【八月は夜のバッティングセンターで。】の原作は?甲子園めざすの?

八月は夜のバッティングセンターで。

【八月は夜のバッティングセンターで。】は2021年7月8日からテレビ東京系深夜ドラマ枠「水ドラ25」で毎週木曜 1時10分 - 1時40分に放送予開始します。

今回は【八月は夜のバッティングセンターで。】の気になる原作についてご紹介いたします。


ADVERTISEMENT

【八月は夜のバッティングセンターで。】ってどんなドラマなの?

都内のとあるバッティングセンターを舞台に、夏休みにアルバイトをすることになった17歳の女子高生・夏葉舞()。 

毎晩、謎の男性が現れ「バットのスイングだけで、その人がどんな悩みを抱えているかわかる」と豪語します。その男は47歳の謎の元プロ野球選手の男性・伊藤智弘()。

伊藤は毎回バッティングセンターに現れる悩める女性たちがを、独自の「野球論」で解決へと導いていきます。野球を通して、悩める女性たちの背中を押していく、ベースボール・ヒューマンドラマです。

原作はあるの

原作(原案)ってあるのかな?

【八月は夜のバッティングセンターで。】の原作はスマホゲーム!

八月のシンデレラナイン

原作(原案)は「八月のシンデレラナイン」というスマホゲームです。

【八月のシンデレラナイン】とは?

『八月のシンデレラナイン』は「野球×女子高生×青春」をテーマにしたスマホ用野球シュミレーションゲームです。

プレイヤーは、怪我により野球生命を絶たれた元リトルシニアリーグのエースです。

甲子園の夢が立たれたプレイヤーは祖母の家から近い高校に入学しました。そこで、女子高校生ながら野球好きの有原翼に出会います。

彼女の野球に対する情熱に触れ、女子野球部を立ち上げ、監督に就任します。魅力的な女子たちを育成、指導しながら甲子園という夢に向かいます。

Download on the App StoreGoogle Play で手に入れよう

【八月のシンデレラナイン】ってどんなゲーム?

野球をモチーフとしたゲームですが、バッティングやピッチングといったアクション要素はなく、女子野球部の監督として選手を育成するシミュレーションゲームとなっています。

『ハチナイ』のストーリーを読むためには、ステージチャプターを進める必要があります。ストーリーをすすめるには試合を避けて通れません。試合の前にメンバーをスカウトします。

次に行うのはメンバー編成です。メンバーには適正なポジション、能力値、調子というパラメータが用意されており、メンバーの様子を見ながら編成していく必要があります。

始めのうちは分からないし、ちょっと、心配・・・という場合は、まずは自動編成にお任せするできますので安心です。なれたら編成してみましょう。

かわいい女の子に囲まれて、「監督!」と頼りにされるのは気分がいいです。話も分かりやすく、アニメを見ている感じです。特にオープニングは必見です!

 

    【八月は夜のバッティングセンターで。】の原作は?甲子園めざすの?
https://hachinai.com/news/3856

ドラマ【八月は夜のバッティングセンターで。】で関水渚さんが演じる夏葉舞がガチャで登場しました!


https://twitter.com/hinaakane/status/1435644281507643400

夏葉舞はなかなか頼りになりそうですね。

【八月のシンデレラナイン】はアニメ化されている

【八月のシンデレラナイン】はその後テレビ東京で、2019年4月からテレビアニメ化され放送されました。

監督は「サクラ大戦 轟華絢爛」や「攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone」を手掛けた工藤進さんです。

なお、2021年7月から『八月のシンデレラナイン2021』と題し、既存の12話に加え、新たに第13話を製作した上で放送される予定です。

2021年7月2日(金曜日)25時23分から、テレビ東京系列にて放送開始です。

ゲームとはストーリーが異なり、有原翼が発起人となるところから物語が始まります。

初めてゼロから野球を始めるメンバーが成長していく姿は、見ていて応援したくなります。

ご興味ございましたら、こちらも是非ご覧ください。

「八月のシンデレラナイン(2019)を今すぐ見る」

【八月は夜のバッティングセンターで。】原作まとめ

【八月はパッティングセンターで。】は原作(原案)がスマホゲーム、さらにはアニメ化されていることが分かりましたね。

全く同じストーリーではないものの、この夏は野球を通じての成長を感じさせる、新感覚ストーリーに注目してください!

記事内容画像出典:【公式】八月のシンデレラナイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました