【科捜研の女season24】全話ネタバレ・あらすじ最終回まで!テーマは『原点回帰』

科捜研の女2024-ネタバレまとめキャッチ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

 沢口靖子主演の“科学捜査ミステリー”がこの夏25周年。【原点回帰】をテーマにおなじみの捜査方法の技術や仕組みについて分かりやすく伝えながら、科学捜査と人間ドラマを描き出します。この記事では【科捜研の女season24(2024)】全話ネタバレとあらすじを最終回までお届けます

【科捜研の女season24】ネタバレ・あらすじ 初回~最終話まで

【科捜研の女season24】第1話 7月3日放送(初回2時間スペシャル)

科捜研の女season24ネタバレ01
第1話ゲスト/大塚寧々、津田寛治

<あらすじ>

科捜研の女season24第1話04

 榊マリコ(沢口靖子)ら京都府県科捜研に、京都市役所からの人事交流で会計係・加瀬淳平(加藤諒)が派遣されてきた。加瀬は科捜研がどんな鑑定をして、どれほど予算を使うのか興味津々な様子。
そんなある夜、京都市内のビジネスホテルで客や従業員、計30人以上が嘔吐など苦しみながら次々と倒れる事態が発生、マリコたち科捜研メンバーも応援要請を受けて臨場する。
現場のホテルには天然温泉施設が併設されていたことから、支配人・大月裕子(大塚寧々)はもちろん、最初に駆けつけた交番巡査・新開颯太(鈴木福)も真っ先に硫化水素中毒を疑ったようだった。だが、消防の高度救助隊隊長・佐藤剛(津田寛治)が検知器で調べたところ、原因は硫化水素ではなく、何らかの毒物だと判明する。まもなく病院に搬送された被害者のうち、ホテルスタッフの男性が死亡。何者かが毒物を使って無差別大量殺人を企てたのか!?と、土門薫(内藤剛志)ら捜査一課の刑事たちも捜査に乗りだす。そんな中、颯太と亡くなった被害者はかつて友人関係にあり、“確執”も抱えていた事実が判明する。
そして追い討ちをかけるように、大規模イベント会場で毒物がばらまかれる恐れがあることが発覚! マリコたちはシリーズ史上空前の難事件を解決することはできるのか!? そして京都を揺るがす無差別大量殺傷事件の真実とは――!?

<ここからネタバレ>

科捜研の女season24第1話06

唯一死亡したのはホテルスタッフの佐藤光輝(市川理矩)は、最初に駆けつけた交番巡査・颯太の警察学校時代の同期、そして事件現場にいた消防の高度救助隊隊長・佐藤は光輝の父親だったことが発覚。それぞれ光輝とは確執が残ったままだった。
また、光輝は事件の1週間前にホテルの排気設備を点検した設備配管工・島木陽菜(豊島心桜)に金を貸していたことで事件当日言い争っていることも分かった。
さらに、亡くなった光輝の吐瀉物からイソトキシンというアカスナギンチャクなど一部の魚から取れる毒の成分が出たことで、アカスナギンチャクを趣味で飼育していた陽菜に疑いの目が向く。

第1話の詳しいネタバレ記事とレビューイラストはコチラから↓

【科捜研の女season24】初回ネタバレとあらすじ!2時間スペシャルで新科捜研始動
1999年のスタート以来、現行連続ドラマ最多シリーズ記録を更新し続けている沢口靖子主演の人気ミステリードラマ【科捜研の女】。シリーズ誕生25周年のこの夏、再び『水曜よる9時』枠で新シーズンが【原点回帰】をテーマに始動!この記事では初回2時間スペシャルのあらすじとネタバレをお届けます。

【科捜研の女season24】第2話 7月10日放送

第2話ゲスト/西尾まり、小西桜子

<あらすじ>

科捜研の女第2話02

 食品加工会社社員・門脇卓(真丸)の遺体が公園の石段の下で見つかり、榊マリコ(沢口靖子)たち科捜研メンバーが臨場する。所持していたはずのスマートフォンが見当たらなかったことから、事件性を疑った捜査一課刑事・土門薫(内藤剛志)たちは捜査を開始する。
 事件の夜、門脇は“あかぞら食堂”という飲食店に寄ると言いのこして退社したことが判明し、食堂を訪ねたマリコたちは店主の新倉初美(西尾まり)が“もう一度食べたい思い出の料理”を再現するサービスを行っていることを知る。そんな初美の取り組みは、編集者・成瀬若葉(小西桜子)によって“思い出料理人”として雑誌に連載されていた。死んだ門脇は、閉店した人気ラーメン店の味をカップ麺として復活させるプロジェクトを手がけていて、初美はそのラーメン店の味の再現を頼まれていたとのこと。しかし初美は事件の夜、門脇が店に顔を出したかよく覚えていないと曖昧な証言しか語らない。
 そんな中、初美には前科があることが発覚する。20年前、言い寄って来た職場の上司を歩道橋の上から突き飛ばし、傷害罪で逮捕された過去が。しかも、門脇のスーツに付着した油脂の成分が、初美が使っているハンドクリームと一致。初美が20年前と同じく、門脇を突き落とし殺害したのではないかという疑惑が深まる。

<ここからネタバレ>

科捜研の女第2話03

いくつかの疑惑で容疑者が浮上、被害者・門脇は敵も多かった

第1の容疑者/“あかぞら食堂”店主・新倉初美

20年前に今回と同じような階段から突き落とした前科があり、被害者のスーツからハンドクリームの成分が出て、初美も同じものを使用していた。そして、スーツの背中についていた指紋が初美のものと一致、そしてさくもとのラーメンの味を商品化することで、門脇と揉めていたことも発覚。

第2の容疑者/伝説のラーメン店“さくもと”の息子・佐久本航平

佐久本航平(大下ヒロト)ラーメン店を経営しているが、先代は息子に作り方や味を教えなかった為さくもとのラーメンとは味が違う。さくもとのラーメンの商品開発をしていた被害者・門脇とは友人。門脇のスーツについていたハンドクリームは使っていない。門脇と初美が商品開発で揉めていたことと、門脇には束縛系の彼女がいたことを証言。

第3の容疑者/編集者・成瀬若葉

門脇のSNSと骨格検証で門脇の彼女が若葉だったことが判明。
しかし束縛していたのは門脇で、暴力も振るっていた。そのことを初美に「門脇から逃げるには殺すしかない」と相談していたことも。

第2話の詳しいネタバレ記事とレビューイラストはコチラから↓

【科捜研の女season24】第2話ネタバレと感想!伝説のラーメンの味を科学で⁈
沢口靖子扮する法医研究員・榊マリコを中心に個性豊かな研究員たちが、専門技術を武器に事件の真相解明に挑む科学捜査ミステリーの最骨頂【科捜研の女】。この夏遂にシリーズ誕生25周年を迎えました!この記事では第2話のあらすじとネタバレ感想をお届けます。

【科捜研の女season24】第3話 7月17日放送

第3話ゲスト/尾美としのり、山田愛奈

科捜研の女第3話-01

<あらすじ>

 “城南市”まで証拠品の返却に赴いた榊マリコ(沢口靖子)は、階段を駆け下りようとした女性がよろけて転落する場面に遭遇。驚いて駆け寄った瞬間、マリコは彼女から甘い匂いが漂うのを感じ取ったほか、「ぼろの中に…」とつぶやくのを耳にする。マリコがすぐに救急要請したため彼女は一命をとりとめたが、意識は戻らず、予断を許さない状況が続いていた。翌日、城南市職員・紅林治彦(山本圭祐)の遺体が廃工場で見つかった。遺体の首には薄いストールが巻かれたままで、そのストールで絞殺されたものと思われた。臨場したマリコは、遺体から、前日に助けた女性と同じ甘い匂いがすることに気づく。
 まもなくマリコが助けた女性は城南市長・長峰志郎(尾美としのり)の娘で、市役所の“ファシリティマネジメント部”に勤務する千沙都(山田愛奈)と判明。なんと、紅林の部下だったこともわかる。紅林は市長の娘である彼女を疎んで仕事から外すこともあったらしく、それを聞いた科捜研の会計係・加瀬淳平(加藤諒)は千沙都が紅林を殺害して逃げる途中、階段から落ちたのではと推理する。
しかし、どうしても匂いが気になったマリコは臭気分析を実施!すると、2人は“ある有毒ガス”を浴びた可能性が浮上する。2人はいったいどこで有毒ガスにさらされたというのか!? そして「ぼろの中に」とはどういう意味なのか!?捜査を進めるマリコに長峰市長が突然、「見せたいものがある」と声をかけてくるが…!?

ストーリー第3話|科捜研の女season24|テレビ朝日(tv-asahi.co.jp)

<ここからネタバレ>
マリコの気がかりポイント
  1. 千沙都、紅林2人から同じエーテル臭(甘ったるい臭い)の原因とは?
  2. 千沙都が言い残した「ぼろの中に…」という言葉の意味
鑑定結果から出てきた新たな疑問
  1. 千沙都のズボンと靴についていた苔はどこでついたのか?
  2. 千沙都の靴についていた3mmほどの小さな虫の正体とは?
  3. 2人の衣服から検出した高濃度の酸化エチレンガスはどこで浴びたのか?

第3話の詳しいネタバレ記事とレビューイラストはコチラから↓

【科捜研の女season24】第3話ネタバレと感想!甘い香りと親バカ証言がカギ?
沢口靖子主演の“科学捜査ミステリー”シーズン24。シリーズ誕生25周年の今作のテーマは「原点回帰」。科学捜査の方法や技術の仕組みについて分かりやすく伝えながら、個性豊かな科捜研メンバーに加え毎回豪華なゲストも出演し、人間ドラマも奥行き豊かに描きます。この記事では第3話のネタバレと感想をお届けます。

【科捜研の女season24】第4話 7月24日放送

第4話ゲスト/宇梶剛士
科捜研の女第4話02

 榊マリコ(沢口靖子)は京都府警本部長・佐伯志信(西田健)の依頼で、今、ネットで“幽霊屋敷”と話題をよんでいる廃屋を調べることになった。噂のせいで不法侵入が止まず、警察にも苦情が相次いでいることから、“心霊現象など存在しない”と科学で証明してほしいというのだ。深夜、涌田亜美(山本ひかる)加瀬淳平(加藤諒)とともに幽霊屋敷に乗り込んだマリコは、心霊現象を次々と科学で解明。その検証動画を京都府警のサイトで発信する。
ところが、マリコたちが撮影した動画に霊や人魂が映っているというコメントが相次ぎ、幽霊屋敷はさらに注目を浴びてしまう。しかもその直後、廃屋の元住人・屋敷隆(ムラサトシ)が敷地内で遺体となって見つかるという事件が起きる。屋敷の遺体は目、耳、鼻から流血していたが首を絞められた痕はなく、後頭部には打撲創が残されているなど、謎だらけだった…。
廃屋を管理している不動産業者・渡会美咲(倉嶋かれん)によると、彼は3年前まで幽霊屋敷に母、妹・真奈美(森脇英理子)と暮らしていたという。しかし、母が他界し、真奈美も結婚したのを機に、ひとりで住むには広すぎるからとアパートに引っ越したらしい。アパートの大家・大河原修三(宇梶剛士)に聞くと、家賃も滞納気味だったようだが…。
その後、屋敷の変死事件は“呪われた死体”としてまたしてもネットで話題となり、彼の遺体を調べた科捜研メンバーにも恐るべき事態がふりかかることに…!? はたして幽霊屋敷で起きた事件の真相は…!?

ストーリー第4話|科捜研の女season24|テレビ朝日(tv-asahi.co.jp)

<ここからネタバレ>

放送後更新いたします。

第4話の詳しいネタバレ記事とレビューイラストはコチラから↓

【科捜研の女season24】第4話ネタバレと感想!マリコVS幽霊屋敷の行方は?
科学捜査ミステリーの草分けにして頂点を走り続ける不動の長寿人気ドラマ【科捜研の女】。誕生25周年を数える今作は『原点回帰』をテーマに、科学捜査の方法や技術の仕組みをより分かりやすく、人間ドラマもより丁寧に描きます。この記事では第4話のネタバレと感想をお届けます。

【科捜研の女season24】最終回までに気になる“どもマリ”の関係性は?

25年もの長い歳月、ファンに愛され続けた【科捜研の女】シリーズで、時に相棒、時に家族、恋人のようにも見える、土門とマリコ。その関係性は記念すべき今シーズンで何か進展はするのか?
以前、劇場版【科捜研の女】の完成報告イベントに登壇した土門薫を演じる内藤剛は、沢口靖子演じる榊マリコとの“どもマリ”の関係性について

「50年後、“どもマリ”という、“恋人ではないんだけど、ものすごく信頼し合っている関係”が、“どもマリ”という一つのジャンルとして残っていたらいいなと思います」

と語っっていた。
沢口はというと

「事件が起きるたびに絆はどんどん深まっていますが、おそらくこのままの関係が続いていくのではないかと思っております」

と自身の“どもマリ”論を語っていたことも。
今シーズンのラストに、“どもマリ”の新たな関係性への進展を期待するファンの声も少なくないようです。

【科捜研の女season24】最新SNS情報

【科捜研の女】配信情報

【科捜研の女】シリーズを全話視聴するなら

で一気見できます。今なら過去シーズンも見放題!

 

【科捜研の女season24】最新話と過去のシリーズ一部が見れるTVer

も、オススメです!

記事内画像:科捜研の女 season24】公式サイト