【ぎぼむす新春SP2022】の原作とあらすじ!続編でハゲタカ(竹野内豊)に亜希子が恋!?

義母と娘のブルースSP2022

【ぎぼむす新春SP2022】の原作とあらすじ!続編でハゲタカ()に亜希子が恋!?

【ぎぼむすSP】に原作はあるの? 前回SPの内容はどうだった?

2年ぶりの続編であの男(竹野内豊)と亜希子()が対決!

麦田()との三角関係も!?

今回は、【義母と娘のブルース謹賀新年スペシャル2022】の原作とあらすじ前回のおさらいについて?

パラビでは、「義母と娘のブルース」本編、「2020年謹賀新年スペシャル」とそれぞれのディレクターズカット版、パラビオリジナル「義母と娘の間のフェルマータ」を配信中です。新作を観る前におさらいをどうぞ! ※2021年11月28日現在の情報です。最新情報はパラビ公式サイトでご確認ください。


ADVERTISEMENT

【義母と娘のブルース謹賀新年スペシャル2022】に原作はあるの?

【ぎぼむす謹賀新年スペシャル2022】の放送が発表されました!

2年ぶり、待望の完全新作です。

2018年に放送された【義母と娘のブルース】のドラマ本編の原作は桜沢鈴の同名マンガですが、2020年のスペシャルドラマと、今回放送される2022年謹賀新年スペシャルのストーリーは、ドラマの完全オリジナルです。

【ぎぼむすスペシャル】前回の内容をおさらい!

前回SP衝撃のラストとは?

2020年の年明け。義母・亜希子(綾瀬はるか)の手腕により再建に向かっていた大阪の企業・ゴルディックが乗っ取りに遭う。新しいオーナーは、外資系ファンドのボス。企業を安値で買収し、株式や資産を高値で売りさばいて大金を得る、いわゆるハゲタカである。しかし、憎き相手に対面したはずの亜希子は、彼の姿に言葉を失ってしまう。リベンジすべきその男・岩城良治(竹野内豊)は、他界した夫・良一(竹野内豊、2役)と顔が瓜二つだったのだ!!

https://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/story/

詳しいネタバレはこちら↓

さらにその先の詳しいネタバレはこちら↓

【ぎぼむすスペシャル2022】のあらすじ

あの「ベーカリー麦田」が、まさかの買収の標的に!

やさしくて陽だまりのような良一さん(竹野内豊)とそっくりな男・岩城良治(竹野内豊)はハゲタカだった! 良一とはまるで正反対の良治が買収の標的にしたのは、まさかの「ベーカリー麦田」。

麦田章(佐藤健)は、ある新事業を成功させ、売り上げを順調に伸ばしていた。ハゲタカ良治は「日本一のパン屋を目指す」という店長のノーテンキな野望につけ込み、大手製パン会社との合併を画策。営業部長の亜希子(綾瀬はるか)は、明らかに裏がありそうな良治の提案にNOを突きつけるのだが、亜希子の心はかすかに揺れ動いてしまい…。

いまだに亜希子を思う麦田との三角関係が勃発!?

亜希子と麦田はハゲタカにリベンジできるのか?

みゆき()と大樹(井之脇海)のその後は?

今回、起きる小さな奇跡とは…!?

【義母と娘のブルース謹賀新年スペシャル2022】はいつ放送?

【義母と娘のブルース謹賀新年スペシャル2022】は、2022年1月2日(日)よる9時からTBS系で放送予定です。

ぜひお見逃しなく!

新作を観る前にパラビで本編や前作SPをイッキ見!

Paravi

記事内画像出典: 「義母と娘のブルース」公式HPより引用

スペシャルドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント