【石子と羽男】最終回のネタバレと視聴率!「ポイ捨て」で逮捕がサブタイトル回収!

石子と羽男-最終回

【石子と羽男】最終回のネタバレと視聴率!

ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』最終回が9月16日(金)に放送されました。

放送後、「ポイ捨て」という「そんなコト」で逮捕がサブタイトル回収と話題で…。

今回は【石子と羽男】最終回のあらすじネタバレと視聴率について!

※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況はParavi公式サイトにてご確認ください。

【石子と羽男】最終回のあらすじネタバレ

【石子と羽男】最終回のあらすじ

綿郎(さだまさし)はメッセージを残したまま連絡が取れない。一方、警察は拓()が殺人事件の現場で見た「もう一人」の人物を捜すも、手掛かりがつかめず。 そんな中、石子()と羽男()は、綾(山本未來)と高岡(森下能幸)が巻き込まれた不動産投資詐欺は同一グループの犯行ではないか、と考え共同で訴えることを提案。大庭()も手伝い、法律事務所 一丸となって訴訟の準備を進めるが…

番組表より

ここからネタバレです。↓

放火事件の犯人は刀根

第9話で描かれた放火事件の犯人が分かった。

大庭が勤めていた「ナカマル」の社長・刀根()が火を付けたのだ。

拓は、緑色に近いブルーのつもりでアオと言った。つまりライターの色は青じゃなくて緑だった。

検事の羽根岡優乃(MEGUMI)が刀根を追及するうち、「緑のライターなんて、ごまんとあんだろ」と刀根がぼろを出した。

どこにも緑のライターとは出ていない。犯人しか知り得ない事実を語った…いわゆる「秘密の暴露」だ。

黒幕は御子神

刀根は、御子神のことについて証言し始める。

刀根:「この不動産投資詐欺は全て御子神慶氏が計画したものであり、自分の会社も榊原社長の会社も指示に従っただけです。御子神氏から『証拠は出ない。大丈夫だ』など言葉巧みに言われ、詐欺行為に加担することになってしまいました。」

この証言によって、綾(山本未來)と高岡(森下能幸)が巻き込まれた不動産投資詐欺の裁判は、大きく原告側に動いた。

石子と羽男は綾たちに感謝された。

羽男と父親

裁判後。羽男は父・羽根岡泰助()に「事務所へ紹介できない」と言われた。羽男は前の公判でグダグダだったからだ。

しかし羽男は父の期待に応えられないのは申し訳ないが「やっと本当の俺を見てくれた」と喜ぶ。

羽根岡泰助は「ああ。私と理想が違うんだ。まあ 君には君のやりたいことがあるんだろう。頑張りなさい」と激励した。

父の理想を押し付けられてきた羽男にとって、大きな意味のある言葉だった。

マチベンの大逆転

御子神()は警察で事情聴取された。だが、御子神は事実無根を主張した。確実な証拠がなく、逮捕に至らない。

御子神から刀根への指示は捨てアカウントで、海外も経由しており、証拠がつかめない。石子と羽男は、「マチベンの限界か」と困り果てる。

そんな中、『潮法律事務所』に年配の女性が綿郎に相談に来た。通行人がゴミ捨てていくから困っている、捨てていく人全員訴えたいと言い出す。

その相談がヒントになった。石子と羽男は、御子神がたばこをポイ捨てするのを1カ月、見張った。53本の吸い殻を集めた。

そして、またポイ捨てした瞬間に御子神は廃棄物処理法違反で現行犯逮捕された。

石子「あなたは以前、法律は力の強い人間達のためにしか作られていないと おっしゃいましたね。私は そうは思いません。毎年 増えていく法律のほとんどは力の弱い人の訴えに寄り添って出来たものです。その方々が声を上げた歴史なんです。力が弱い者も強い者も同じ世界で平等に生きていくために必要なルール。法律は そのためにできていくんだと思うんです」

しかし御子神は、「弱い人間っていつまでたっても弱いまま」とバカにするが・・・

羽男「そもそも力が弱くちゃいけないんですか?あなたが弱者と呼ぶ人達の多くは、力が強くなりたいなんて思ってないんじゃないですかね。彼らは誰にも迷惑をかけず、かけられることもなく、ただ普通に日常を送りたいと願う人達です。そして そういう人達こそがこの社会を支えているんです。我々は法律に携わる者として、これからも真面目に生きる方達に寄り添い戦ってまいります。マチベンとして」

御子神は「こんな大したことない罪じゃすぐ釈放される」と全然、平気だった。

実際、御子神は廃棄物処理法違反についてはすぐに釈放された。

だが、SNSで御子神の評判がガタ落ち。カーボンニュートラルの理事も解任された。

御子神は社会的制裁を受けるという形となった。

結末

綿郎が石子に「人生って案外 短いんだよ。後悔のない人生なんてないけど、一つでも少ない方がいいんじゃない?」と、司法試験の願書を渡してくれた。

石子と大庭は、書道展へデートに行った。拓は「」という字を青色で大きく書いていた。

大庭は、石子と羽男が疑いを晴らしてくれたことへの思いで書いたものと推察。

大庭:「ずっと晴れていれば傘もいらない」

事務所で食事をする石子と羽男。

羽男は「これからも 俺の隣にいてください」と頼んだ。相棒としての意味だと補足説明する羽男。

石子は司法試験を受けるから「相棒弁護士」としてなら、と受け入れた。

そして、司法試験の日。

信号が青になってもトラウマで横断歩道を渡れない石子。

すると、スッと羽男が青いをさしてくれた。日傘のつもりらしい。

羽男が「とっとと受かってこい」と声をかける。

石子が「行ってきます」と青信号の横断歩道を渡って、試験会場へ向かった。

(おわり)

【石子と羽男】最終回の視聴率

【石子と羽男】最終回の視聴率は8.0%!前回から0.9ポイントアップしてフィニッシュ!

第1話は6.9%、第2話は6.9%、第3話は6.8%、第4話は8.4%、第5話は7.4%、第6話は7.5%、第7話は7.0%、第8話は7.0%、第9話は7.1%でした。

全10話の平均視聴率は7.3%

※視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯。全話平均視聴率は単純平均。

【石子と羽男】最終回の感想

「ポイ捨て」で逮捕がサブタイトル回収!

ラスボスの御子神を倒したのは、ポイ捨てという小さな罪。

しかし御子神は社会的に失墜してしまいました。

この展開にサブタイトル「そんなコトで訴えます?」の回収が見事!! 

と大好評。

ただ、御子神はこれで終わるようなキャラじゃなさそう。

弁護士になった石子の活躍も見たいですし、続編を期待しちゃいますね。

全10話、キャスト・スタッフの皆様ありがとうございました。またの活躍を願っています♪

画像出典「石子と羽男」HP

コメント