【相棒20】鶴田官房長官(相島一之)と特命係の因縁!初回放送に向けて総ざらい!

相棒20 鶴田
画像引用:テレ朝POST

【相棒20】鶴田官房長官(相島一之)と特命係の因縁!初回放送に向けて総ざらい!

いよいよ放送が迫ってきた【相棒20】。第1話から冠城亘逮捕という波乱の幕開け。

その裏には特命係の宿敵である鶴田官房長官の影が。

今回の記事では【相棒20】を楽しむために鶴田官房長官との因縁をおさらい!!

【相棒20】配信情報

【相棒20】の配信は未定。プレシーズン1~19はTELASAで配信中です。

さらにテラサでは多くのテレビ朝日の名作ドラマが配信されています。

※ 全て2021年10月6日(水)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

鶴田官房長官と特命係の因縁

鶴田の人物像

鶴田翁助(相島一之)はシーズン18最終回「ディープフェイク・エクスペリメント」より初登場。

内閣官房長官という内閣総理大臣を補佐する立場であり、【相棒】もトップクラスの権力を持つ人物。

シーズン3第1、2、3話「双頭の悪魔」で特命係に追い詰められて失脚した元内閣官房長官朱雀武比古(本田博太郎)の弟子に当たる。

その為、特命係とは特に因縁が深い人物となります。

ディープフェイクに強い関心

鶴田官房長官は動画を編集し最強の捏造証拠にもなりえるディープフェイクに強いを持っていた。

そんな中、官邸の依頼でディープフェイクの研究をしていた鬼石美奈代()が桂川宗佐(村上新悟)を殺害するという事件が発生。

美奈代はディープフェイクを作成し、内調の職員・柾庸子(遠山景織子)に疑いを掛けようとする。鶴田官房長官はこの事態を逆手に取り庸子と部下の栗橋(陰山泰)に「ディープフェイクが警察にどこまで通用するのか試せ」と指示。さらに庸子に美奈代を保護(監視)させる。

最終的に特命係の右京()と亘()によって美奈代の居場所は特定され、逮捕された。

だが、庸子と栗橋は「彼女(美奈代)を説得していただけ」と主張。犯人隠匿や鶴田官房長官の指示に関する証拠は無く、2人は追及を逃れた。

権力の暴走

シーズン19第1、2話「プレゼンス」にて。

白バイ警官の出雲(篠原ゆき子)が狙撃される事件が発生。

その裏には億万長者の加西周明()がいた。加西は社会的な弱者である朱音静(日南響子)に大金をほのめかし、襲撃事件を起こさせていた。

加西が金を配っていたのは弱者だけではなく、強者も同じ。金の力で捜査を打ち切らせ罪を逃れた。

シーズン19第19話、最終回「暗殺者への招待、宣戦布告」にて。

加西から金を受け取り、圧力を掛けていたのが鶴田官房長官であると発覚。

このまま加西に好き放題させていたら何をするか分からず、もし逮捕されれば自分の立場も危うくなる。そう考えた鶴田官房長官は庸子に殺し屋を雇うように指示。

その殺し屋に加西は殺害され、口は永遠に塞がれることになった。

特命係によって殺し屋を雇った庸子は逮捕された。だが、鶴田官房長官の関与を示す証拠はまたしても無し。

右京と亘は鶴田のもとに出向く。

亘「我々は喧嘩を売りに来ているので。」

右京「我々は必ずあなたの悪事を暴いてみせます。」

と鶴田官房長官に宣戦布告。

自分に迫ろうとする特命係は邪魔な存在。鶴田官房長官は栗橋に「杉下右京、冠城亘。消し去りたいねえ、あの二人。警視庁からじゃないよ」と呟くのだった。

このように鶴田官房長官は特命係の最大の敵といえる人物。【相棒20】第1話でも対峙、鶴田官房長官との戦いはどうなるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました