【ハレーションラブ】6話考察|昴(一ノ瀬颯)が狂気の追及!でも朱莉を解放した理由は?

ハレーションラブ6話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ハレーションラブ】6話考察|昴(一ノ瀬颯)が狂気の追及!でも朱莉を解放した理由は?
第6話が9月9日に放送されました。昴(一ノ瀬颯)の復讐開始で大ピンチの朱莉(髙橋ひかる)が当時の記憶を思い出す!

【ハレーションラブ】6話|朱莉が記憶

6話は、昴が朱莉を拉致監禁して、15年前のことを思い出させることから始まりました。

・晶が朱莉に見せたかったのはネコ(子猫のときのクーちゃん)。

・朱莉は日光をライターに当ててキラキラさせてネコに当てるとネコが逃げてしまう。

・晶はネコは自分が捕まえるから外に出ていてと朱莉を外に出した。

・外に出た朱莉が、窓から見えた晶に手を振り、写真を撮る。

・そのとき晶の後ろから煙が漂い始めていた。。

朱莉は、自分がネコを驚かせなければ晶が逃げ遅れて死ぬことはなかったと責任を感じます。

火が出たとき、晶はまだネコを探していたので、火をつけたのは晶ではない。

昴が朱莉を信じた理由

火事の後、「放火犯」の家族として街を追い出されてしまった昴とその家族。昴は、朱莉が当日のことを黙っていたり、忘れたり、写真を隠していたことが原因だと責め立てます。

しかし、記憶を取り戻した朱莉が「自分のせい」と責任を感じ、償いのために死んでもいいと命を差し出したことから、昴は朱莉を解放します。

でも、朱莉の言うことを信じた理由は、「煮干し」でしょう。

朱莉は晶がネコに煮干しをあげていたことを思い出し、昴は晶がこっそり家から煮干しを持ち出していたのを見たことを思い出した。さらに火事になる前の空き家の写真には「煮干し」が写っていたので、朱莉が嘘をついていなかったことがわかったのです。

昴にメモを送ったのは誰?

昴は「(火事は)晶くんのせいじゃない」というメモが誰かから送られてきたと言っていた。

ノートのページを切ったような紙で、子供の字。

餅田日和に手紙を送った子供と同じではないでしょうか。

朱莉は知らないと言っていたので、別の人。

餅田日和に送ったメモを昴に送ったのは、浅海か!?
でも浅海は昴のことをよく知らなかったようなので、これは小田桐真美と考察。

でもそのメモを書いた当時、書いた人は子供だったはず。
そうなると三原椎奈が怪しいですね。橋本や槙田がやるとは思えないので。

そもそも三原椎奈がなぜ大学6年生なのかの説明がこれまでないのが疑問だし、今のままの流れなら、別に6年生にする必然がないので、

【ハレーションラブ】6話の考察まとめ

朱莉が賞を獲った写真をズタズタにしたのは昴。
ミヤマカメラに赤い短冊のかかった笹をつけたのも昴。

でも昴は槙田を殺していない。

昴に「晶くんのせいじゃない」というメモを書いたのは椎奈。
それを昨年、日和が死んだ後に発見して昴に送ったのは小田桐真美でしょう。

第7話は9月16日(土)放送です。