【下剋上球児】7話のネタバレと視聴率|根室と翔のライバル関係に「応援したい」と話題!

当サイトのリンクには広告が含まれます
下剋上球児・7話

【下剋上球児】7話のネタバレと視聴率!

主演のTBS日曜劇場【下剋上球児】第7話が2023年11月26日(日)に放送されました。

放送後、エースの座を争う根室と翔のライバル関係がSNSで話題で…。

今回は【下剋上球児】第7話のあらすじネタバレ・視聴率・感想について。

あわせて読みたい
【下剋上球児】のネタバレあらすじと原作!結末はモデルと同じ甲子園出場? 【下剋上球児】のネタバレあらすじと原作!結末はモデルと同じ甲子園出場? 2023年秋のTBS日曜劇場にて、鈴木亮平主演のドラマ【下剋上球児】が放送中。弱小野球部が甲...
目次

【下剋上球児】7話の視聴率

下剋上球児・7話

【下剋上球児】7話の視聴率は世帯8.6%、個人5.8%。

6話の世帯9.3%から0.7ポイントダウン。6話の個人5.5%から0.3ポイントアップです。

【下剋上球児】7話のネタバレ

下剋上球児・7話

【下剋上球児】7話のあらすじネタバレです。

2017年の夏・2回戦

2017年7月。12年ぶりに甲子園予選1回戦を突破し念願の“夏に一勝”を手にした越山高校野球部だったが、2回戦はシード校の優勝候補・伊賀商業高校に3-8で敗戦。越山高校の2017年の夏は終わった。

南雲(鈴木亮平)が部員たちとの約束にこたえ、別の仕事と兼業で監督に復帰することになった!南雲は復帰初日から部員全員の名前を覚えていた。楡伸次郎(生田俊平)は自分のエラーで負けたからと、練習に出てこなくなった。

山住(黒木華)は熱を出して休んでいた。南雲は横田(生瀬勝久)とともに山住のアパートへ。山住もまた自分のせいで負けたと自分を責めていた。南雲たちは山住を励ました。山住によると、犬塚(小日向文世)は野球部への支援から手を引くという。

その犬塚は転んだことで入院中。犬塚は娘・杏奈(明日海りお)から手術を受けてほしいと言われているが…。

美香(井川遥)も娘と共に東京から実家に戻って来た。力強い援軍も得て意気込む南雲は部員たちを奮い立たせるべく、次々と他校との練習試合を組んでいく。野球が上手くなるには実戦が一番だから、だ。

下剋上球児・7話

甲子園は無理とは言いたくない

南雲は中型免許を取っている。マイクロバスを入手して、南雲の運転で練習試合の会場へ。1日3試合を組んでいる。

1試合目の相手は三重西高校で、8-3で越山高校が勝利。相手の監督(川崎宗則)に投手が凄いと褒められた。山住たちが昼飯を差し入れた。そんな中、楡が退学するという噂が山住のもとに届く。

山住は野原(奥野壮)らと楡の元へ向かう。しかし楡は聞き入れてくれない。楡はOBの長谷川(財津優太郎)がいる自動車修理工場で働き始めていた。

中学生が越山高校野球部の見学にしてきた。中学生の板(ばん)は「どこを目指してやってますか?甲子園に行きたいです」という。南雲は「無理です…とは言いたくないです。少なくとも無理だと諦めてるやつが行ける可能性はゼロだ」と答えた。

1年生の中世古(柳谷参助)も甲子園を目指しており、先輩たちが目指していないことが変だと思っている。

南雲が楡を説得へ

柚希()は近所の人からもらったという大量の野菜を南雲の家に届ける。柚希と根室(兵頭功海)によると、楡は四日市のシニアにいた頃、マジメに練習をしていた。だが、学校をよくサボってしまい、監督から勉強もマジメにしないと試合出さないと言われて、中2で野球も辞めてしまった…という。

ある日の夕方、南雲は仕事帰りの楡と話す。楡は野球が嫌いになって辞めているわけではかった。このままだと進級できないと郷田先生(井上拓哉)に言われて、嫌になったようだ。南雲は勉強できなくても、野球だけのために学校に行ってもいいと説得。それに、社会は勉強できる人だけで成立していないと語る南雲。

南雲「スポーツ得意なやつはそれが取り柄だし、絵が得意、愛嬌あるやつ、面倒見がいいゆつ、そういう一人一人の取り柄で世の中が回っているんだ」

南雲は、楡の目が悪いという問題点を指摘。OBの長谷川から楡が遠くを見えてないと言われたという。メガネくんと言われるのが嫌だという楡。南雲はコンタクトを勧め、「怖い」という楡とともに一緒にメガネ屋で装着してみる。その後、視力が良くなった楡はバックホームも見事にできるようになった。

目標は甲子園

ある日の練習試合後、横田は南雲と山住を連れて、丹羽()と犬塚樹生(小日向文世)の元へ連れて行く。犬塚は南雲の監督復帰を快く思っていなかった。南雲が頭を下げても納得しない犬塚。

南雲は「もう一度、彼らと前を向いて生きてきたいんです。どうかチャンスをください」と頭を下げる。

丹羽も「私が懸念しているのは他の生徒への影響や地域の皆様に…」と言うが…。

そこで横田が口を挟む。

横田「失敗した人間の背中、いつまでも蹴り続けて楽しいですか。あんた、いっぺんも失敗したことないというんですか。失敗して失敗して今があるんとちゃいますか。南雲脩司は自分の背中を見せようとしています。それを蹴飛ばして何が教育者や。何が地域貢献・犬塚開発や。影響がでたらその時、考えたらええでしょ」

丹羽は南雲に越山高校の評判の回復のため、来年夏の予選で最低でもベスト8を指示。しかし南雲は「優勝を目指します。彼らを甲子園に連れていきます」と宣言した。

越山高校は春ベスト16へ

犬塚(小日向文世)が家に戻ると、通帳とキャッシュカードが娘夫婦に奪われていた。娘の杏奈は返してほしかったら、眼科の手術を受けるよう誓約書を用意していた。しかし「やだ」と拒否する犬塚。

南雲と山住は「甲子園」出場が目標だと部員たちに伝える。部員たちは最初ためらっていたが、南雲がみんなどれだけ成長しているのかを伝え「いきたいところまで連れて行く。どこまででも行きたいか(胸に)聞いてみろ?やる切るか?やり切らないで終わるか?どっちがいい?」と尋ねると…部員たちもやる気になった。

2017年9月。新キャプテンは椿谷真倫(伊藤あさひ)が務めることになる。1年生の時から1番上手くなったのが椿谷で、みんなのことをよく観察しているから適任だ。

2017年10月。ピッチングマシンが壊れてしまった。速い、生きた球に目を慣らすことに。練習試合で勝利を重ねる越山。

2017年11月。遠征での練習試合でも勝利。帰り、山住や部員たちはクタクタで車内で寝てしまう。

2018年1月。神社の階段をトレーニングがてら走って登り、必勝祈願。

2018年2月。雪が降った日も体育館でトレーニングをした。

春季三重県大会で、越山は県ベスト16まで進出した。

ベンチ入りメンバー発表

2018年4月。桜が咲く春。部員たちは、なりたい自分をイメージして書くトレーニングをする。根室は球速140キロを目標シートに書いた。部員たちからも根室が「夏はエース」と噂されている。

2018年6月。28人の部員中、夏の県予選のベンチ入り20人が発表になる。

  • エースナンバーの背番号1は3年・犬塚翔(中沢元紀)。
  • 背番号2は3年・日沖(小林虎之介)。
  • 背番号3は2年・中世古(柳谷参助)。
  • 背番号4は1年・三鬼(みき)(青山俊雄)
  • 背番号5は3年でキャプテンの椿谷(伊藤あさひ)。
  • 背番号6は2年・三宅。
  • 背番号7は3年・久我原(橘優輝)。
  • 背番号8は2年・幸上(こうがみ)
  • 背番号9は3年・楡(生田俊平)。
  • 背番号10は3年・根室(兵頭功海)。
  • 背番号11は1年・阪(ばん)(中山翔貴)。
  • 背番号12以降は劇中で発表なし。

犬塚は1番が自分でいいのかと不安げ。根室はエースナンバーをもらえなかったことが不満なのか目線が下向きだ。

犬塚翔は家に帰ると、祖父にエースナンバーをもらえたことを報告するが、根室の方がいいともらす。犬塚は「自信持って。おじいを甲子園連れてって」と励ます。しかし犬塚は最近試合を見に来なくなった。だが体は悪くないと強がっている。翔は必ず甲子園に連れて行くと告げた。

2018年夏の快進撃

2018年7月、越山高校にとって「特別な夏」が始まる。

1回戦、越山は多気高相手に9-2で7回コールド勝利。

2回戦、越山は美島総相手に中世古の満塁ホームランなどの猛攻で、12-4の7回コールド勝利。

3回戦、越山 – 美杉。4-3でリードしているが、9回裏2アウト2塁で一打同点のピンチ。ホームランなら逆転サヨナラ負けだ。そんな中、犬塚翔の球はセンター前に打たれてしまう。2塁ランナーが3塁を蹴ってホームへ。センターの根室が思い切ってバックホーム。タッチアウトでスリーアウト、ゲームセット!

越山は34年ぶりのベスト8進出を果たす。町じゅう、優勝したかのような大騒ぎだ。

主将の椿谷はインタビューで「日本一の下剋上を目指します」と宣言して…。

日本一の下剋上まであと6日。(つづく)

【下剋上球児】7話の感想

根室と翔のライバル関係が話題!

根室くんと犬塚翔くんのエースピッチャーの座を争うライバル関係がSNSで話題でした!

多くの視聴者が「応援したい」「がんばれ」と好意的に受け止めていて…

足を引っ張り合ったりするドロドロな展開にならず、応援したくなる関係ですね。

俺がエースだ!お前には負けない!みたいなハッキリした対立関係を打ち出してもいいと思いますが、そうじゃないのが現代の若者なのかもしれません。

犬塚は根室の方がエースナンバーにふさわしいと思っており、彼の実力を認めています。

一方、根室くんもエースナンバーはおろか、一桁の背番号ももらえず、悔しさが溢れる表情ですが…ぐっと噛み殺していた感じです。

2人ともベクトルは自分に向いているんですよね。他人を蹴落としたり、あいつがいなければと思わないの本当に人間的にも好感度が高いです。

そんな中、根室くんが強肩を活かして、バックホームでアウトを取った展開は熱かったですね!

練習期間がテンポよく描かれ、サクサク進んで、春の県大会ベスト16も垂れ幕でのお知らせのみ。

まあ、20話くらいあれば描いたのでしょうが…。7話冒頭の2017年夏の2回戦敗退から、あっという間に2018年夏の予選へ。しかも次はベスト8の戦いです。

残り3話分で準々決勝。ここからは丁寧に描いていきそうで、ワクワクしますね。試合シーンをたっぷり見せてくれそうで楽しみです♪

あわせて読みたい
日曜劇場【下剋上球児】のキャスト・生徒役・相関図│鈴木亮平主演 日曜劇場【下剋上球児】のキャスト・生徒役・相関図│鈴木亮平主演 日曜劇場【下剋上球児】(げこくじょうきゅうじ)が2023年秋、TBSで放送されます。 本作は高校野球を...

画像出典TBS「下剋上球児」

下剋上球児・7話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次