【科捜研の女2022】2話のネタバレとあらすじ・沢口靖子がAI・森崎ウィンとクイズ勝負!

テレビ朝日【科捜研の女2022】2話が10月25 日に放送されました。

木曜8時から火曜9時に枠移動し、スタイリッシュに変貌を遂げた新生・科捜研チーム。今回は大学の研究室から危険な毒ガスを盗んだ犯人との交渉役を務めることに。新たに科捜研に加わった物理研究員・君嶋直樹(小池徹平)らと共に、その謎に榊マリコ(沢口靖子)が迫ります

この記事では、【科捜研の女2022】2話のあらすじ、ネタバレと感想をご紹介します。

「科捜研の女」を見るなら、Abema

【科捜研の女2022】2話のあらすじ

ある朝、榊マリコ(沢口靖子)は刑事部長・藤倉甚一(金田明夫)から緊急呼び出しを受けた。京都府内の大学の化学研究室のサーバーがハッキングされ、危険な毒ガスの製法データが盗まれたという。犯人はウェブ通話での交渉を要求、警察関係者でもいいから信頼できる第三者を交渉役に立てるよう伝えてきたらしい。藤倉は、その交渉役をマリコたち科捜研に依頼したいという。
土門薫刑事(内藤剛志)は警察の介入を許す恐喝犯など聞いたことがないと訝しむが、前代未聞なのはそれだけではなかった。犯人は“兵働耕春(森崎ウィン)”と、堂々と自身の名を明かしてきたのだ。兵働はかつてAI研究で名を馳せた天才プログラマーだったが、25年前、研究費用に行き詰まってオンライン巨額詐欺に手を染め、国外逃亡した先で謎の焼死を遂げたはずだった。ということは、別人が兵働の名をかたって今回の事件を引き起こしているのだろうか…。
まもなく犯人が指定した交渉時刻になり、ウェブ通話をつないだマリコたちはハッとする。モニターの向こう側に現れたのは――25年前の兵働そのものだったのだ。生きていれば彼は50歳になっているはずだが、いったいどういうことなのか!?
顔認証や声紋鑑定も兵働本人と完全に一致したその謎の男は、マリコにゲームをしようと持ちかける。自分が出したクイズに完璧に答えることができたら製造した毒ガスや製法データを破棄するが、不正解の場合は国内のあちこちに毒ガスをばらまくという。物理研究員の君嶋直樹(小池徹平)は画面上の兵働のある不自然な動きから、一つの可能性を示唆する。それは、画面の前にいる兵働は、彼の思考や個人情報が詰め込まれた“AI”なのではないかというもので…!?わずかにキャッチしたノイズから彼の居場所を割り出したマリコたちは急行するも、そこで新たな事件に遭遇! さらに、現場には「この犯罪の5W1Hをすべて答えろ」というクイズが残されていて――。

 

【科捜研の女2022】2話のネタバレ

死んだ男が、毒ガスを盗んだ?

2:04pm

残りは1時間弱。

犯人が要求する、犯罪の5W1Hをマリコ(沢口靖子)が正解できなければ、国中にシアン化系ガスがばら撒かれる。

WEB通話の相手である犯人、兵働(森崎ウィン)はすでに25年前に亡くなっていた。

君嶋(小池徹平)の分析では話しているのはAIである。

その1時間後、兵働は毒を撒くと宣言してしまう。

時間を遡り9:02AM。

大学の末政学長の娘による危険なシアン化系ガスの製法がハッキングにより外部に漏洩した。

犯人は11:00に WEB通話での交渉を要求しており、警察でも構わないという。

犯人は兵働耕春を名乗っていた。かつて天才プログラマーとして名を馳せながら、1997年にオンライン不正アクセス金融詐欺で2億7000万を奪った。逮捕を逃れてエルドビアに国外逃亡。しかし現地で焼死した。損傷も激しく、被疑者死亡のまま幕引きとなっていた。

科捜研の女

ゲームを持ちかける天才プログラマー

WEB通話に現れたのは、25年前の姿。生きていれば50歳だ。

マリコが相手をする。

毒性を高めたガスはもう十分な量を製造しているという。

画像も声紋も本人と一致した。

兵働はゲームを持ちかける。

私の出す問題に完璧な答えができれば毒ガスをすべて破棄しよう。

不正解なら国内のあちこちでばら撒かれる。

次は3時間後。

映像の背後には電車の走行音が聞こえた。

その時間に、鉄橋を走る場所を特定すると、すぐそばに不審な建物が。中で男性が殺害されていた。

昨夜9~10時ごろ、ロープで締められた窒息死だった。

殺害されたのは事務機器販売会社の海老沼社長。

兵働はバックノイズで電車音をわざと入れていた。

そして、建物からは5W1Hを解くようにとクイズが置かれていた。

解答のチャンスは3回まで。

兵働の指紋も発見された。

科捜研の女

マリコは5W1Hのクイズに

海老沼は会社を起こす前に、兵働の元で働いていた。

解答の時間になり、マリコは

WHO:何者かが

WHEN:昨夜9~10時

WHAT:海老沼社長を

HOW:絞殺により殺害

WHERE:鉄橋近くの倉庫で

WHY:動機は不明

と回答する。

しかし、まだ不完全だ。

マリコが通話から席を外しても、兵働の視野が動かない。

やはり亡くなっている。

通話の相手はAIなのか。

兵働はかつて、人はAIの中で、永遠に生きられる。

自分のデータを移植していたのか。

マリコを直接質問するが

亡くなっているのでは

イエスであり、ノーであると答える。

マリコは、AIなら殺害はできない。

科捜研の女

兵働が殺害現場を目撃していた?

海老沼は大学から商品の大量発注を受け、キックバックを受ける癒着をしていた。

兵働はどうして、海老沼の不正を知ることができたのか。

協力者がいる可能性は。

海老沼がAIとして生かし続けていた可能性もある。

海老沼を殺害したのは大学関係者が高いのか。

マリコは再び、兵働に回答する。

海老沼はAIデータを盗んだ。

AIである兵働は、パソコンのカメラから殺害の一部始終を目撃した。

唯一の窓口だった海老沼を殺害された。

動機は大学への恐喝をやめさせるため。

しかし、兵働は「いい線だが正解には不十分だ。

残念だが、毒を撒く時間だ」。

殺害現場を録画していた。

犯人は末政学長。そしてSNSでその殺害動画が拡散された。

毒を撒くとはこのことだった。

科捜研の女

殺害動画ディープフェイク

兵働はマリコにチャンスを与える。

Whoは不十分で、Whyを見誤っている、という。

そして、隠された動機がある。AIではなく人間だけにあるものが。

取り調べを受ける末政社長は、海老沼社長を殺していない供述。

メールで呼び出され夜10時に倉庫に向かうと、すでに亡くなっていたという。

動画を見て驚き、私はこんなことしていません、と話す。

土門(内藤剛志)は「納得できない」と言い、マリコも同意。

「調べてほしいことがある。

うまくいけば幽霊の正体がわかる」と話す。

殺害動画はディープフェイクだった。

海老沼の顎からはロトノール菌が見つかる。

別の保菌者に触れた可能性があった。

25年前の詐欺事件は、実は

兵働は、末政と面会をマリコに要望する。

兵働と末政は同じ大学の研究室にいた。

取引しよう。

25年前の犯罪、オンライン詐欺は実は、末政や海老沼の仕業だった。兵働に罪をかぶせたのだった。

「私の名前を語り、利用したんだ」

犯行を認める末政。その証言の動画を、兵働はSNSで拡散するのだった。

マリコ土門に頼んだのはサーバの名義についてだった。

借りたのは去年から。引き落とし口座の名義は51歳の柿原。

真犯人は?

柿原を尋ねるマリコと土門。

「あなたはここから通話をしていただけ。

AIと融合したのは、壮大ななフェイク。

海老沼に付着していた菌はエルドビアのものだった」とマリコ。

エルドビアで焼死したのはホームレスで、兵働はブローカーから戸籍を買って生きていた。

WHO:殺害したのは兵働

WHY:死期が近い兵働は25年前の冤罪の汚名をそそぐことが目的だった。濡れ衣をはらすために、殺人を犯した。

「海老沼は私からすべての機会を奪った」

「動機はあなたが科学者だから」

「あなたが回答者でよかった」

毒ガスのデータを消す兵働。

土門はマリコに「お前には理解できるのか」

「理解なんかしたくない。

でも濡れ衣を着せられなければ、天才プログラマーとして

未来に名前を残せたのかも」

「冤罪がその未来を奪ったと言うつもりか」

「この前の事件で言われたわ。

未来の科学を妨害する人間は害悪だって」

【科捜研の女2022】2話の感想とまとめ

今回は、マリコがAIと対峙しました。科捜研のどんどん進化していきますね。

AIに犯罪が犯せるのか。そこにある種を見破ることができるのか。

どきどきの展開でした。

スタイリッシュを売りに、装いも新たになった科捜研。

これまでのちょっとお茶目なマリコさんは、影を潜め、

シリアスな戦いが展開されています。

ほっこりするシーンがない代わり、ハラハラどきどきの連続ですね。

 

【科捜研の女2022】次回、第3話は11月1日(火)の放送予定です!

記事内の画像出典:テレビ朝日公式サイト

コメント