『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』の主題歌が「ダサい」「合わない」と言われる2つの理由!

刀鍛冶の里 メイン
※当サイトのリンクには広告が含まれます

『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』の主題歌が「ダサい」「合わない」と言われる2つの理由!

『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』の放送が開始され、主題歌「絆ノ奇跡」がテレビ放送で解禁となりました。

しかし主題歌が「ダサい」「合わない」と視聴者から不満の声が..。

映像も含めてカッコいい曲なのに一体なぜでしょうか?

今回の記事は『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』の主題歌が「ダサい」「合わない」と言われる2つの理由を見てみます。

【鬼滅の刃】配信情報

アニメ【鬼滅の刃/刀鍛冶の里編】は放送後からAbemaTVで配信予定。

更に【鬼滅の刃】竈門炭治郎立志編、無限列車編、遊郭編も配信しています。

更に原作漫画は【DMMブックス】
で購入できます。

『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』の主題歌は「MAN WITH A MISSION × milet」の「絆ノ奇跡」

『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』の主題歌は謎の覆面ユニット「MAN WITH A MISSION」と女性シンガーソングライター「milet(ミレイ)」のコラボ楽曲「絆ノ奇跡」です。

主題歌はいつ配信?

オープニング主題歌「絆ノ奇跡」はアニメ『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』1話放送直後から配信リリースされています。

「絆ノ奇跡」配信はこちらからどうぞ。

更に同ユニットのエンディング主題歌「コイコガレ」も収録したCDシングルが5月31日にリリース予定。CDシングルは3バージョンあります。

  • 初回限定盤:表題曲2曲のミュージックビデオを収録したDVDが付属
  • 期間生産限定盤:アニメのノンクレジットオープニングおよびエンディング映像を収めたDVDが付属
  • 通常盤:特典なし

『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』の主題歌が「ダサい」「合わない」と言われる2つの理由!

ただ、残念なことに1話放送後から『鬼滅の刃/刀鍛冶の里編』の主題歌が「ダサい」、「合わない」と言われてしまっています。

その理由は何でしょうか?

理由1 スローテンポで暗い曲調

「絆ノ奇跡」は始まりからスローテンポで暗い曲調。

アップテンポだった「紅蓮華」、「残響散歌」とは対照的です。

その為、「今までの主題歌と比べると合っていない」と感じる方が多かったのではないでしょうか?

理由2 歌詞が世界観と合わない

2つ目の理由として「歌詞が鬼滅の刃の世界観に合っていない」という声がありました。

サビ前の映像は始まりの剣士たち→鱗滝など先代の剣士たち→煉獄、伊黒など現役世代の柱→炭治郎たち若い芽へ繋がっていきます。

歌詞には「想いは人から人へと通じ、過去から現在へ繋がっていく」という意味が込められています。

『鬼滅の刃』にも確かにこのテーマがあります。が、『刀鍛冶の里』よりも最終章『無限城』のイメージが強いです。

「合わない」というより「早すぎた」と言った方が正しかったのではないでしょうか?

画像の引用元:アニメ「鬼滅の刃」公式ポータルサイト