【ブラッシュアップライフ】1話のネタバレと視聴率!ポケベルやGBAに「懐かしい」伏線回収絶妙で面白いの声!

ブラッシュアップライフ

【ブラッシュアップライフ】1話のネタバレ・視聴率・感想!ポケベルやGBAに「懐かしい」伏線回収絶妙で面白いの声!

【ブラッシュアップライフ】1話が1月8日に放送されました。

平凡で独身女性の近藤麻美(安藤サクラ)が自身の人生をやり直す『二度目の人生』の幕開けです。

1話は、麻美の保育園時代を描きます。

ポケベル、セーラームーン、ゲームボーイアドバンス、逆転裁判など懐かしい物の登場に大注目!
伏線回収もバッチリで面白さ満点!

永尾柚乃登場回!

日本テレビ新日曜ドラマ【ブラッシュアップライフ】1話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。

【ブラッシュアップライフ】ネタバレあらすじを最終回まで!原作の結末と麻美(安藤サクラ)の人生は?
【ブラッシュアップライフ】ネタバレあらすじを最終回まで!原作の結末と麻美(安藤サクラ)の人生は?安藤サクラ主演の【ブラッシュアップライフ】のネタバレとあらすじを最終回までまとめていきます。2023年冬の日本テレビ新日曜ドラマ。バカリズム脚本。主人公の近藤麻美(安藤サクラ)が人生をやり直す姿を描く。【ブラッシュアップライフ】のあらすじ・ネタバレ・原作の結末、最終回放送日など紹介。

【ブラッシュアップライフ】1話のネタバレ

【ブラッシュアップライフ】1話のネタバレを紹介します。

散りばめられた伏線

近藤家の朝。
慌ただしくもいつものように過ぎる。

麻美(安藤サクラ)は妹の遥(志田未来)の運転で出勤。

道すがら、遥が公衆電話がなくなっていることに気づく。
この時、遥が父の寛(田中直樹)が靴の中にへそくりをしていると話す。

麻美は地方公務員。
社会的信用性が高くメリットはあるが、デメリットもある。
窓口業務はとにかく利用者に怒られることが多い。
お昼は同期の春菜(佐々木史帆)と美樹(冨手麻妙)と外食。

**

その夜は、幼なじみのみーぽんこと美穂(木南晴夏)となっちこと夏希(夏帆)と食事。この日は、美穂の誕生日。花火のお祝いをしないのは、美穂が苦手だから。ちょっぴり気まずい雰囲気にもなるが、すぐに解消。その後も、同級生の噂と悪口を言い合い、ストレス発散。

プリクラを撮ってカラオケに。

カラオケボックスの受付に福ちゃん=福田俊介(染谷将太)がいた。福ちゃんは3人の同級生。久しぶりと軽い挨拶をして、部屋に。

ついてすぐに歌うのは高校生だと言いながら、福ちゃんからのサービスのポテトに喜ぶも、実は、お腹がいっぱいで食べらない。残すことはできないからと無理して口に入れるがグチグチと言い出す3人。

福ちゃんは、昔、音楽をしていた。夏希が言うには、福ちゃんは事務所を辞めてフリーで頑張ってみたが、売れなかった。そんな、福ちゃんはしーちゃん(市川由衣)と結婚したが4年前に別れたと言う。しーちゃんは職場の人ともうすぐ結婚。福ちゃんはバイト先のコとできちゃった結婚。それをキッカケに音楽を辞めて、現在、バイト掛け持ち中。

「ポケベルが鳴らなくて」を選曲し、ポケベルの文字打ちについて検索しだす。結局、歌いまくったらお腹は空いて、福ちゃんのポテトは食べきった。

その帰り、美穂の車に乗る。車内でもおしゃべりは止まらない。中学時代に麻美が担任のミタコングにゲームボーイアドバンスとやりかけの逆転裁判を取り上げられた過去話などで盛り上がる
途中、コンビニに寄り、麻美はそこから徒歩で帰宅することに。その時、車にひかれてしまう。

麻美が死後の世界に

麻美は死んでしまい死後の世界に。そこでは案内人(バカリズム)がいて、麻美は生まれ変わって大アリクイになると言われる。

これまでの行いがいまひとつのため、人間になれないと言うのだ。

しかし、麻美は大アリクイにはなりたくはない。そこで、案内人は、人間に生まれ変われる方法があると教えてくれる。
それは、人生をやり直して徳をたくさん積むこと。麻美はすかさずそれを選択。

そして、麻美の2周目の人生がスタートした。

保育園でセーラームーンごっこ

麻美は赤ちゃん。

父の寛も母(中島ひろ子)も若くひたすらに麻美を溺愛。
そして、保育園に。

麻美(永尾柚乃)は先生の名前をスラスラと書き褒められる。大人だからそりゃぁうまい。
お友達とはセーラームーンごっこで盛り上がる。
玲奈の父(勢登健雄)と洋子先生(中田クルミ)がとてもいい雰囲気。1周目で、玲奈ちゃんの苗字が変わり転園してしまい、洋子先生もいなくなったと思い出し、この二人は不倫に発展したことに気づく。
そこで二人が不倫にならないようにと必死で阻止をすることに。

玲奈の父が洋子先生にメモを渡すのを見つける。その紙には番号が記してあった。麻美は、玲奈をよろしく、というメモにすり替える。
次に、連絡を待つ玲奈の父に連絡をすることを考える。記してあった番号はポケベルの番号だ。電話をかけようとするが、自宅だと番号がバレてしまう。そこで、夜中に抜け出し公衆電話に。

遥が話していた公衆電話に気づきたどり着くがお金を忘れ、自宅に戻る。遥が話していた寛のへそくりからお金をとって、再び公衆電話に。

お巡りさんに見つかり逃げる。なんとか逃げ切り家に戻り爆睡。

できる限りのことはやったと思う麻美。

ポケベルで「フリンシタラバラス」

麻美はポケベルの番号を駆使し、玲奈の父に「フリン シタラ バラス」と送っておいた。

玲奈の父と洋子先生は麻美の企てた作戦により、不倫にはならずに済んだ。
麻美はこれで徳を積んだと安堵する。

**

家でテレビを見る。そこには大アリクイが映っていた。
麻美は再び精進しようと心に誓う。

<続く>

【ブラッシュアップライフ】1話の視聴率

【ブラッシュアップライフ】1話の視聴率は5.7%でした。(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

【ブラッシュアップライフ】1話の感想

「面白い」の声が圧倒的多く、ポケベル、セーラームーン、ゲームボーイアドバンス(GBA)などが登場し「懐かしい」の声もTwitterに。

【ブラッシュアップライフ】1話の感想を紹介します。

キャラが等身大!

子役の永尾柚乃ちゃん名演!

これから楽しみ♪

わくわくするドラマ!

伏線回収が面白い!

【ブラッシュアップライフ】1話のまとめ

【ブラッシュアップライフ】1話は、再び人生をやり直した麻美の赤ちゃんから保育園時代までを描いています。麻美と美穂と夏希の関係性とその台詞がとにかくリアル。言葉が重なる感じや間があく感じ。それが絶妙です。そして、麻美の保育園時代を演じた永尾柚乃ちゃんが素晴らしい。大人の麻美である安藤サクラさんが語る中、台詞はほとんどなく、表情と仕草でその状況を見せていく演技が光っています。とにかく面白く細部にまでゆきわたった台詞の数々を楽しめました。
さらには、伏線回収が素晴らしい。公衆電話、父のへそくり、ポケベルの解読を前半の会話で描き、その後、幼稚園児の麻美が伏線回収するという流れ。面白過ぎです!次回もとても楽しみです!

次回予告
・麻美の小学生から成人式まで!
・元カレの勝(松坂桃李)が登場!

次回もお楽しみに♪♪

>>2話

記事内画像:【ブラッシュアップライフ】公式サイト

コメント