『ハンオシ』ついに佐藤流司本人がカメオ出演!2.5次元俳優ファン歓喜!

ハンオシ 佐藤流司

『婚姻届に判を捺しただけですが(以下、ハンオシ)』7話が2021/11/30(火)に放送。新キャラのパン屋の店員が話題になっています。

演じているのは2.5次元俳優佐藤流司さん。実はずっとドラマに出演していたのですが気づいていましたか?

今回の記事では佐藤流司さんの出演シーンについてお届け。

『ハンオシ』配信情報

『ハンオシ』及びオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』はパラビで配信中です。

さらにパラビではTBSを中心に多くの名作ドラマが配信されています。

※ 全て2021年12月1日(水)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。

『ハンオシ』に佐藤流司がカメオ出演

主人公・明葉()の先輩・藤井ひかり(小林涼子)が追いかけている(推しにしている)2.5次元俳優。彼女の机には佐藤流司さんのグッズで溢れている。

ひかりにとって生きがいであり、推しの為なら仕事も早めに切り上げる。彼の熱愛報道が出た時には仕事が手につかないほど。

彼への推し活動が明葉と百瀬()の偽装結婚生活のヒントになることも。

実は架空のキャラではなくて実在の人物。7話には佐藤流司さん本人が登場(カメオ出演)していました。

佐藤流司はパン屋の店員役

佐藤流司さんの役は会社の近くにあるパン屋に新しく入った店員(アルバイト)。

ひかりは彼目当てに毎日通い詰めてパンを大量購入。「いつも買いに来てくれてますね」と推しのそっくりさんに認識されて感無量。

店員はダンスを踊るかのようにプランスパンを華麗に捌き、さらには佐藤流司さんが出演したミュージックビデオ「ZIPANG OPERA」の映像も!

これには佐藤流司さんのファンも大喜び!

『ハンオシ』佐藤流司はこんな人

佐藤流司(さとうりゅうじ)

1995年1月17日(26歳)、宮城県出身。所属事務所は劇団ひまわり。

2011年テレビ朝日系『仮面ライダーフォーゼ』で俳優デビュー。2021年からはLDHRecords所属の「ZIPANG OPERA」のメンバーとしても活動している。

舞台、特にアニメやゲームを元にした「2.5次元ミュージカル」に数多く出演。

  • 『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』 財前光役
  • ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ 加州清光役
  • 學蘭歌劇『帝一の國』シリーズ 久我信士役

等、2.5次元俳優として多くの人気を獲得している。2022年冬にはアニメ『錆色のアーマ-黎明-』で声優デビューも決まっている。

ひかりの推し活動はまだまだ続く様子。佐藤流司さんの今後の出番にも期待大です。

コメント