【警視庁アウトサイダー】4話のネタバレとあらすじ・おちゃらけ一転!あの刑事が射殺される急展開!

警視庁アウトサイダー
テレビ朝日系木曜ドラマ【警視庁アウトサイダー】4話が1月26日に放送されました。映画『ドライブ・マイ・カー』で米アカデミー賞・国際長編映画賞に輝いてから初の連続ドラマ主演作となる西島秀俊が元マル暴オヤジ刑事を演じ、秘密をひた隠すエース刑事・濱田岳、やる気ナシ新米刑事・上白石萌歌というスネに傷をもつグレーな刑事が絡んだひと癖ある刑事ドラマ。今回は西島演じる架川刑事の元上司の自殺の真相を追ううち、まさかの展開が!
この記事では【警視庁アウトサイダー】4話のネタバレとあらすじをお届けします。
目次

【警視庁アウトサイダー】4話のあらすじ

警視庁生活安全部の参事官・黒石元警視正(井上肇)が自宅アパートで自殺した。黒石は組織犯罪対策部の部長候補と目されていたが、数カ月前、若い女性との不倫が週刊誌に報じられて依願退職したばかりだった。
知らせを聞いた桜町中央署刑事・架川英児(西島秀俊)は、がく然! 黒石は架川にとって何かと目にかけてくれた“恩人”だったのだ。まもなく、黒石が死の直前、架川に手紙を遺していたことが判明。「あれは罠だ。私ははめられた。君も気をつけろ」というメッセージを読んだ架川は、蓮見光輔(濱田岳)、鑑識の仁科素子(優香)を巻き込んで誰が黒石を罠にはめたのか真相を探りはじめる。また、水木直央(上白石萌歌)には黒石のスキャンダル相手・森沢未央(喜多乃愛)に接触するよう依頼して…!?
やがて背後に暴力団“鷲見組”がからんでいることに気づいた架川と光輔は、真実を求めてウラ社会の大物のもとに乗り込む。その相手とは、鷲見組の敵対組織“一途会”の最高顧問・手嶌春(浅野ゆう子)。彼女は、情報提供の見返りにとんでもない要求を突きつけるが…!?  そして、春が示した糸口から、アウトサイダートリオを揺るがす衝撃の新事実が浮かび上がることに…!?
そんな中、光輔の素性を怪しんでいた警視庁人事一課・羽村琢己(福士誠治)は“なりすまし”の証拠を入手すべく、さらなる暗躍を開始して…。

【警視庁アウトサイダー】4話のネタバレ

架川の元上司が自殺

アパートの1室で、架川(西島秀俊)が手を合わせる。

藤原(柳葉敏郎)が亡くなった黒石の元妻を連れてくる。

黒石は架川の元上司だった。

鷲見組にガサをかける際も、架川に「信じられるのはどれくらい歩いてきたかだ」と声をかけるなど、頼れる先輩だった。

エリートコースを歩み、出世は目前だったが若い女との不倫をすっぱ抜かれた退職。

そして自殺した。本当に自殺か、疑問を持つ架川。

元妻は、架川に遺した遺書を渡す。

架川は、蓮見(濱田岳)に黒石の自殺の真相を調べるのを手伝うように頼む。実は手紙には「あれは罠だ。私は嵌められた。君も気をつけろ」と書かれていたのだ。

2人は鑑識の仁科(優香)を連れていき再度調べるが、自殺に間違いはなかった。しかし、蓮見は「でも理由がわかっていない。追い込んだやつが必ずいる」と口にする。

蓮見は、水木(上白石萌歌)は異動のタイミングから、自分たちのことを調べているのでは、と疑っていた。

一方、蓮見のことを調べている警察の人事の羽村(福士誠治)は、蓮見のDNA鑑定して、逮捕されている親子関係を調べようとする。

蓮見は逮捕された元刑事の父の冤罪を晴らすため、戸籍を買い、警察官になっていた。

警視庁アウトサイダー

架川は暴力団の犬?

水木は、黒石の不倫相手とされた女を見つけ、接触する。その頃、

マル暴の刑事が通りかかる。そして、マル暴の刑事にからかわれる架川。

実は鷲見組に情報を流して、鷲見組とロシアンマフィアの検挙に失敗していた。それが組織対策本部の見解なのだが、架川は蓮見と水木に「俺は鷲見組の犬じゃない」と言い切る。

蓮見の家の前で、藤原が待っていた。

素性は知ってるが口外しないと約束する。

そして、架川について「あいつはまっすぐなんだ。だが、この世界ではそれを喜ばない人間もいる。

架川のことをよろしく頼む」と頭を下げる。

羽村は蓮見のコーヒー缶をゴミ箱から押収する。

警視庁アウトサイダー

架川と蓮見が会ったのは、敵の敵

架川に同行する蓮見。

父が捕まった長野は信濃一家は鷲見組の傘下。

だから「あなたにためについてきたわけじゃない」。

架川が会いに向かっていたのは鷲見組の対立組織、一途会の最高顧問だった。

「敵の敵は味方」の理論だ。

手嶌春(浅野ゆう子)に黒石のことを話す。

だが、鷲見組にとって、黒石が出世しても、そこまで脅威になるとは思えない。

蓮見は「でも望むものがいれば。組対内部には、鷲見組の犬がいるのでは」と尋ねる。

手嶌は「あんた頭が随分切れる。デカにしておくのはもったいないね」

「誰か知っていたら教えてください」という架川に、「菓子折りもなしで誰に頼んでるんだい?新宿の闇カジノ。それを見逃して金を受けとってるやつがいる。そのせいでこっちは商売上がったりだ。

その情報をとってきたら、人肌脱いでやる」

樺島の部下の妻の口座から入金の証拠を掴み、手嶌に見せる。

「まずは犬を」

「あんた死ぬのが怖くないのか」

「いや別に。でも困ります」

蓮見の勢いに、手嶌は、樺島に連絡させ、白鳥町の三番倉庫に来るよう連絡させる。「そこに犬が現れる」。

警視庁アウトサイダー

追いかけている敵は同じ

蓮見は、この件には黒石の代わりに出世した樺島が絡んでいると睨んでいた。

実は何年も前から樺島を追いかけていた。

10年前の事件の際、父と共に長野県警に赴任していた。

控訴を諦めさせたのも樺島だった。

「追いかけている敵は一緒かも」

藤原は、娘の麻里に電話するが、繋がらない。

何者かが、折原を土中に埋めていた。

長野県警の犬で、余計なことする前に消せとの指示を受けていた。

警視庁アウトサイダー

やってきた犬は、まさかの!

待ち合わせの倉庫にやってきたのは藤原だった。

「架川、やっぱりお前か」

「嘘だよな」

蓮見と銃を向け合う藤原。

「待ってくれ。俺が話をする」

「もう全部終わりだ。終わりなんだよ。俺も家族も、娘の人生もな」

「麻里ちゃんに何かあったのか」

車の事故を起こし、パニックで逃げてしまった。

その時、船津に声をかけられ、

もみ消しの交換条件として「我々にとって黒石が邪魔なんだ。わかるだろ」と言われる。

船津の後ろには樺島がいた。

部長の椅子をねらっていたことも藤原は把握していた。

「どうしてヤクザもんなんか使った」

「しょうがねぇだろ。黒石の一件が片付いたら今度は組対の情報を流せと鷲見組が言ってきた」

そのせいで、ロシアンマフィアと鷲見組の摘発に失敗した。

「その疑惑をお前に押し付けてマル暴を追い出したのは

俺だ。家族を守るため、俺はお前を切り捨てた」

「あんたそのまま死ぬのか」

「幕引きするつもりだった」

「ふざけるな。幕引きなんて。家族の身にもなれ。麻里ちゃんは一生後悔するぞ。こんなとこでいなくなんねぇでくれ」

「子供みたいにピーピー、そんな泣き脅しを教えた覚えはねぇぞ。

一途会をつかって、黒石の件を暴いたのは見事だった。

これから出頭して全部ぶちまける」

一途会の構成員のリストを渡す。

「娘にな、麻里に、ずーっと伝えたいと思ってたことがあってな。

何かあったら人に頼れ。やり直しもきくからって。

架川、俺にはお前がいてくれてよかった」

「ずっと揺れてたんだ。家族と正義。どっちを守るかで」

水木と架川のペンが入れ替わっていた。

ペンに録音された蓮見との会話を聞き、蓮見の正体を知る水木。

藤原は、架川に電話する。

信濃一家を調べるうち、10年前の事件である人物が浮かんでいた。

「名前は折原」

そう言った瞬間、背後から撃たれる藤原。

撃った男は「これ以上踏み込むな」と受話口から架川に話す。

「なんだテメェ。誰だ!」

【警視庁アウトサイダー】4話の感想とまとめ

4話で、まさか、柳葉敏郎演じる西島秀俊の元上司が死亡!

おちゃらけ小ネタ満載ながら、いきなりシリアスモードへ展開しました。

展開の激しさと登場人物の多さに、食らいついていくのが大変なドラマですが、そろそろガチの刑事ドラマの様相ですね。

次回は2月2日の放送です。

記事内の画像出典:[警視庁アウトサイダー」公式サイト

警視庁アウトサイダー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次