【相棒19】18話の視聴率は15.5%!前田亜季「科警研の女」が話題!

【相棒19】18話の視聴率は15.5%!前田亜季「科警研の女」が話題!

主演の刑事ドラマ「相棒season19」(テレビ朝日)第18話「選ばれし者」が3月3日、放送されました。翌日、視聴率が発表されたのでお知らせします。


ADVERTISEMENT

【相棒19】18話の視聴率は15.5%!

【相棒19】18話の視聴率は15・5%!

前回より0・4ポイントアップです。

これまでの視聴率は…

  • 初回:17・9%
  • 第2話:16・4%
  • 第3話:16・3%
  • 第4話:14・9%
  • 第5話:13・8%
  • 第6話:14・1%
  • 第7話:12・3%
  • 第8話:12・7%
  • 第9話:13・8%
  • 第10話:12・8%
  • 第11話(元日SP):16・1%
  • 第12話:14・1%
  • 第13話:14・7%
  • 第14話:15・2%
  • 第15話:14・8%
  • 第16話:15・5%
  • 第17話:15・1%

【相棒19】18話のあらすじ

【相棒19】18話のあらすじは…

人気小説『魔銃録』の作者が銃殺される事件が発生。凶器は数カ月前、代議士襲撃事件で使われた古い銃と思われたが、問題の銃はすでに警察に押収されていた。特命係は線条痕の再鑑定をしている科学警察研究所を訪れ、主任研究官・黒岩から事情を聞くと「問題の銃が持ち出された可能性も、鑑定ミスの可能性もない」と断言する。そして、捜査の背後では“魔銃”を持つ者がさらなる犯罪に動き出そうとしていた―。

<関連記事>

【相棒19】18話:前田亜季「科警研の女」が話題!

18話のゲストは前田亜季さん。season6 第6話『この胸の高鳴りを』以来の再登場でした。今回の前田亜季さんは、科学警察研究所の部署:犯罪予防研究室の久保塚雅美(前田亜季)役。銃の線条痕が一致した謎のカギを握る役どころでした。

ネットでは「大きくなった」と感慨深い声や、役と同じく「前田亜季さんは実際にアメリカに留学してる」との指摘も!?「科捜研の女」ならぬ「科警研の女」前田亜季さんに大注目でした。

当記事画像出典:テレビ朝日

相棒19
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました