【9ボーダー】最終回ネタバレ考察!幸せラストの続きが気になる!続編は?

9ボーダー最終回
※当サイトのリンクには広告が含まれます

川口春奈主演【9ボーダー】最終回ネタバレ&考察を紹介します。
TBS金曜ドラマ【9ボーダー(ナインボーダー)】最終回が6月21日に放送されました。
3姉妹の恋と人生を描くヒューマンラブストーリー。最終回は七苗(川口春奈)が30歳に!
コウタロウ(松下洸平)との恋の結末は?

【9ボーダー最終回】あらすじ、ネタバレ、感想&考察(続編について)などお届け!

【9ボーダー】ネタバレあらすじを最終回まで!原作のない結末はハッピーエンド!?
【9ボーダー】ネタバレあらすじを最終回まで!原作なし。川口春奈主演TBS金曜ドラマ【9ボーダー(ナインボーダー)】の全話あらすじとネタバレを最終回まで紹介。見どころや伏線回収も毎週更新!最終回結末ストーリー予想もお届け。脚本は金子ありさ。

【9ボーダー】最終回あらすじ

リニューアルしたおおば湯は、新設した酵素風呂と飲食部門の集客が伸びず、赤字経営。七苗(川口春奈)はどうしたものかと頭を抱える。さらに、清澄白河で再開発計画が持ち上がる。おおば湯を含む商店街がまるごと立ち退きする事態に!
そんな中、ふとした時にコウタロウを思い出す七苗。一方、芝田悠斗として暮らすコウタロウ(松下洸平)もまた、日常の中でふいに七苗を思い出していた。

【9ボーダー】最終回ネタバレ

【9ボーダー最終回ネタバレ】を紹介します。

9ボーダー最終回ネタバレ


コウタロウ=悠斗(松下洸平)は「仕事を辞める」と言った百合子(大政絢)を引き止めました。仕事をするのに百合子のサポートが必要だったからです。おかげで仕事をそつなくこなしていく悠斗。
悠斗は「清澄白河で再開発計画」を気にかけています。

六月が松嶋の結婚を断る

9ボーダー最終回ネタバレ

赤字が続くおおば湯をどうしたものかと話し合う3姉妹。そこに松嶋(井之脇海)が。
六月(木南晴夏)は指輪は嬉しかったけど「一緒には行けない」と断ります。
今の自分が好き。今の場所が好き。だから左右されたくない。
「だからあなたも自由に。私に縛られないで。いってらっしゃい」と指輪を返してしまう。

七苗とコウタロウが対立!?

清水義則(笠原秀幸)がおおば湯を訪ねてくる。清水は悠斗=コウタロウ(松下洸平)の会社「アーバンシティクロス」の社員。商店街をまるごと買い取り街づくりを計画しているのです。

出張で東京に来ていたコウタロウがバルにやってきます。あつ子(YOU)に挨拶に来たと言うコウタロウ。
七苗は「本当に再開発するんですか?この街もおおば湯もなくなってもいいと思ってるんですか?この街もおおば湯も必ず守ってみせます」と宣言。

あつ子は「記憶は戻った?」と訊ねます。コウタロウは記憶はまだ戻っていない。それでも周りの人に支えられているから恩返しをするという。だから芝田悠斗として生きるのだ、と。
結婚をするというコウタロウにあつ子は「約束して。幸せになってね」と言います。

八海のことが気になる陽太

9ボーダー最終回ネタバレ

八海(畑芽育)が立花(兵頭功海)と連絡を取っていることが気になる陽太(木戸大聖)は「立花とはどういう関係?」と訊ねる。友達だと言う八海。「男女の友情は成立しない」と反論するも「だったら私たちは?」と言われてしどろもどろ。

**

松嶋は事務所を辞める。元気に送り出す六月。
松嶋を思うからこそ、手を離したのだ、と久美子(内田慈)に打ち明ける。

コウタロウの結婚は破断に!

商店街は閉店するお店が増えていく。
おおば湯の建物は古い。そこで、登録有形文化財に登録申請をする。そうすれば、壊されることはない。五郎(高橋克実)は張り切ります。
五郎のアイデアで、宣伝もする。絵描きの剣はシャッターアートで集客に協力。外国人客も増え街が活性化していきます。

そうして、街の買収計画の見直しが決定しました。
あつ子は、再開発そのものは悪くない。残すところと新しくするところと両方があればいいと提案。七苗も賛成。

コウタロウから色々聞いたというあつ子。
結婚は破断になったという。百合子は変わってしまった悠斗と一緒には暮らせないと感じたのです。結婚は百合子から断りました。

「コウタロウと話した方がいい」という八海、六月、あつ子、陽太。ためらう七苗。
話の流れで六月の結婚話になります。

「答えはゼロかイチじゃない。答えは無限にある。一番いい形にすればいい。幸せになるために」と七苗。

「幸せって何?ひとりじゃ幸せになれない?どうなるのが幸せなのかな」
六月は離婚をしたことをちょっぴり引きづっています。

それを聞いていたあつ子は自分が自分のままでいられればいいのだと言います。

**

9ボーダー最終回ネタバレ

六月は松嶋を見送ります。
松嶋は六月と出会い「一緒にいることが自由で楽しい」と感じたと告白。そして指輪を「受け取って」と差し出します。六月は遠距離恋愛を提案。「未来を一緒に考えよう」と指輪を受け取りました。

**

9ボーダー最終回ネタバレ

八海は陽太に「七苗のことよろしくね」と言う。
七苗は親友。
「俺は俺のままでいい。八海はいつもそう思わせてくれる」
そう言ってクリスマスプレゼントを渡す。

「勘違いするよ」
「別にいいし」
とじゃれ合う。

結末:コウタロウがおおば湯に!「おかえりなさい」の幸せラスト

9ボーダー最終回ネタバレ

七苗の誕生日。

有形文化財に認定される可能性が高まり、おおば湯は売上も伸びてきました。
「コウタロウにも連絡しなきゃ」と言う五郎。

実は、五郎はコウタロウと連絡をとっていたのです。コウタロウは街の再開発のためにとアイデアを出してくれていました。五郎のアイデアだと思っていたのは、コウタロウのアイデアだったのです。

次いで陽太はコウタロウのところに行ってきたことを話します。
コウタロウは、家族、部下、友人を捨てることはできない。「でも、毎日、七苗のことを思ってるよ」と心のうちを打ち明けていました。

「いいのか、このままで。お前はどうなんだよ」という七苗に言う陽太。

コウタロウのことを思い出す七苗。
その時「また会いたいです。あの場所で」とコウタロウから連絡が。
そこはコウタロウがいつも歌っていた場所。

七苗は走ってコウタロウに会いに行きます。
「こんばんは。芝田悠斗さん」
「こんばんは。大葉七苗さん。誕生日おめでとう」
「良かったら一緒にお祝いしてくれませんか」
「そんなのいくらでも」

七苗はコウタロウと一緒に帰宅。
みんながコウタロウを歓迎する。

「おかえりなさい」

七苗がロウソクの灯りを吹き消す。
「いただきます」
ケーキを食べる…。

<終わり>

【9ボーダー】最終回の考察&感想!幸せラストの続きが気になる!続編は?

【9ボーダー最終回】の感想と考察を紹介します。SNSの反響も交えて!

続編はある?

幸せをテーマにした【9ボーダー】最終回。3姉妹、そして取り巻く人々、それぞれの幸せを描きました。

コウタロウがおおば湯にやってきて、全員で七苗の誕生日を祝うラストシーンがほんわかあったかくて幸せになりました。
3姉妹の恋もいい感じで終わりましたが続きがとっても気になります。SNSでは「ハッピーエンドで良かった」の声がたくさんある中「続きが見たい」「気になる終わり方」「続編は?」と反響が。
続編があったら嬉しいですね。3姉妹の恋の行方が知りたいです!

続編があるといいですね。あるとしたら、スペシャルドラマかも?
3姉妹の幸せなウエディング姿を見たいです!

3姉妹の恋の続きを考察!

・八海と陽太はおそらく付き合うのでしょう。
・六月と松嶋は遠距離恋愛に突入。いずれは結婚?
・七苗とコウタロウは付き合うのだろけど、コウタロウの方に問題が山積みとも思えます。会社のことや記憶もまだ戻っていないことなど。続編があるとしたら、コウタロウの問題解決と同時に七苗との関係の進展を描くと思います。

そして…。
最終回の名言はあつ子の幸せについて。「私は私のままでいい。そう思えるってことじゃない?」です!

【9ボーダー】最終回のまとめ

【9ボーダー最終回】のあらすじネタバレを紹介しました。
コウタロウの記憶喪失から始まり、3姉妹の恋と人生を描いた【9ボーダー】。幸せについて、夢について、恋について、家族についてetc。たくさんのことを描いた作品でした。
毎話、ウルウルしてほっこりして、そして元気を貰いました。
七苗を演じた主演の川口春奈さん始め、木南晴夏さん、畑芽育さん、松下洸平さん、木戸大聖さん、井之脇海さんら、出演者の方々の演技も素晴らしく引き込まれました。

次回、TBS金曜ドラマは新番組「笑うマトリョーシカ」を放送します。
こちらも楽しみな作品です。

画像出典:【9ボーダー】公式サイト