【極主夫道】9話のネタバレと感想!水野美紀VS滝藤賢一の「笑ってはいけない」アドリブ合戦!

【極主夫道】9話のネタバレと感想!のアドリブにが吹き出し寸前!?

向日葵(白鳥玉季)が行方不明の一大事。虎二郎が龍を連れて情報屋の花魁お京を訪ねる。滝藤賢一と水野美紀のアドリブ合戦が出オチの期待以上で激アツ!

この記事のポイント
  • 【極主夫道】9話のあらすじネタバレ
  • 視聴率
  • ゲスト
  • 感想

ADVERTISEMENT

【極主夫道】9話の視聴率

【極主夫道】9話の視聴率は7.7%!前回より0.6%ダウンしてしまいました。やはりオリジナル展開は不評?

【極主夫道】9話のゲスト

最終章に入り、ゲストに水野美紀、国生さゆり。なんて豪華なのでしょうか。

水野美紀(役:花魁)

行方不明の向日葵(白鳥玉季)を探す龍()と虎二郎(滝藤賢一)。まさか花魁(水野美紀)の占い頼みなのか…。

国生さゆり(役:向日葵の同級生の母親)

国生さゆりは、向日葵(白鳥玉季)がケガをさせたという同級生の母親役で登場。予告の怖い形相は、もしやモンスターペアレント?

【極主夫道】9話のあらすじ

【極主夫道】9話のあらすじです。

向日葵(白鳥玉季)のケンカの理由は?

龍(玉木宏)は雅()を引き連れて車を買いに行く。しかし軍資金は3000円。キャンプに合う車がいいといい、軽トラをチョイス。ディーラー(湯江タケユキ)が50万円のワゴンカーを勧め、試乗する龍。しかし「かもしれない運転で」と言われた龍は、つい誰もが自分を狙っているヤクザに見えてしまう。

向日葵(白鳥玉季)が病院にいると電話があり駆けつける龍。向日葵はクラスメートを突き飛ばしてケガをさせてしまったという。龍はケガをした相手とその親(国生さゆり)に商店街の福引券を差し出して謝罪する。

当の向日葵はケンカについて何も言わない。龍も理由を聞かない。向日葵は龍に、美久()には内緒にしてと頼む。

向日葵の悩み

スーパーの店長・三宅()は雲雀()に辞めて欲しいと思っているが、なかなか伝わらなくて困っている。外から雲雀が働く様子を見ていた江口()は店長が荷物を運ぶように言ったことを咎めるが、逆に雲雀に怒られる。店長もとばっちりでビンタをくらう。

数日後、学校をサボっていた向日葵が交番の警官・酒井()と佐渡島(安井順平)に保護される。龍は交番まで向日葵を迎えに行く。美久(川口春奈)は、向日葵がクラスメートにケガをさせ、学校をサボっていたことを知り大声で叱る。龍がなだめると、美久は「怒るのは愛情、タッちゃんは甘い」と言う。

美久は雅(志尊淳)に、向日葵の悩みを聞き出してほしいと頼む。こっそり見ている美久。向日葵は、龍と血の繋がってないと言われて同級生を突き飛ばした。でも龍は血がつながった親子じゃないから悪いことをしても何も言わない、自分はどうでもいい存在じゃないかと悩んでいたのだった。

それを聞いていた美久は、龍がどれだけ向日葵を思っているかを証明すると宣言。雅は向日葵のほうにも心の距離があると言う。そしてある作戦を思いつく。

スーパーに行った龍はポップの間違いを指摘する。雲雀が掃除をしながらやってきて渡瀬一家の人間がうろついていると龍に耳打ちする。それそ龍が以前、壊滅させたはずの組。雲雀は、渡瀬一家が龍を捜しに来たにちがいない、龍に報復を画策している可能性も示唆する。

美久と雅が偽装誘拐を決行

美久と雅は「向日葵愛情物語」という偽装誘拐を企んでいた。向日葵は江口の事務所に預けられ、江口が面倒を見ることに。「愛ってのは伝え方が難しい。愛が強ければ強いほど何が愛かわからなくなる」と江口。

待ち伏せして龍を止めようとした雅を龍は自転車ではねる。龍は雅の話をてっきり渡瀬組のことと勘違い。ゆかり()から「助けて」と電話をもらった龍が喫茶店に行くとヤクザ風の男たちが龍の居どころを教えろと暴れたという。マスターも口裏を合わせる。

自転車で向日葵を探し回る龍。田中会長(MEGUMI)と佳代(田中道子)は向日葵がヤクザ風の男と一緒にいたと証言。龍は虎二郎だと思い込んでクレープ屋台を襲撃するが、犯人は虎二郎じゃないとつぶらな瞳が語っていた。

【極主夫道】9話のネタバレ

【極主夫道】9話のネタバレです。

嘘がホントに!?向日葵が誘拐される!

虎二郎(滝藤賢一)は情報屋のお京(水野美紀)のところに龍を連れて行くが、お京は変なことばかりする変わった女だが、渡瀬一家が不動産を調べに来ているという噂を教える。虎二郎はそれは口実で狙いは龍だろうという。

人生の中でいちばん難しいのは何か。衣替えのタイミングほど難しいものはない。お京は謎の言葉を得意げに語った。

虎二郎は大城山組に乗り込み、大城山(橋本じゅん)に誘拐疑惑をぶつける。大城山は自分の指を全部賭けてもいいと潔白を主張。

龍の様子をうかがっていた雅は、龍の怒りの表情は最大の抗争のときと同じでかなりヤバイという。龍に電話して向日葵は見つかったといい、慌てて江口組に引き取りにいく。龍は向日葵がいるという公園を大声で叫びながら探す。

美久が龍のところに行く。向日葵が雅にゆかりのことが好きなのかと聞いているうちに雅は殴られ、その隙に向日葵を乗せた車が何者かに奪われてしまう。

町の人たちも一緒になって向日葵を探すが、なかなか見つからない。そんな中、向日葵と誘拐犯から電話が入る。龍は向日葵に手を出したらただじゃすまさんと激怒する。

酒井と佐渡島は、龍が職質を受けたが逃走したと美久に伝える。その頃、大城山は誰かに何かの始末を依頼していた。

【極主夫道】9話の感想

水野美紀さんと滝藤賢一さんは、「探偵が早すぎる」「浦安鉄筋家族」でも共演。その信頼感からかアドリブ合戦がアツかった!水野美紀さんは「出オチ」と言っていましたが期待以上でした。

どちらも笑いを必死に堪えているのも面白かった。今回は稲森いずみさんも吹き出す寸前のシーンがありました。監督がファンサービスとしてあえて入れているのでしょうか。

そんな中、笑わずにコワモテを貫く玉木宏さんの気合いもすごかった。

本筋では、向日葵の誘拐事件がどうなるのかが気になります。向日葵が全然怖がっている様子がないので、向日葵に頼まれた江口がやっているのか…!?

次週はいよいよ最終回。向日葵と龍は本当の親子になれるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました