【科捜研の女2022】7話のあらすじ&ネタバレと感想・マリコが馬の目撃証言を犯人に突きつける!

科捜研の女

テレビ朝日【科捜研の女2022】7話が12月6日に放送されました。

木曜8時から火曜9時に枠移動し、スタイリッシュに変貌を遂げた新生・科捜研チーム。今回は、白馬が事件を目撃した事件の謎に榊マリコ(沢口靖子)が迫ります

この記事では、【科捜研の女2022】7話のあらすじ&ネタバレと感想をご紹介します。

「科捜研の女」を見るなら、Abema

【科捜研の女2022】7話のあらすじ

乗馬ファームの厩舎の前で、馬主の吉川耕造(吉田輝生)が死んでいるのが発見された。榊マリコ(沢口靖子)が検視したところ、遺体の後頭部と前頭部に外傷が残されていることが判明。また、吉川が所有する馬“ウィンター号”が行方不明になっていることもわかる。
ファームのスタッフによると、ウィンター号は元競走馬で、現在は乗馬体験や撮影などで活躍していたという。もしや、ウィンター号が被害者を蹴って逃走したのだろうか…。
直後、思わぬ場所でウィンター号が見つかった。現場から数百メートル離れた映画撮影所に迷い込んでいたのだ。後脚に血液が付着しているのに気づいたマリコらは“ALSライト”を当てようとするが、突如現れた女性に「勝手な真似をしないで!」と制止される。彼女は、動物行動学を専門とする准教授・生駒遥夏(石井杏奈)。撮影所から馬に過剰な負担を強いていないかコンプライアンスチェックを任されている人物で、遥夏はALSライトが馬にとって安全なのか、マリコに問いかけるとともに、馬は凶器や証拠などの“モノ”ではなく、感情を持った“ひとつの命”だと訴える。さらに遥夏は、馬は優れた記憶力を持ち、人間の顔を覚えることができるとも話す。
まもなく、君嶋直樹(小池徹平)の鑑定により、ウィンター号の蹄鉄と被害者の傷口の形状は一致しないことが断定され、殺人事件であることが明らかになった。脚に血痕が付着していたということは、ウィンター号は殺害時に現場にいて犯行を見ていたに違いない…。
そんな中、疑惑の人物として、新人俳優・潮田純哉(富樫慧士)が浮上。遥夏の言葉を思い出したマリコは、ウィンター号による”面通し”実験を思いつくが…!?

【科捜研の女2022】7話のネタバレ

殺人現場から馬が逃走

香西乗馬ファームへ、マリコ(沢口靖子)らが臨場する。

死亡した男性は吉川浩三(吉田輝生)。

ファームへ馬を預けている馬主だった。

死亡時刻は午前2~4時、脳挫傷の可能性が高い。

厩舎にいたウインター号が行方不明になっていた。

12歳のオスの白馬で、競争馬を引退し、今は撮影や乗馬体験に利用されていた。

500メートル離れた京都洛西撮影所へ逃げ込んでいるのが見つかった。ひづめには、血液らしきものが付着していた。

そこへ、京都文理大学准教授で動物行動学者の生駒遥夏(石井杏奈)が現れる。

動物愛護の観点から撮影のコンプライアンスのチェックをお願いしていた。

くるぶしを触ると、脚を上げることをマリコらに伝える。

馬は優れた記憶力があり、第一印象がとても大事だと説く。

科捜研の女

馬が事件の目撃者?

被害者の前頭部の陥没骨折は凶器は鈍器とわかるが、蹄鉄の形とは不一致だった。しかし、馬の蹄についていた血液は被害者のものと一致した。

つまり殺人の可能性が高まった。

犯行を馬が見ていた可能性もある。

ウインター号は狭い道を通って撮影所へ向かっていた。

撮影所では、時代劇の主役、潮田(富樫慧士)がウインター号に試し乗りをするはずだったが、中止に。

「あの馬に何かあったんですか」と聞く潮田。

マリコは「あの馬と呼ぶのは会ったことがあるのか?」と聞くが、

今日初めて会う予定だったと言う。

マリコはウインター号が逃げた理由を考えていた。

土門(内藤剛志)はマネジャーから

潮田が馬に乗れないことを聞く。

乗馬が得意と嘘をついてオーディションに合格したため、まだ特訓中で試し乗りを中止にするために事件を起こしたのか?

科捜研の女

馬に犯人の面通しをさせるマリコ

生駒に会うマリコ。

馬は記憶がよく人の顔を覚える。

ウインター号に2枚の写真を見せると

必ず厩務員をハナで知らせ、知らない顔は無視する。

それを聞いたマリコは

「目撃証言になってもらえますね」と言い出す。

科学が嘘をつかないように、動物も嘘をつかないはず。

しかし、生駒は動物も人間と同じように嘘をつくと話す。

面通しをすると、ウインター号は

潮田の顔に反応した。

しかし、潮田は反抗を否認。

事件当夜の午前2:30過ぎにファームへ行き、

ウインター号に乗ろうと思っていたが

誰かがきた。怖くて逃げたのだという。

科捜研の女

馬と逃げたの人間が犯人?

ファームには売却話が持ち上がっていたことがわかる。

実は吉川はファームの経営者で、赤字を理由に、グランピング施設にしようとしていた。

そうなれば、厩務員らも困る。

一方、撮影所は歩行発電装置を導入していることが判明。

24時間データをとっており、圧電素子にどんな力が加わったかを見ると、午前3:10に、450キロの重さの反応が。ウインター号だった。

そして、少し遅れて撮影所に入った人間と思われる体重の圧力があった。

ファームから撮影所の道を捜索すると近く

川から懐中電灯が見つかり、血痕が。

被害者の血痕と別の血痕も付着していた。

科捜研の女

そして犯人は?

「やはり彼は全てを見ていた」

とマリコ。もう一度ウインター号に面通しをさせることにする。

生駒を同席させ、生駒の論文を読んだと言うマリコ。

馬も人間がネガティブな状態だと影響する。

潮田を呼び、最初は愛想良くすると、馬の心拍数は変化なし。

しかし、潮田が怒った表情をすると、馬は目を逸らし、心拍数が上がった。

マリコは「すでに犯人はわかっています」と生駒に告げる。

どうして馬は逃げだしたのか。

仮説として、ウインター号の目の前で殺害が起き、

馬は逃げ出した。

ウインター号を追いかけた人物の体重は45キロ。

該当するのは生駒だけだった。

ファームをグランピング施設にしようとするとする吉川が

生駒を抱き込み、劣悪な環境を指摘させ、是正勧告をさせようとした、と土門が指摘する。

取り分をめぐって揉め、殺害した。

そんなこと私はしない、と言う生駒の怒りの表情を見て

ウインター号は興奮して暴れる。

とっさの判断で檻を開けて逃がす生駒。

「同じことが起きたのでは」と指摘するマリコ。

撮影所なら勝手しったる人もいて、保護されると考えたはず。

すでに凶器は見つかっている。DNA鑑定して付着した血液を調べれば、生駒の反抗は自明だった。

マリコは、生駒の論文を読み、

馬は左目で見て危険を察知する。

撮影所で生駒は危険な人間だと判断したウインター号は左目で確認して、犯行を指摘していたのだ。

取り調べを受ける生駒。

ファーム売却話の中、吉川は馬を弱らせて予後不良にして

責任をファームになすりつけ、売却をスムーズにしようとしていた。

生駒は吉川を待ち伏せ。

こんな夜中に、なにを食べさせる。毒でも?

そこで揉み合いになり、懐中電灯で殴りつけ、死亡させたのだった。

殺害するつもりはなかったのか、と問われた生駒は、

「それはどうでしょうか。

私はあの時恐ろしい顔をしていた。

ウインター号を怖い目にさせたなら、動物学者失格かも」

マリコは、生駒が動物の行動を知ることは人間自身の本性を知ることだと言っていたことを土門に話す。

「動物行動学者だからこそ、自分の中の矛盾に目を逸らすわけにはいかなかった。私にはそう思える」

【科捜研の女2022】7話の感想とまとめ

今回は、殺害現場にいた馬が目撃者で、マリコ様が馬に目撃証言させて、事件を解決する珍しい回でしたね。

撮影も、さぞ大変だったのでは?

それにしても、石井杏奈さんがまさかの犯人役とは。

それはそれで贅沢な回だったのかも。

綺麗な白馬を見ると、つい松平健さんの「暴れん坊将軍」を思い出してしまいますw

それにしても、お馬さんはなかなかの名演技でしたね。

ネット上でも、白馬に注目が集まっていました。


スタイリッシュマリコに変貌した今シリーズ。シリアス路線はいいですが、土門刑事の出番が少ないような。それでも、ラストのマリコとの絡みだけは定番です。

 

【科捜研の女2022】次回、第8話は12月13日(火)の放送予定です!

記事内の画像出典:テレビ朝日公式サイト

コメント