【ブルーモーメント】最終回ネタバレと感想!ラストの「辞退」に続編期待の声高まる

ブルーモーメント最終回
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【ブルーモーメント】最終回ネタバレと感想!

山下智久主演のドラマ「ブルーモーメント最終回(10話)が6月26日(水)に放送されました。

道路陥没で初めての一般人の死者が出てしまう事態に!観測史上最強台風の上陸が目前に迫る中、SDMが注意喚起を呼びかけるが…。

放送後、ラストの「辞退」に続編期待の声がSNSで高まっていて…。

今回は【ブルーモーメント】最終回のあらすじネタバレ・感想について。

ドラマ【ブルーモーメント】の動画はFOD(フジテレビオンデマンド)で最新話まで全話、配信予定。
ドラマ【ブルーモーメント】ネタバレ&あらすじを最終回まで!灯(本田翼)が亡くなった真相とは?
2024年春のフジテレビ水10ドラマ「ブルーモーメント」の原作は漫画「BLUE MOMENT ブルーモーメント」です。ドラマのネタバレあらすじはもちろん、気になる原作漫画についても紹介!今回はドラマ&原作漫画【ブルーモーメント】のネタバレ・あらすじについて。

【ブルーモーメント】最終回ネタバレ

ブルーモーメント最終回

【ブルーモーメント】最終回のあらすじネタバレです。

SDMとして初めて一般人の死者

観測史上最強クラスの台風が東日本に迫っている影響で、遠隔豪雨が埼玉で発生。

晴原柑九朗(山下智久)の解析と共に、園部優吾(水上恒司)たちが誘導。

ブルーモーメント最終回

そんな時、道路で大規模な陥没が起こった。

優吾は救助に全力を注ぐ。しかし心配停止した人たちが数名。

と思ったが、生命反応があったため、救助を開始。

汐見早霧(夏帆)は救助者たちの処置をするが、心配停止から30分が経過しても蘇生できなかった。

SDMとして初めて一般人の死者が出てしまう。死者は計4名。

SDM車両が横転

最強台風がいよいよ上陸する。

「最後まで戦い続ける」 そう覚悟を決めた晴原は、台風が迫っている東京へ向かった。

暴風雨に対する注意喚起をメディアやSNS、無線で呼びかけようとするが、停電や通信障害によって対応ができない。

ブルーモーメント最終回

そこで雲田彩(出口夏希)と丸山ひかる(仁村紗和)が現地へ向かうことに。

彩たちが一軒一軒、マンションの管理人に注意喚起を呼びかける。

ブルーモーメント最終回

そんな中、自主避難をしている人の目撃情報が入ってくる。

彩とひかるは、自主避難者の緊急保護に向かい合流。

すると住民たちが、中西さんが取り残されてるという。

マンションの3階の窓にバイクが突き刺さっていた。

そんな中、風が強まる。

彩は、逃げ遅れた少年・亘(琉人)と少女・舞(田中乃愛)を急いでSDM車両に避難させる。

しかし、そこへ急激な暴風が襲い掛かってきて…雲田たちが乗ったSDM指揮車両は横転。

さらにビルが崩壊して、車がグシャグシャに潰れてしまっている。

都市型暴風災害

無線で中西舞、兄の中西亘から晴原に連絡がくる。

お姉さん=雲田彩が身をていして守ってくれたという。

彩は、舞と亘を出入口付近へと移動させる。しかし彩は挟まっていて動けない。

晴原は、都市型暴風災害だと説明。高層ビルと高層ビルの間で、時速250キロメートル以上の強風が吹いたのだ。

今できることを

ブルーモーメント最終回

山形は無線で、ひかるに連絡。その建物の中にいれば助かる、信じろ!と伝える。

ブルーモーメント最終回

ひかるは、自主避難をした自分自身を責める住人に、災害時には仕方ないことであり、過去を振り返らず今できることをすることを訴える。

ひかるは、建物の中に住人たちを誘導する。

台風の目を利用して救出へ

晴原は、自身の考えをいうかためらう。それでも仲間に背中を押されて、提案する。

台風の目を利用して、ヘリを飛ばして、被災現場へ向かう案だ。

しかし台風はトロコイド曲線を描くような複雑な動き(トロコイダル運動)をすることもあり、予測が困難だ。

また仲間から犠牲者がでるかもしれないとためらう晴原。

しかし優吾をはじめ、仲間たちはやる気だ。作戦を実行することにした。

元SDMの佐竹(音尾琢真)も出動。消防車がSDM車両と並走してくれている。そしてヘリポートへ。

SDMメンバーの活躍

ヘリが彩たちがいる被災現場へ到着する。

早霧は、被災者・住本和真さんの治療を始める。

晴原は、舞と亘のお母さんで行方不明の中西さんを探しにいく。すると看板の下から声がした。

優吾たち消防班は、SDM車両から、舞と亘を救出。

あとは、雲田彩だが…。

雲田彩の命は?

滞在できる予測時間が早まる中、優吾たちは雲田彩を救出。

ヘリに乗った後、被災現場のビルが崩落した。

台風の目の中にいる沢渡が山形の指示のもと、病院まで誘導する。

早霧は、被災者・住本和真さんが無事だったことを報告。

骨盤骨折で一時は危険な状態だった彩も、一命をとりとめる。

数か月後

数か月後。

園部大臣(舘ひろし)と立花大臣(真矢ミキ)が晴原のもとに報告にきた。

SDM正式運用については賛否両論あったが、従来通りよりもSDMが活動したことで多くの命が救われたことが認められた。そしてSDMの正式運用が決まった。

しかし晴原は「辞退させてください。メンバーも理解してくれてます。試験運用を続けさせてください」と告げる。

立花は「一般人に犠牲者が出たことを重く受け止めてのことですか?」と尋ねる。

晴原は「SDMは未完成です。海洋気象や津波への対応などに問題が出ます。正式運用となればこの国の防災のスタンダードとなってしまう。それではダメなんです」と答える。

国民から是非を問われる中で、あるべき姿を目指していくという考え…と立花は理解する。

だが立花は、政局が変わることによってSDMがなくなる可能性もあることを危惧する。

園部大臣は「そんなことでなくなるならそれまでの組織」とバッサリ斬り、現場の意見を尊重(=丸投げ?)した。

最終回結末

夜明け前。屋上。ブルーモーメントをみながら、SDMの主要メンバーが集まっている。

辞退はもったいないが、みんな晴原の思いをわかっていた。

優吾は「さらに上を。灯さんが夢見たSDMはこんなものでない」という。

沢渡は「連携が取れてない自衛隊、海上保安庁の統括責任者は以前、名誉職のまま」と課題を指摘。

山形は「正式運用となれば、各省庁に予算や人が増えてトライアンドエラーの動きが鈍る」課題をを指摘。

早霧は「災害後のSDM専属カウンセラー」の検討を要請。

ひかるは「国の組織のSDMが一人の天才頼り」の課題を指摘。

便乗して山形は「育成」の重要性を訴えつつ、雲田彩の隣に回りこむ。

晴原は「いつも通りの朝を迎える。これは奇跡だ。この奇跡を守るためにまだやれることがある。この世界には、俺たちの知らないことがたくさんある。でもそれと同じだけ、可能性に満ちあふれている。日本は世界でも有数の自然災害多発国。だからこそ、災害で命を落とす人を一番少ない国にしたい。命の重さ、尊さを知り、同じ思いを共有できる仲間がいる。お前らが隣にいると強くなれる。このチームなら必ずやり遂げられる。俺はそう信じてる」とメンバーに告げる。

本部から通信が入った。長崎で過去にない潮位変動があったという。

SDMは出動する。

(おわり)

【ブルーモーメント】最終回の感想

【ブルーモーメント】最終回の感想です。

ラストの「辞退」に続編期待の声高まる

最終回ラスト、晴原が(メンバーの了承を得て)SDMの正式運用を「辞退」する決断をしました。

SDMは未完成であり、課題があるから、ということらしいです。

この辞退というラストを受けて、SNSでは続編期待の声が高まっています↓

なんだか続きがあるような終わり方でしたよね。

まあ、ラストにめでたしめでたしとしない、物語を閉じない感じにするのは定番ではあるのですが…。

私(筆者)は巨大台風でやりつくしたかなと思っていたのですが、晴原が海洋気象や津波について触れていたので、地震&津波について取り上げるのもアリだなと思いました。日本は地震が多いので。

さらにメンバーもそれぞれ課題を言っていましたね。自衛隊や海保との連携、カウンセラー、一人の天才に頼らない組織作り等々。

晴原に並ぶ天才気象学者は、外部から呼ぶのか、育てるのか、はたまた雲田彩がさらなる成長をするのか…。

なんだかんだ、続編で描く要素はたくさんありそうですね。

【ブルーモーメント】最終回の出演者&スタッフ

出演者:山下智久  出口夏希 水上恒司 岡部大 仁村紗和  ・  夏帆 平岩紙  ・  本田翼 真矢ミキ 舘ひろし 他

スタッフ1 【原作】 小沢かな『BLUE MOMENT』(BRIDGE COMICS/KADOKAWA)  【脚本】 浜田秀哉(『イチケイのカラス』シリーズ、『絶対零度』シリーズ 他)  【音楽】 佐藤直紀(『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ、映画『ゴジラ-1.0』 他)  【主題歌】 ボン・ジョヴィ『レジェンダリー』(ユニバーサル ミュージック)

スタッフ2 【挿入歌】 山下智久『Perfect Storm(feat. TAEHYUN of TOMORROW X TOGETHER)』  【演出】 田中亮(『イチケイのカラス』シリーズ、『コンフィデンスマンJP』シリーズ 他)  森脇智延(『イチケイのカラス』シリーズ、『SUITS/スーツ』シリーズ 他)  下畠優太(『コンフィデンスマンJP』シリーズ、『うちの弁護士は手がかかる』 他)

スタッフ3 【制作プロデュース】 古郡真也(『コンフィデンスマンJP』シリーズ、『翔んで埼玉』シリーズ 他)  【プロデュース】 高田雄貴(『イチケイのカラス』シリーズ、『刑事ゆがみ』 他)  栗原彩乃(『PICU小児集中治療室 スペシャル 2024』『ナンバMG5』 他)  【制作著作】 フジテレビ

【編集後記】毎回手に汗握る作品でした。日本は気象災害が多いので、貴重な作品だったと思います。スタッフ&キャストの皆様、お疲れ様&ありがとうございました。また続編で会えることを願っています♪
【ブルーモーメント】のキャスト・出演者一覧と相関図!山下智久が気象研究官に!
2024年4月スタートのフジテレビ水10ドラマ【ブルーモーメント】の主演は山下智久さん。『コード・ブルー』以来、7年ぶりにフジテレビドラマで主演を務め、自然災害から人々の命を救う気象研究官を演じます!今回は、キャストと登場人物、相関図、スタッフ、放送日、公式SNSなど基本情報をまとめます。

当記事の画像引用:「ブルーモーメント」フジテレビ