【復讐の未亡人】6話のネタバレと感想!優吾が最後に会った人間は?

復讐の未亡人

【復讐の未亡人】6話のネタバレと感想!優吾が最後に会った人間は?

【復讐の未亡人】6話が8月11日深夜に放送されました。

密()と陽史(淵上泰史)が優吾(平岡祐太)の死の真相を追いかけます。

優吾(平岡祐太)は自殺ではなかった?

屋上にいた人物が浮上!

テレビ東京・黒澤R漫画の実写ドラマ化【復讐の未亡人】6話のネタバレと感想を紹介します。

【復讐の未亡人】6話のネタバレ

【復讐の未亡人】6話のネタバレを紹介します。

優吾(平岡祐太)は自分が殺したという斎藤()。

屋上でお弁当を広げていた優吾と斎藤は話をした。

橋本課長のやり方に不満を持つ斎藤は思わず「あんな人の下で働くくらいなら死んだほうがマシ」だと言ってしまったのだ。

斎藤は職場に戻って仕事を始めたが、優吾は自殺をしたのだ。

斎藤は自分が背中を押してしまったと、自分を責めていた。

その言葉がなくても自殺をしていただろう、と思う密に、斎藤は、優吾を人として尊敬していたという。

**

密()は斎藤の話を陽史(淵上泰史)に知らせる。

陽史は、映像で知り得たことを報告。

屋上のカメラの映像を入手したが、優吾の死んだ場所は死角で見えない。

出入り口の映像を見ると、斎藤が戻ったあと、優が飛び降りるまでの時間に怪しい光がある。誰かがいたとも思える。

現在は、エントランスでガードマンとして潜入。
エントランスのカメラ映像から、エントランスから屋上に直行した人物を探している。

**

過去。

陽史が探偵になったと優吾が密=美月に知らせる。

優吾と陽史は双子。成績もスポーツも優吾のほうが上だけど、優吾は、陽史の方が断然優れているという。陽史も美月を好きだとも言うが、美月は、優吾が好きだと告げる。

**

麻穂()は、密に社長からという仕事を持ってきた。晴菜は手伝うと申し出る。

密は晴菜(小林涼子)と一緒に仕事をする。

晴菜は斎藤を好きだといい、密に応援をして、と言ってきた。

**

陽史は屋上に行く。

自分が死んだら、美月のことを頼む、と言っていた。
陽史はそのことを思い出す。

この時、陽史と入れ違いで屋上にタバコを吸いにやってきた男性がいる。

**

晴菜は、斎藤に相談があると食事に誘う。いつも好きな人がいてもうまくいかないという晴菜。でも、今回はうまくいくかも、と話す。
酔ったという晴菜は、休みたい、と言う。

斎藤の前に晴菜が裸で出てきた。

すると、タブレットの画面に密がいて、その姿を見ていた。

斎藤が誤解をされたら困ると、密と連絡をとっていたのだ。

**

陽史は、晴菜は危ないタイプ、気を付けた方がいいと忠告。

さらに、陽史はエントランスを通ったのにオフィスに真っ直ぐ行っていない人間の写真を密に見せる。
屋上は、タバコを吸う場所。陽史は、この中から喫煙者を探すつもりだ。

**

晴菜は密に謝ってきた。
そこに、麻穂が、仕事の催促にやってきた。

この時、麻穂が手にしていたポーチがキラキラして、床に光が見えた。それは、屋上のカメラにあった光と同じだ。

陽史から「屋上にいた奴がわかった」と電話。
密も「私もわかった」と答える。

<続く>

【復讐の未亡人】6話の感想

復讐の未亡人】6話の感想を紹介します。

【復讐の未亡人】6話のまとめ

【復讐の未亡人】6話は、優吾を死に追いやったのが誰かをさぐる物語。麻穂が怪しいという結果に。斎藤を好きな晴菜の大胆なアプローチ。斎藤は全くその気がなく、密にそれを見せるというのは、密に気がある証拠!?陽史と優吾の対比もありつつ、面白いストーリー展開です。
物語はいよいよ終盤に向かっています。残り2話、お見逃しなく♪♪

次回予告

・密が麻穂の恋人に接近!
・麻穂は優吾を殺したの?

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:復讐の未亡人】公式サイト

コメント