【君と世界が終わる日に】2話のネタバレと感想!笹野高史迫真の演技と衝撃ラストに戦慄!

【君と世界が終わる日に】2話のネタバレと感想!笹野高史ゾンビ化迫真の演技と衝撃ラスト!
響()と来美()がニアミス!

ゾンビに噛まれた宇和島(笹野高史)を響は助けられるのか?

まさかあの人が!衝撃ラストに戦慄走る。

この記事のポイント
  • 【君と世界が終わる日に/きみセカ】2話のあらすじネタバレ
  • 視聴率
  • 感想

Huluで独占配信中!シーズン2のネタバレはこちら↓↓


ADVERTISEMENT

【君と世界が終わる日に/きみセカ】2話の視聴率

【君と世界が終わる日に/きみセカ】2話の視聴率は8.2%!初回より0.2%ダウンしました。

【君と世界が終わる日に/きみセカ】2話のあらすじ

宇和島(笹野高史)に異変が!

間宮響(竹内涼真)来美(中条あやみ)

無線が一瞬通じたことで来美(中条あやみ)の生存を確信した響(竹内涼真)は交差点に向かう。しかしそこには無人のバスと多数のゾンビの死骸だけが残されていた。

本郷()は周囲に散らばった薬莢から、来美が自衛隊に救助されたと推測する。

甲本(マキタスポーツ)は昨夜ゾンビが来たときに宇和島を盾にしたわけじゃないと謝る。宇和島は実はそのときにゾンビに噛まれていた。傷を発見した甲本は、誰にも言うなと言われた。

近くにあった車を修理する響。等々力(笠松将)たちが化け物に応戦する。本郷(大谷亮平)と甲本(マキタスポーツ)がガソリンを調達しに出かける。

来美(中条あやみ)が緊急手術!

来美(中条あやみ)は自衛隊のトラックで移送されていた。しかし目の前に出てきたゾンビを轢いたトラックは納屋に激突!幼い兄妹の兄・勝利(田中奏生)の胸に鉄筋が突き刺さってしまう。

防護服の医師・ジアン(玄理)が筆頭で緊急手術が始まる。研修医の来美は助手に名乗り出るが、異例だらけの実践に手が震え、ジアンから厳しい言葉をかけられる。血の匂いに誘われて、次々と現れるゾンビ。ガソリンをとりに行った本郷も自衛隊員に加勢する。

「生きたい」のはワガママ?役に立たなければ人間じゃないの?

響たちのもとにもなぜか次々とゾンビたちがやってくる。誰かが噛まれたと疑心暗鬼が広がる中、等々力は宇和島の腕に噛み傷を発見。一同はゾンビたちに追いかけられて近くの老人ホームへ。

感染した宇和島が化け物に変わる前に殺そうと、等々力がナイフを向ける。止める響。ミンジュン(キム・ジェヒョン)は、バスのマークが姉のジアン(玄理)が勤めている感染症の研究所のものと同じ。ジアンの研究はワクチンだから、今もワクチンを作っているのではないか、と言う。かすかな希望を感じる一同。

宇和島の命も全員の命も諦めることができない響。等々力は「お前が責任取れよ」と、宇和島が化け物に変貌したら殺すようにナイフを渡す。

日が落ちると、ゴーレム/ゾンビたちの咆哮に答えるかのように、宇和島も叫び声を上げて暴れ始める。もう限界だろ、仲間を呼び始めている。「俺がやる」と等々力はナイフを出してみんなに問う。

正しいのは俺だ。みなさんはどう思いますか。たったひとりの命と全員の命、どっちが尊いですか。

どうせ最後はあの人を見捨てることになる。早く楽にさせたほうがいい。こいつを生かしておいても害になるだけ。責任を果たせ、と響にナイフを渡す。

響は宇和島と2人にしてくれと頼む。ナイフを置き、縄を解く。

ワクチンはきっとあります。

そういう響に「ワクチンだと? 嘘をつくな。偽善者。あんただって私のこと捨てられた老人と同じだと思ってるんだろ。私が何をした!?役に立たなければ人間じゃないのか」と号泣する宇和島。

宇和島は作家で小さな賞をもらったこともあった。たくさんの生と死を描いてきた。でもそんなことは何の役にも立たない。今はただ怖い。死にたくないんだ…。生きたいと思うことはわがままだろうか。

響の母親は重い病気で最後はボロボロだったが、最後まで新しい薬を試して、生きたいって。生きたいってわがままは当たり前。誰かのためにやめることはない。

もう誰の死も見たくない。だからあなたを助けたい。

宇和島(笹野高史)は役立たずじゃない!

ジアンと来美の手術は難航していた。「自信がないならいないほうがいい」とジアンの厳しい声を受けた来美は「響なら絶対逃げない」と勇気を出して棒を引き抜く。

その頃老人ホームにはゴーレム/ゾンビが押し寄せていた。宇和島をおぶって逃げる響。ミンジュンが加勢するが、響が転んでしまうと宇和島は再びゾンビに噛まれてしまう。

頑丈なゲートの向こう側では等々力たちが待っている。どうしても宇和島を助けたい響だが、宇和島は「最後ぐらい役に立たせてくれ」と自ら盾になる。ゲートを締め、無数のゾンビたちを食い止める。

【君と世界が終わる日に/きみセカ】2話のネタバレ

来美と響のニアミスと謎の凶弾

駐屯地に着いた来美は愛奈(新津ちせ)を助けようとしてゾンビに襲われる。恐怖に怯えながらも自力で倒す来美。首藤()やジアンら医師たちに響を探してほしいと頼むが、「探してほしい人がいるのはあなただけじゃない」と却下される。

宇和島(笹野高史)を助けられなかったことを悔やむ響(竹内涼真)。ひとり、無線に来美へのメッセージを話しかける。その頃来美も同じことをしていた。響に何か声をかけようとする佳奈恵だが、それを聞いて止める。来美の話を聞いていた首藤は意味深に声をかける。救出された数名が駐屯地に向かっていると声をかける。

本郷と甲本と合流した響たちは、横須賀の駐屯地に車で向かう。検査をして陰性なら封鎖地域外に移送してくれるはず。希望を持つ一同。本郷は来美らしき女性を見かけたことを響に言おうとするが、駐屯地で確認すればわかると思い伝えなかった。

日韓新興感染症対策機構の手前で車を降り、手振り大声で救助を求める本郷。しかしそのとき本郷は何者かに射殺されてしまう。

【君と世界が終わる日に/きみセカ】2話の感想とまとめ

宇和島(笹野高史)があっさりゾンビ化してしまったのには驚きましたが、響との会話は考えさせられました。

「生きたいというのはワガママなのか」
「役に立たなければ人間じゃないのか」
「何も悪いことをしていないのに、なぜこうなったんだ」
「ただ死ぬのが怖い」

響の言う通り「生きたい」のは当たり前。「役に立たなければただの害」って極限状態だとしても寂しすぎますね。しかし等々力のように悪者になってくれる人がいないと困るのも事実です。

そしてラストが衝撃すぎ!本郷(大谷亮平)が殺されたのは、警察の人と身バレしていたから? 来美(中条あやみ)が駐屯地に連れていかれたのを知っていたから? どちらにせよ首藤(滝藤賢一)がからんでいそう。

それにしても、1話で1人、2話で2人、3話では3人死ぬ!?人気キャストがバンバン退場していくのが無駄遣いというか贅沢な使い方というか…。

【きみセカ】の動画配信はHuluで配信中!

1話◀︎◀︎  ▶︎▶︎3話

コメント