【あなたのブツが、ここに】1話|辛いけどエンディングが明るい!

あなブツ1話

【あなたのブツが、ここに】1話のあらすじネタバレ

仁村紗和主演のドラマ『あなたのブツが、ここに』第1話が8月22日(月)に放送されました。

放送後、辛い展開だけどエンディングが明るくて救われたと話題に…。

今回は【あなたのブツが、ここに】1話のあらすじネタバレについて!

*本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【あなたのブツが、ここに】1話のあらすじネタバレ

【あなたのブツが、ここに】1話のあらすじネタバレ

シングルマザーの山崎亜子(仁村紗和)はキャバクラで働きながら、小学5年生の娘・咲妃(毎田暖乃)と二人で暮らしている。

時は2020年10月。コロナ禍の大阪。

キャバクラに来る客はほとんどおらず、亜子や同僚のしずく(ゆうちゃみ)には客がつかない日が続いている。

収入は激減してしまい、貯金も底をついてしまった。

もう、頼みの綱はコロナ給付金だけだ。

とにかく生きていくために、給付金が入ったら家賃の安いところに引っ越そうと決めた。

常連客の桑原に暗証番号を教えて、給付金申請の手続きをお願いする。

だが、テレビのニュースで給付金詐欺が報じられていた。

亜子は口座のお金を盗まれてしまった。(残金が54円に)

亜子はお年寄りでもないのに騙されたことで、周囲の人が笑っているように見える。

どんな理不尽なことがあっても泣かずに、あがこうとしてきた亜子。

亜子は娘に「ばあばのうち行こうか」と電話で告げた。

娘は「だいじょうぶやで」と承諾した。

2020年10月。大きく負けた亜子はひとり、泣いた。

【あなたのブツが、ここに】1話の感想

辛いけどエンディングが明るい!

1話はあくまで序章ですが、コロナで客がいなくなってしまったキャバ嬢の悲哀が描かれました。

これまでどんな辛いことがあっても泣かないと生きてきた亜子。

けれど、騙し取られてしまって…涙した亜子。

つらいスタートとなった1話。

驚いたのは、そんなつらさを吹き飛ばすエンディング。

キャスト陣がウルフルズ「バカサバイバー」に合わせてダンス!?

視聴者にも好評でした↓

 

画像出典「あなたのブツが、ここに」HP

コメント