サヤが仕方なく子供たちを集めた部屋に連れて行く。そこは保育園のような雰囲気で何人もの子供たちが遊んでいた。

子供たちは新世界への道しるべだから特別に保護していると永瀬師長や教祖。

教祖は響を教会に1人呼びつける。Xのことを聞いてくる。結月は両親の仇をとるため、響は来美と出会うために旅をしている。でも外の世界は危険過ぎるから、結月を預けてくれという。教会入ってきた結月は教団にいるつもりはないと拒否するが、教祖は結月を新世界のリーダーにしたいと考えていた。

洗脳されそうな響に結月は、自分を取り戻してほしいと思いを伝えるが、響は教祖に結月を託す。

【君と世界が終わる日に3】2話のネタバレ

【君と世界が終わる日に3】2話のネタバレです。

マリスの正体

ふたたび等々力に面会した響は佳奈恵が無茶する前に、ジャミルを食べて許してもらえと頼む。しかし隣りの牢屋にいた井手が、何をしても無駄だ、もう終わりだ、マリスだ〜と泣き始める。永瀬や信者が「マリスの儀式」を始めると、等々力と井手を連れて行く。

結月は相変わらず手をつけない。責任をとるつもりだったというユキは食事を食べてくれと頼むが、結月は食べない。ユキが出て行ったあと、子供たちに言われてハンバーグを食べ始める。

マリスの儀式が始まる。等々力と井手が、神を冒涜した罪でマリスにされる。その前に北山ユキが自らマリスにしてくれと名乗り出る。信者たちが「マリス」と唱えるなか、ユキは絞首刑に処される。

その頃ハンバーグを食べていた結月は、固いものを噛む。それはマリスになった森内の金歯だった。

マリスとは、子供達の食事のために生贄になるということ。親たちにとってもそれは喜びだという。

井手が失禁したため、等々力が処刑台に連れていかれる。必死に止めようとする響だが、教祖は響の子供のためでもある。教団なら来美と響と子供と3人で暮らせる、そのためのマリスだと説得する。

こんなやつの言ってることをまだ信じるのか? でも小笠原に会えてもあいつはガッカリするだろう。お前はもう別人だ。俺が憧れてた、小笠原が好きだった間宮響はもういなくなっちまったんだな。

等々力は響の目を覚まさせようとする。

等々力が絞首されたそのとき、響は信者から武器を奪い、等々力を助ける。佳奈恵とジアンが突入して援護射撃する。響は教祖に銃を突きつけ、「俺は俺を信じる」と宣言する。

【君と世界が終わる日に3】2話の感想

【君と世界が終わる日に3】2話の感想です。

新世界の価値観に驚愕!

ジャミル=ゴーレムだけじゃなく、マリス=人肉!! 新しい価値観の正体がおぞましすぎる!

来美と会いたい一心で、教祖に洗脳されそうになってしまう響。目を覚まさせたいと願う等々力たち。

一時は「響は死んだ」と嘘をついて来美を奪おうとした等々力だけど、実は響にずっと憧れていた。その響も来美が好きだった響はもういないと言ったことが響の心を動かしました。

でもまだまだ危うい。シーズン3の響はどうも響らしくないですね。戦い続けて疲れ果て、来美の行方もわからず、教祖にすがりたくなるのもわかりますが、もとの響に戻るのか。

そして立ち回りがうますぎて怪しいシンジは何者なのか。ゴーレム肉も食べていないに違いない!

hulu