【フェルマーの料理】6話のネタバレと視聴率!志尊淳が厳しく優しい海を熱演!美姿で魅了

当サイトのリンクには広告が含まれます
フェルマーの料理

【フェルマーの料理】6話のネタバレ・視聴率・感想!が厳しき優しい海を熱演!美姿で魅了

、志尊淳ダブル主演ドラマ【フェルマーの料理】6話が11月24日(金)に放送されました。
6話は、海(志尊淳)と布袋(細田善彦)の絆を描きます。
放送後、志尊淳の演技と美しさに絶賛の声が!「焼かないオムレツ」も話題に!

TBS金曜ドラマ【フェルマーの料理】6話のネタバレ、視聴率、感想を紹介します。

あわせて読みたい
【フェルマーの料理】ネタバレあらすじを最終回まで!原作の最新話から結末を考察! 【フェルマーの料理】ネタバレあらすじを最終回まで!原作の最新話から結末を考察! 高橋文哉・志尊淳W主演ドラマ【フェルマーの料理】をTBS金曜ドラマで絶賛放送中!高...

見逃し配信:【フェルマーの料理】最新話はTverで、全エピソードはU-NEXT・パラビコーナーNETFLIXで配信しています。(2023年11月現在。最新情報は公式サイトでご確認ください)

【フェルマーの料理】の原作漫画は電子書籍で!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

目次

【フェルマーの料理】6話の視聴率

【フェルマーの料理】6話の視聴率は、4.5%でした。

【フェルマーの料理】6話のあらすじ

『K』がホテルで開催されるパーティーの料理監修を務めることになり、海(志尊淳)と布袋(細田善彦)以外のシェフの中から代表シェフを決めることになった。仲間がライバルになることは岳(高橋文哉)にとっては苦痛でしかなかったが、布袋の言葉からレシピを思いつく。そんな中、岳はマンションを留守にしている海の後をこっそりとついていく。

【フェルマーの料理】6話のネタバレ

【フェルマーの料理】6話のネタバレです。

フェルマーの料理・6話

岳(高橋文哉)は布袋(細田善彦)に「頭だけで考えるな感じろ」と言われる。海(志尊淳)は自分の世界に没頭。二番手の布袋が厨房を仕切っている。

岳の焼かないオムライスが好評

岳は亜由()とデート。仕事のことをあれこれと話す岳。亜由から、海と一緒に料理の歴史を変えるなら、布袋に勝たなきゃいけない、と言われ「頑張る」と気合いを入れる。

岳の賄い「焼かないオムライス」がスタッフ全員から大好評。
その夜、海が卵かけごはんを作る。岳の賄いを元にして作ったのだ。岳は円周率のことを思い出し「適当にしてはいけない」と思う。海との料理の差を改めて思い知る。海に「これからどうする?」と聞かれた岳は、海みたいになりたい、と言う。
すると「周りの人間を蹴散らすことだ」と言われ衝撃を受ける。

『K』シェフが競い合うコンペ開催

プレイヤーとして頂点に立った渋谷(仲村トオル)は今は「経営者」だと言い、海に仕事を譲る。
海は渋谷から譲り受けたカハラホテルの料理監修の件を伝える。そして、シェフらにレシピを考えるように告げる。「デセール(デザート)は布袋。それ以外のコース料理はコンペとする。スープ、前菜、メインの3つの中から自信のある料理を作ること。勝者はひとり。勝った人間がフルコースをまとめ上げる」それは名前が売れることを意味していた。

孫六(板垣李光人)、蘭菜(小芝風花)、王(朝井大智)、ダビド(フェルナンデス直行)ジャン(ジュア)はそれぞれにレシピを考える。岳はひとり厨房に。布袋は、そんな岳に優しい。数学オリンピックの体験から競争を嫌う岳は、コンペに参加しないほうがいいかと思い始める。

フェルマーの料理・6話

コンペには出ないつもりの岳は孫六を手伝うと言う。孫六はパーティー料理の難しさを話す。岳はそれを亜由に一生懸命に話す。すると、亜由は岳が海に振り回されると指摘。「自分がどうしたいか伝えてから海の考えを聞いたほうがいい」とアドバイス。

フェルマーの料理・6話

その夜、岳はマンションに戻ってこない海を見かけついていくも、海に見つかってしまう。そこに、渋谷と淡島(高橋光臣)が。「やっと会えたね岳君」と渋谷は好意的な挨拶をする。

海は渋谷と淡島の夜食を作るために留守にしていたと言う。岳は海みたいになりたい、料理の歴史を海と一緒に変えたい、と気持ちを伝える。「Kのみんなと一緒に」と言う岳に海は「ひとりで戦え」と…。

海はよく知る2人のことを話す。ひとりは子供の頃からの目標だった人物。しかし、何も言わずに一線から退いた。もうひとりは店をたたんでスーシェフになった。ふたりは戦うことをやめた。

「お前はどうする?岳」

岳はコンペに出場する決意をする。怖さよりも楽しさが上回るから。
布袋は、かつて星をとる店を運営していた。ところが、コロナで店を運営することが大変になり、店をたたみ海のもとで働くことに。岳は数学に挫折したときのことを思い出す。布袋は牛肉のレシピの話を楽しそうに話し「今はスーシェフで満足している」と笑う。岳は布袋のレシピをイメージ。数式をあてはめていく。

コンペの日が訪れた。
試食をするのは海、布袋、寧々(宮澤エマ)。

・孫六…鴨出汁とカブの和風ポタージュ。
・王…ウツボのセイガンスープ。
・ダビド…牛肉フリカンドしょっつる仕立て。
・ジャン…シャインマスカットと大葉のブラータ。
・蘭菜…フォアグラのテリーヌ。

そして、岳の番になる。
岳は前菜、スープ、メインの3つを楽しめる料理を出す。クスクス、卵、カツレツが融合したレシピ。岳は「オイラーの等式」を浮かべて作ったとイキイキと語る。誰もが岳に感心する。海は蘭菜に試食をさせる。

海の厳しく優しい言葉に泣く布袋

海は、布袋、岳、蘭菜に向かって「現在、この4人の中で実力がないのは布袋だ」と告げる。それは蘭菜も感じていたことだ。
岳のレシピは布袋のアレンジだ。海はどうして布袋の昔のアイデアを使ったのかと問う。岳は布袋がすごいことを証明したかったと言うが、その言葉に布袋は「俺をなめてるのか」と怒りをみせ、カツレツを作る。

しかし、岳の方が上回っていた。
「負けを認めるんだな」と海。

布袋はスーシェフになってからレシピを考えなくなった。だから海はコンペから布袋を外したのだ。
「考えるな、感じろ。シェフなら」と言う海の言葉に布袋は打ちひしがれる。

ひとりすすり泣く布袋に海が寄り添う。
「お前の言うとおりだ。経営難のせいにして店をたたみ逃げていた」という布袋は、海に圧倒的な差をつけられ海のことも自分のことも恨み、戦うことをやめた。
「岳に言った言葉は自分への言葉だった。どうして俺の前に現れた。出会いたくなかったよ」という布袋に、レストラン『K』は「お前がいたからやってこれた」と告げる海。「お前と出会えてよかった。本物のシェフに戻れ」と言い肩を叩く。布袋はむせび泣く。

6話の結末

海は代表シェフに岳を指名。
布袋は思い直しいつものようにシェフに喝を入れる。

その夜。マンションにて。
「また一歩、俺に近づいたな」と岳を認める海はパーティーの概要を見るように言う。

パーティーは数学の有名な賞の授賞式だった。資料を見て岳は震え始める。

そこには広瀬一太郎(細田佳央太)の名前があった…。

岳は過呼吸で倒れる。
海が岳の名を呼ぶ。

<つづく>

オイラーの等式…ネイピア数、虚数単位、円周率の間に成り立つ等式のこと。

【フェルマーの料理】6話の感想

【フェルマーの料理】6話の感想を紹介します。

志尊淳が厳しく優しい海を熱演!美姿で魅了

フェルマーの料理・6話

志尊淳さん演じる海は、かなり厳しい。岳にだけではなく、布袋に対しても厳しい言葉を投げつける。けれど、その奥には優しさが隠れている。泣いている布袋の肩に手をかける海、倒れた岳に名前を呼ぶ海、厳しい言葉を投げかけながらも優しく岳を見守る海。どれもが素敵。そんな海を美しさを際立たせ、志尊淳さんが熱演。
ストーリー展開の面白さがプラスされ視聴者を魅了しています。

海の私服も話題です。6話はGUCCIのざっくりニットを召しておりました。岳の衣装も好評です。岳はパーカー専門。可愛さ増し増しの部屋着もお似合いでした。

6話のレシピは焼かないオムライス!

毎話、美味しい料理が登場。6話はオムライスです。湯銭で作るふわふわのオムライス。「食べたい」「作ってみる」などの感想が。高橋文哉さんと志尊淳さんの料理の腕にも感心の声がありました。

公式さんよりレシピのご紹介!

感想まとめ

布袋(細田善彦)の過去が明らかになった6話。海が岳に語った戦うことをやめたひとりは布袋のことですね。そして、もうひとりが渋谷でしょう。岳は弱音を亜由に吐くけれど、海は弱音を吐くことはないのかと心配してしまう。いつも凛としている海だけど、かなり窮地に立っていると思われ…。
6話は2024年が描かれませんでした。2024年に近づいているから!?
コンペを境に岳が変化していくのかもしれない。岳が倒れてしまい心配ですが、次回は海も倒れてしまうようです。この先どうなるのでしょうか。片時も目が離せません!次回もお楽しみに♪

【フェルマーの料理】6話の出演者・スタッフ

出演者:高橋文哉、志尊淳、小芝風花、仲村トオル、板垣李光人、白石聖、細田善彦、高橋光臣、宮澤エマ、宇梶剛士、堀部圭亮、朝井大智、フェルナンデス直行、八木アリサ、及川光博、ジュア、久保田紗友、井頭愛海、木田佳介ほか。

原作:小林有吾
脚本:渡辺雄介、三浦希紗
主題歌:10-FEET「Re方程式」音楽:木村秀彬
プロデューサー:中西真央
演出:石井康晴、平野俊一、大内舞子

記事内画像:公式ホームページ

フェルマーの料理

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次