【科捜研の女2022】3話のあらすじ&ネタバレと感想・意味深!マリコが土門を「パートナー」と発言!

科捜研の女

テレビ朝日【科捜研の女2022】2話が11月1 日に放送されました。

木曜8時から火曜9時に枠移動し、スタイリッシュに変貌を遂げた新生・科捜研チーム。今回は大学教授が密室で死亡した事件が発生。研究者ブローカー(福士誠治)を相手に、その謎に榊マリコ(沢口靖子)が迫ります

この記事では、【科捜研の女2022】3話のあらすじ、ネタバレと感想をご紹介します。

「科捜研の女」を見るなら、Abema

【科捜研の女2022】3話のあらすじ

大学理工学部の学部長・兼平政則()が、大学内の自室で死んでいるのが見つかった。臨場した榊マリコ(は遺体の手指に赤い発疹があることに気づき、アレルギーを疑う。
まもなく、マリコの推測どおり、兼平はラテックス(天然ゴム)アレルギーで、過去にアナフィラキシーショックを起こしたことがあると判明。今回は2度目のショックを起こして重篤化し、死に至ったものと思われた。だが不思議なことにラテックス製品は室内に何ひとつないばかりか、遺体が発見されるまで部屋には誰も出入りしておらず、密室だったことがわかる。
土門薫刑事(は、兼平に脅迫メールが多数、届いていたことを突き止める。実は、優秀な研究者が海外に多く流出していることに危機感を抱いた兼平は最近、複数の国内企業と組んでシンクタンクを設立したのだが、それを面白く思わない人物も多かったようだ。また、そのシンクタンクは、兼平の愛人とウワサされる准教授・三浦葵(鳴海唯)を優遇するためのものとも揶揄されていた。
やがて、兼平が死の直前、10年前まで研究室に在籍していた奥居秀俊(福士誠治)に電話をかけていたことがわかる。奥居は現在、日本の科学者を海外に紹介して大金を得る“科学者専門の人材ブローカー”として暗躍している人物。マリコの経歴も調べ上げているらしく、「あなたになら最高の転職先を紹介できる」と名刺を渡してきたばかりか、密室の外からアナフィラキシーを発症させる方法を突き止めて優秀な科学者であることを実証してみせろと言い放ち…!?
そんな中、君嶋直樹(の娘が“おたふく風邪”にかかり、君嶋は自宅からリモートでミーティングに参加するが…。

【科捜研の女2022】3話のネタバレ

密室で大学教授が死亡

医師を海外の研究機関に売り込む奥居(福士誠治)はブローカーとして多額の報酬を得ていた。

その頃、京陵大学の兼平教授(山崎銀之丞)が研究室が死亡しているのが見つかった。

土門刑事(内藤剛志)や榊マリコ(沢口靖子)らが急行する。

研究員の橋本(佐々木誠)らがドアをノックしても返事がないのを不審に思い、部屋に入ると倒れていた。

死後35~40時間。目立った外傷はない。

指に付着物が。兼平はラテックスアレルギーを持っていた。

兼平は、脅迫を受けていた。

先月の講演会で、研究者が海外に流出する状況に、新たにシンクタンク設立を公言し、批判を受けていた。

ワクチン研究の第一人者、三浦助教(鳴海唯)とは愛人関係の噂もあった。

死因はラテックスに触れたアナフィラキシーショックだったが、室内にラテックスの素材はなかった。

室内の盆栽にも成分はない。

兼平が入室した土曜の17:02から、発見される月曜の9:02まで誰も入室した形跡がない。

18:05にはスマホの通話記録がある。

いつ、どうやって、ラテックスを触らせたのか?

インタホンの指紋と、入り口付近の繊維片が見つかる。

科捜研の女

 

怪しい科学者ブローカーの存在

調べでは、兼平が最後に話した人物は科学者専門の闇ブローカー、奥居であることが判明した。

土門とマリコが会いに行く。

実は10年前、教授の研究室を辞めていた。

「果物でもなんでも優秀なものは海外に流出している。

人類全体の科学の発展につながる。

榊さんなら、最高の転職先を紹介しますよ」

名刺を渡され、裏についた指紋とインタホンの指紋が一致。

奥居のスイートルームにあった繊維片も一致した。

実は大学を辞めさせられていたこと判明する。

恨んでいたのか?

「私が殺しました、とでも言わせたいんですか?

榊さんに調べてほしい。

どうやって密室の外からラテックスアレルギーを引き起こしたのか?

私ならできる。

カプセルは?注射は?

気体にして扉の外からじわじわ送り込むのは?

榊さん、優秀な科学者であることを実証してみてください」

 

マリコを挑発する。

しかし、現実的ではなかった。

抗体は一時的なものもある

奥居の部屋を徹底的に調べるマリコ。

キャリーバッグから消毒液の成分が検出された。

三浦の研究室のものだった。

奥居は土曜の17:30ごろ、三浦を訪ね、

ワシントンの研究所を紹介していた。

兼平教授はそれに気づいて止めようとしたのでは?

しかし、三浦は関連を否定する。

娘のおたふく風邪で在宅勤だった君嶋(小池徹平)が出社してくる。ワクチン2回目を打たせる予定だったという。

ワクチンの抗体は一時的なものもあるという言葉に、引っかかるマリコ。

三浦が通っているブドウのまむらファームへ向かう。

人気のクレオパトラというブドウの苗が流出して海外のサイトで売られているという。

色が違うブドウは三浦の研究用だった。

スプレーは農薬に強いDNAが入ったもので一時的に変色するが、味も品質もキープし、最後は元の色に戻る。

植物にとってのワクチンみたいなものだった。

「接触あるところに痕跡あり。

味や品質に影響はなくても、

植物の中でなんらかの変化が起きている可能性はあるわ」とマリコ。

三浦の使用するスプレーとブドウを鑑定する。

ペプチドの働きを利用した植物のペプチドが使われた可能性が高い。

科捜研の女

 

そして、犯人は?

奥居や三浦を兼平の部屋に呼んで、

ペプチドとラテックスを混合したものをスズエマツに噴射して

DNAが松に浸透してラテックスの成分がアレルギーを引き起こすと説明する。しかし、時間が経つと、効果が消える。

兼平は盆栽に触れて死亡。死後、時間の経過により、ラテックスの成分が消滅した。

奥居は致命的な問題があると反論する。

この松がアレルゲンの元であることが証明できない。

しかし、マリコは盆栽にラテックスの成分が存在していることを証明する。

そして、犯人に聞く。

「苗を買った相手が、あなただと。三浦先生の研究室からペプチド溶液を盗んで犯行に使用したんですね。指紋が一致しました」と土門。

研究員の橋本だった。

先生の雑用係で残業ばかり。金もない。

たまたま、兼平と三浦の話を聞き、苗を盗んで売った。しかし、それが兼平にバレた。

橋本は、ラテックスを混合することに成功した。

兼平が週末盆栽の手入れをするので、死ぬかどうかは賭けだったが、噴射しておいたのだった。

科捜研の女

最高のパートナーがいる!

事件で、三浦の海外移籍は頓挫した。

奥居と話すマリコ。

奥居は、三浦の犯行だと思い、庇おうとしていた。

ポリシーとして犯罪者を紹介するわけにはいかないからだ。

マリコは、橋本の供述の中で、

奥居さんのように切り捨てるんですか、と兼平に告げた際、

奥居はすぐに結果を欲しがるが、あいつは優秀な科学者だったと話していたことを明かす。

奥居のことを認めていたんだという」マリコにウルッとくる奥居。

「改めて最高の研究環境を用意させていただきたい。マネジメントさせてください」と申し出る。

しかし、マリコはこう返す。

「全力で取り組んでくれる中間がいる。

怒ってくれる上司がいる。

そして、いつも同じ目標に向かって進むパートナーがいる。

科学者として最高の環境なんです!」

【科捜研の女2022】3話の感想とまとめ

今回もクールなマリコさん。所長とのやりとりは、ちょっぴりコミカルさが戻ってきましたが、まだまだスイリッシュ路線ですね。

いかにも怪しい福士誠治さんは、最後はほろりとさせられる。

マリコさん一枚上手ですね。

そして、土門さんのことを「最高のパートナー」と表現。ここまで踏み込んだ言葉は初めてのような気も?

公私共にパートナーとなる日が来るのか。ちょっと期待を持ちましたよw

【科捜研の女2022】次回、第3話は11月8日(火)の放送予定です!

記事内の画像出典:テレビ朝日公式サイト

コメント