【相棒21】8話のネタバレ!殺人事件より伊丹の恋が気になる!

相棒21 ネタバレ08

【相棒21】8話のネタバレ!殺人事件より伊丹の恋が気になる!

【相棒21】8話が2022年12月7日に放送。

8話は久々の捜査一課刑事・伊丹の色恋話。

殺人事件も起きますがそれよりも伊丹の恋の行方が気になります。

今回の記事では【相棒21】8話「コイノイタミ」の内容とレビュー、感想をお伝えします。

【相棒21】配信情報

【相棒21】は放送後からAbemaTVで見逃し配信予定。

さらにAbemaTVでは一部の過去シリーズがレンタル可能です。

※ 全て2022年9月27日(火)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。

【相棒21】8話のネタバレ

伊丹が恋で暴走?

捜査一課の伊丹(川原和久)が大河内(神保悟志)から聴取を受けていた。

ことの発端は2日前に起きた事件にある。

  • 投資会社勤務の大久保という男が自宅で殺害された
  • 死因は撲殺、凶器は骨董品の壺だが大部分は持ち去られていた
  • 被害者が書いた『え』『つ』と読める血文字が発見された
    ←ダイイングメッセージ
  • 篠塚というチンピラが容疑者として浮上
  • 2年前大久保はひったくりをした篠塚を取り押さえた
  • 動機はその時の復讐?

伊丹、芹沢(山中崇史)、出雲(篠原ゆき子)が篠塚の自宅を張り込んでいたところ、妻・由香子(霧島れいか)と息子が帰宅。

それを見た途端、伊丹は自宅に強引に押し入った。伊丹は由香子が勤める弁当屋の常連。かなり親しい仲だった、という。

関係者の証言

伊丹は今も完全黙秘を続けている。芹沢と出雲は特命係の右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)に捜査を頼む。

右京と薫は2年前のひったくり事件で被害にあった資産家の女性・水城から話を聞く。

水城の証言

  • ひったくりにあった時、大久保が篠塚を追いかけた
  • 騒ぎに気づいた体育会系の学生が篠塚を取り押さえた
  • それが縁で水城は大久保に投資を依頼するようになった
  • 大久保は近所に住む別の顧客と会っていた帰り道だった

右京は水城の指についていた塗料が気になる。水城の趣味は陶器の絵付け、その塗料だという。

続いて右京と薫は大久保の顧客である衣川から話を聞こうとする。だが、「アポを取って欲しい」と追い返されてしまう。

今度は大久保の同期で第一発見者の沼田から話を聞く。

大久保は一人暮らしの資産家を相手にし、生活の面倒も見ていた。そうやって営業成績を上げていた、という。

沼田は大久保のやり方が気に入らない様子。

由香子の証言

その後の捜査で大久保と篠塚は2年前の事件前から知り合いであったと判明。

薫は水城に近づく為に2人は共謀していた。が、第三者が介入したので大久保は篠塚を切り捨てた。その恨みが動機では?と推理する。

翌日、薫は由香子から話を聞く。彼女は人差し指に怪我をし、包帯を巻いていた。

夫からは暴力を振るわれているが怖くて離婚を切り出せない様子。

そんな時に知り合ったのが伊丹。彼は息子の面倒を見てくれて、3人で博物館に行ったこともあった。

「(夫のことは)相談してくれれば、いつでも力になります」と伊丹は約束してくれた

その直後、夫から電話が掛かってくる。「しばらく家を留守にする」とのこと。なんとも身勝手な言い分。

一方、右京は大学で凶器の骨董品の壺について調べる。男壺、女壺というセットのもの。先に発見された男壺には12億もの値段が付けられていた。

特命係の部署にて。薫は『え』『つ』とは「絵付け」のこと、それを趣味にしている水城を指しているのでは?と推理。

更に芹沢たちの調べで事件前に大久保と同期の沼田が大喧嘩していた、と判明。動機がありそうだ。

右京は大学から借りた古文書を読む。そして、『え』『つ』の意味に気づく。

『え』『つ』が示す犯人

右京と薫は事件の犯人の元へ。犯人は大久保の顧客の衣川だった

大久保と篠塚はグル。篠塚が盗んだ骨董品を大久保は衣川に売っていた。

探し求めていた女壺の贋作を売りつけられ、衣川は激怒。その壺で大久保を殴り殺してしまった。

『え』『つ』とは変体仮名。初めから「衣川」と犯人の名前が書かれていた

その後、衣川の自宅から持ち去られた凶器のかけらが発見され、彼は逮捕された。

由香子が隠していたこと

右京は取り調べを受けている由香子の元へ。篠崎はすでに由香子の手で殺されていた

防犯カメラやGPSの足取りから明白。指の怪我は遺体を山中に埋めた時に負ったもの。

そして、由香子はスマホのタイマー機能を用いて夫から電話があったように偽装。伊丹を利用して夫がまだ生きていると見せかけた

伊丹が刑事だったのは想定外。「彼は私の嘘を見抜いていた」と語る由香子。右京はそれでも伊丹が黙秘を貫いた理由を伝える。

伊丹は事件の発覚前に自首して欲しかった。そうすれば刑罰が軽くなるから。

右京「他に方法はありませんでしたかね。残念です。」

泣き崩れる由香子。伊丹は彼女を黙って見守るのだった。

8話の結末

その後、伊丹が特命係の部署にやって来きて、右京に「いつから気づいたのですか?」と尋ねる。

右京は伊丹が押し入ったと聞いた時から気づいていた。伊丹は根っからの刑事、色恋で暴走することはない。

それでも強引に押し入ったのは重要な事件が起こっていると気づいていたから。

右京は伊丹の性格や行動原理を全て把握していた。

右京「口を閉ざしたのはいかがなものでしょうか?早く話していれば事件は早期に解決していたでしょうに。」

とお説教。「せいぜい気をつけます」と伊丹。薫に対しては「借りは必ず返す」と告げる。

いつもと変わらない様子の伊丹。そうでなければ特命係としては張り合いがない。

【相棒21】8話のレビューと感想

伊丹の恋の行方は?

【相棒21】8話は伊丹の色恋話。由香子は自分の罪を逃れるために伊丹の恋心を利用していました。

殺人事件はあっさりと解決。その分伊丹の恋の行方に時間が割かれました。伊丹の恋の方が気になる方も多かったのでは?

伊丹は黙って行く末を見守る。刑事の信念を感じられ、カッコいいです。

ただ、8話のタイトルはコイノイタミ=恋の伊丹=恋の痛み。初めから伊丹が失恋するのは分かっていましたが。

次週予告

次回の【相棒21】は恐ろしい都市伝説通りの殺人事件が発生。

2022/12/14(水)21:00~の放送をお楽しみに。

7話「砂の記憶」<< >>9話「丑三つのキョウコ」

画像の引用元:テレ朝POST

コメント