警視庁・捜査一課長season6】第5話あらすじとネタバレ小島よしお殺害されても、そんなの関係ない?

捜査一課長

テレビ朝日、木曜ミステリー【警視庁・捜査一課長season6】の第5話が5月12日に放送されました。さん演じる大岩純一捜査一課長が、事件解決に奮闘。今回は小島よしお演じるプログラマーが殺害される事件捜査します

この記事では、【警視庁・捜査一課長season6】第5話のあらすじ、ネタバレと感想をご紹介します。

 

警視庁・捜査一課長

「警視庁・捜査一課長season6」の関連記事
「警視庁・捜査一課長season6」を見るなら、U -NEXT

U-NEXT

 

【警視庁・捜査一課長season6】第5話のあらすじ

大手IT企業『ビッグホール』のチーフプログラマー・太平洋和(小島よしお)が自宅兼仕事場で殺害される事件が起き、警視庁捜査一課長・大岩純一()は臨場する。太平は20年前、“奇跡のプログラム”といわれるソフトを発表し、一躍、世界的に有名になった人物だった。

現場には3つの湯呑みとひとつの茶托があり、事件当日、少なくとも2人の来客があったのではないかと考える。遺体の第一発見者でもある柳下美瑠(秋月三佳)によると、太平は事件当日の昼、突然、退職を宣言したという。実は、彼は20年前に業界の頂点を極めて以降、ヒットプログラムを生み出せず、最近では“一発屋”や“オワコン”などと陰口をたたかれていたのだ。業を煮やした社長・藤綱玄道(岩永ひひお)は“天才プログラマー”との呼び声高い新入社員・幸田早芽(莉子)を、チーフに抜擢することを決定。太平は、その降格人事に反発したようだった。そんな中、新リーダーに指名された早芽と太平が何度も衝突していた事実が浮上して…!?

 

【警視庁・捜査一課長season6】第5話のネタバレ

一発屋と二番煎じが殺された?

「ナニ?一発屋と二番煎じのご遺体?わかった、すぐ行く」

大岩捜査一課長が出動すると、そこにはピースサインをしたままのご遺体が。

殺害されたのは、ビッグホールのチーフプログラマー、大平洋和 (小島よしお)。

20年前にソフト、EASY SORRYを開発して一躍有名になった人物だ。

「今では一発屋と言われていますが、そんなの関係ない」がモットーだ。

新野はるなが拉致された。ビッグホールの株価が20年前に関係があるのか。

盾で頭部を殴られていた。湯呑みが2つ。

小山田管理官(金田明夫)は「2人が来て、2人目が殺害した可能性」を指摘する。

日体系じ()は「お茶が薄い。二番煎じは何か暗示的な感じが。

犯人か、トリックが二番煎じか」

捜査一課長

会社でトラブルが。次期リーダー候補は

ビッグホールの柳下美瑠が第一発見者だった。

事件当日、社頭の命令で大平にリーダーから降りるように告げたが、大平は会社を辞めると言い出した。

代わりに幸田早芽がリーダー候補に。天才ともてはやされている新鋭だった。

平井は幸田に話を聞く。

すると、大平が亡くなったことを知らなかった。

「尊敬してました。それは本当です」

大平は人気があり、ファンがよくオフ会を開いていた。大

プログラマーの秋谷もオンラインサロンのメンバーだった。

「大平さんは一発屋ではありません。伸びしろしかありません。

社内で苦しい立場とは聞いてましたが」

実は幸田もオフ会の常連だった。

2人の間に何があったのか。

捜査一課長

大平は会社を辞めるが、幸田に「一発当てろ」

事件の夜、防犯カメラで幸田の背後に、大平がいる映像が見つかった。

大平は、オフ会のメンバーに会社を辞めることを告げようとしていたが

「幸田さんにも話したいことが」と家に招いた。

「私は一発屋って言葉は嫌いじゃないです。

マンネリの努力も知らない人に負けないでほしいです」

「幸田さんがデカイ一発を当てるのを楽しみにしてる。

俺は今度こそ一発当ててみせる」

大平の一番嫌いな言葉は「二番煎じ」。

幸田は熱烈な大平のファンだった。

子供の頃、自宅近くに住んでいた。

捜査一課長

アバターの笹川刑事部長

大岩と小山田が証拠品のVRゴーグルをつけると、仮想空間へ。

そこへ笹川刑事部長(本田博太郎)が現れる。

「私はアバターだ。なりすましかもしれないぞ」

小山田は落ち込んで、トレードマークの派手なネクタイを地味なものに変えていた。

「娘に派手なカッコで出歩くな」と言ったら、逆にネクタイを突っ込まれたのだ。

ドライブレコーダーに、秋谷がオフ会を抜け出し戻る途中に、衣服を投げ捨てていた映像が見つかる。衣服からは大平の血痕が見つかる。

「会社を辞めるなら私にプログラムを」と交渉したが、

大平は「人の真似をしても二番煎じ、三番煎じ。薄まるばかり」と撥ねつけられ、犯行に及んだのだった。

「何も成し遂げてない人に他人を笑う資格はない」と小山田は諭す。

捜査一課長

マンネリ?そんなの関係ない!

大平はかつて、幸田の両親の夫婦げんかを仲裁しようと、開発したのがEASYSORRYだった。

まだこうだが生まれて間もないころのことだった。

大平は会社を辞める前に、社長に「社員全員に自由に意見の言える環境をつくってほしい、と」と直談判していた。「社長、OPP!社長もやってみてください。何かが変わるかもしれませんよ」

幸田は「すごい人だと感じました。

大平さんがマンネリなのは優しすぎるからですよ」

すると、大平のパソコンから「そんなの関係ない!」

捜査一課長

【警視庁・捜査一課長season6】第5話のまとめ

今回は、殺害される役の小島よしおが主役でした。「OPP(オッパッピー)」に、「そんなの関係んぇ」とギャグのオンパレードでした。一発屋を連呼されるという、なんともメンタルにきそうな役どころでしたが、なかなかの役者ぶりを披露していました。


記事内の画像出典:「警視庁・捜査一課長season6」公式サイト

コメント