【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】のネタバレと視聴率!響の笑顔はいつ以来?

君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】のネタバレと視聴率!響の笑顔はいつ以来?
新キャラ登場の完全新作。響と結月が謎のパリピリゾートで大ピンチに!
【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】のあらすじ・ネタバレ・視聴率・感想について!

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】の視聴率

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】の視聴率はわかり次第お知らせします。

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】のあらすじ

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】のあらすじです。

エースとレイナとの出会い

とある林の中で1人、ゴーレムを退治する男がいる。ゴーレムハンター・エース(柄本時生)だ。罠をかけたり、無線で話したり、ゲームをやっているかのよう。たくさんのゴーレムに囲まれ、車の上で助けを求めているレイナ(泉里香)を見ても、自分に危険が及ぶのは嫌だから、助けることに躊躇する。

そのうちに、レイナに気づいた間宮響(竹内涼真)と結月(横溝菜帆)がゴーレムを一挙に退治する。
気まずいエースはその場を去ろうとするが、足をくじいてしまい、結局響たちと行動をともにする。

結月は響の恋人を探している、レイナは若者たちが集まっているという「一ノ瀬リゾート」に向かっていると話す。エースも恋人のローズを探しているという。夜、無線で誰かと話しているエースを見て、不審に思う響。

「一ノ瀬リゾート」にたどり着く響たち。実はローズとはオンラインゲームで知り合っただけで会ったことがない、群れたくない…とゴチャゴチャ言うエースに、言い訳しない、と連れて行く結月。

リゾートの経営者・一ノ瀬稜(小宮璃央)は、響たちを快く迎え入れる。エースの代わりにローズを読んでもらう結月。「エースが会いに来た」と聞いて現れたローズ(トリンドル瑠奈)は、響がエースだと思って駆け寄る。それでもローズと仲良くなれてうれしいエース。

パリピリゾートの秘密

一ノ瀬は結月たちをパーティに誘う。響は念のため、結月に武器を持たせる。一ノ瀬はリーダー同士話をしようと響を呼び出す。食料などが豊富にあるのは、自家牧場などを持っているからだと一ノ瀬。しかしその間に、ローズが結月の武器を持ってみたいとエースが頼みにくる。火も焚いているしゴーレムはこない、大丈夫だとレイナに言われて、仕方なく武器を渡すと、レイナが豹変。結月を捕らえてしまう。驚くエース。

結月を人質に、響を捕らえる一ノ瀬たち。このリゾートでは、人質を取って奴隷に農作業や食料調達などをさせているのだ。エースはこっち側だと仲間に引き入れた一ノ瀬は、エースの武器を借りる。この世界で生きていくためにはヒエラルキーを作る必要があると笑う。

小西(きづき)の手伝いをしろと言われたエースは牢獄に囚われた結月に出会う。自分のことは自分で何とかするから逃げてと響に伝えてと言われる。一ノ瀬は、逃げた奴隷の恋人を殺して見せしめにする。

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】のネタバレ

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】のネタバレです。

本当のヒーローとは

大型トラックに入っているガソリンをとってこいと命じられる響と奴隷たち。エースは見張り役としてついていく。響と結月は命の恩人なのに、罠にハメたのかと抗議するエースにレイナは、自分もまた奴隷で妹を人質に取られているという。

響たちがガソリンが入っているトラックに向かうと、そこにはたくさんのゴーレムがうごめいていた。エースは、結月の伝言を伝えて響に逃げるように言うが、響は結月は仲間だから必ず助けるという。

響と奴隷の男たちがゴーレムと激しく戦う中、どうしていいかわからないエースはトランシーバーに話しかける。するとレイナが応答した。家族を失ったレイナが妹のハルナと逃げていたとき、たまたまエースの呼びかけに答えていたのだ。ゴーレムハンターごっこだとわかっていたが、絶望していた姉妹には、エースがヒーローに思えた。

人のために戦うのが本当のヒーローだと気づいたエースは、響とともに立ち上がる。運転席にあったトランシーバーとスピーカーを見てあることを閃く。

響とエースの逆襲

トラックを持ち帰った響とエース。ほかの奴隷はゴーレムに噛まれて死んだと言っても信用しない一ノ瀬たちに死体を見せると言って、コンテナを開ける。するとたくさんのゴーレムたちが出てきて一ノ瀬たちを襲う。ゴーレムに襲われそうになるレイナを助けるエース。2人は人質を解放しに行くが、そこにレイナの妹のハルナはいなかった。

人質を1か所に集めておくわけないだろ、と一ノ瀬。岩田がハルナにナイフを突きつけ、レイナにエースを殺せば2人とも助けると言う。死亡フラグは立っていたし、雑魚キャラが活躍しようとするとこうなる、殺していいというエース。レイナが躊躇っていると、岩田の頭を突然1本の矢が射抜く。響だった。

なんで助けた?と聞かれた響は、仲間だからと答える。エースも立ち上がり、2人で戦おうとすると、いつの間にか、結月やほかの奴隷たちが後ろに並んでいた。

捕まった一ノ瀬は、奴隷部屋に縛り付けられていた。ローズがやってくる。ローズに助けを求める一ノ瀬だが、ローズの顔がみるみるゴーレム化していく。「噛まれちゃった」と言うと一ノ瀬にかじりついた。

人質も奴隷も解放され、平和な夜が訪れた。「うまくいったな」とエースに言う響。ゴーレムの倒し方にこだわってきたエースは、トラックのコンテナの中に受信機を置き、運転席から無線でゴーレムに呼びかけて集めたのだった。

レイナとハルナがやってくる。エースがゴーストハンターのイメージ通りだと笑うハルナ。レイナはありがとうと礼を言う。ハルナは、レイナが「本物のヒーローみたいでカッコよかった」と言っていたと耳打ちする。

本当のヒーローになったエースにまさかの恋愛フラグが来たようだ。

ミッションコンプリートか?と言って笑い、エースをレイナのもとに送り出す響。

エースはコミュニティに残り、復興に務める。響と結月は、また来美を探す旅に出る。

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】の感想

【君と世界が終わる日に 入門編 完全新作SP】の感想です。

「入門編」なので、もっとおさらいが入るかと思いましたが、ほぼ新作部分でしたね。

コミュ障っぽい柄本時生のエースが、1時間であっという間に成長する姿が面白かった。響が最大のピンチに〜という煽り文句があらすじに書いてあったけど、これまでのことと比べたら、そうでもなかったですね。

エースのキャラでちょっとコメディタッチの部分もあったので、ストーリーの入門編ということではなく、キミセカを見るための入門編=グロさは抑えめで見やすい、ということだったのでしょう。

響と結月に、少しでも安心して笑える夜が来たのはよかった。響の笑顔が見られるのなんて、いつ以来?シーズン1には来美との青春の思い出やイチャイチャシーンがあったけれど、シーズン2からは笑っていないような…。

直後に始まったシーズン4は、またグッとシリアスな展開。響はすっかり闇落ちしてしまうし、次に響の笑顔が見られるのはいったいいつなのでしょうか。

シーズン4の基本情報はこちら↓↓

hulu

コメント