【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話のネタバレと視聴率!ミンジュンの死に涙が止まらない!

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話のあらすじネタバレと視聴率・感想!ミンジュンの死に涙が止まらない!

きみセカの癒し担当だったミンジュンがゴーレムに噛まれた!

響たちはミンジュンを救えるのか!?

響と来美の運命にも大きな変化が!

この記事のポイント
  • 【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話の視聴率
  • あらすじネタバレ
  • 感想

Hulu独占配信中!シーズン2のネタバレまとめはこちら↓↓


ADVERTISEMENT

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話の視聴率

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話の視聴率は7.1%でした。

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話のあらすじ

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話のあらすじです。

ミンジュンがゴーレムに噛まれる

響()は、病死したはずの母・琴子()のゴーレムに遭遇。変わり果てた母の姿にショックを受けた響は、トドメを刺さずに置いていく。

響を心配してきた佳奈恵()とミンジュン(キム・ジェヒョン)は、来美()と勝利(田中奏生)に鉢合わせ。妹を殺した“テロリスト”と思った勝利はミンジュンに襲いかかり、来美はミンジュンにナイフを向ける。

来美たちから何とか逃れたミンジュンと佳奈恵。ケガをしたミンジュンの血の匂いに誘われた琴子のゴーレムが2人を襲う。

首藤()は、ワクチン開発に必要なゴーレムをテロリストが放ったと嘘をつき、武装自警団が必要として人々を扇動。テロリストを憎む来美も首藤の影響を受け始めている。

ミンジュンの姉・ジアンの取引

響は御前崎(宇野祥平)に助け出され、猿ノ島に戻った。御前崎から、かつての上司・首藤の恐るべき本性を聞く。首藤は研究のために琴子や生きた人間を実験台にしていた。響は、自分が来美を助けようとしたことでミンジュンがゴーレムに噛まれたと責任を感じる。

ミンジュンの姉・ジアン(玄理)が響たちをつけてきていた。

ジアンは響がテロリストとして投降すれば、ミンジュンのためのワクチンを手配し、他の仲間たちは不問すると条件を出す。ミンジュンがゴーレムに変わるまでもう時間がない。響は最後の望みに賭け、一人投降する。

首藤は等々力(笠松将)を操ることにする。愛奈の墓を掘ろうとする来美を慰める等々力。来美は、響にこんな自分を知られなくてよかった…といいながら倒れてしまう。

ジアンは、投降した響にワクチンを渡し、警備の手薄な東ゲートから逃げるように指示する。響は一緒に逃げようと誘うがジアンは断る。ワクチンを取るために冷凍保存装置を開けようとするが、ジアンの手のデータではロックが外れない。

私、信頼されていなかった…。

響は非常用電源に目をつける。

ワクチンはなかった!

冷凍保存装置の中にワクチンはなかった。代わりに大切に包まれた何かが入っていた。ワクチンがないことにショックを受けたジアンは、開発途中だが効果が望める試薬を響に持ち出させる。

逃げる響に拳銃を突きつけたのは等々力だった。等々力は響が消えた半年間、来美がどんな思いでいたか…、自分のほうが来美を守れると叫ぶ。しかし等々力に響は撃てない。逃げる響を何者かが撃ち、薬の瓶が割れる。

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話のネタバレ

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

ミンジュンの最期

響を撃ったのは自衛隊員の沢(堀家一希)。桑田(浅香航大)が「射殺命令は出ていない」と止める。そして響の前にはゾンビ/ゴーレムがやってくる。

島ではミンジュンがゴーレムに変化し始めていた。涙を浮かべながら小斧をふりかざす甲本。佳奈恵がミンジュンを庇う。間一髪のところで響が戻ってくる。御前崎が薬を注射するが、ミンジュンのゴーレム化は止まらない。薬が不完全だからだと御前崎。

響たちはミンジュンに夕陽を見せに外へ連れて行く。ひとりにしてというミンジュンだが、みんなはそばを離れない。なんだか家族みたいだ…。最後に夕陽とみんなと写真を撮ると、日が暮れてミンジュンのゴーレム化が始まる。深い悲しみの中でミンジュンにトドメを刺す響。

その頃、駐屯地では完成間近のワクチンがなかったことを知り、ショックを受けるジアン。首藤は来美に、もしも響が生きていたら響の元に戻るのかと問う。来美は響は死んだと言い、「もう愛していないのか」という首藤の問いにうなづく。

ミンジュンの喪失感に苛まれる響たち。響は自分が来美に固執しているせいだと思いを断ち切るためにトランシーバーも捨ててしまう。甲本はミンジュンがゴーレムに噛まれたのは響だけのせいじゃない、女(来美)がミンジュンの足を刺したから。ミンジュンを殺したのは首藤とその女だと言う。

その頃、首藤はひとり不気味な笑みを浮かべていた。

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話の感想

【君と世界が終わる日に/きみセカ】7話の感想です。

ミンジュンの死が悲しい!

久々ドラマみて号泣しました号泣
ミンジュンいなくなるのは寂しい…
ほんとに仲間とお姉さんにまた会えて欲しい!

悲しすぎて泣きすぎて言葉にならない。お願いミンジュン帰ってきて....

ミンジュンロスが始まってます涙

いつも友情を大切にしていたミンジュン。ずっと響の親友・そして右腕として隣りにいてくれると思ったのに、こんなに早く退場してしまいました。

ミンジュンのまさかの死に「ミンジュンロス」「悲しい」「寂しい」と視聴者から悲鳴が上がっています。ミンジュンのやさしさがいつも癒しだったのでとても残念ですね。

さらにミンジュンの死が、響と来美を仇同士にしてしまいます。

冷凍保存装置に完成間近のワクチンはありませんでした。中身はやはり首藤の妻!?

【君と世界が終わる日に/きみセカ】8話は3月7日(日)よる10時30分から放送です。お見逃しなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました