2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

【おちょやん】52話のネタバレと視聴率!岡安の茶番劇に爆笑!

【おちょやん】52話のネタバレと視聴率!

朝ドラ『おちょやん』第52話が2月16日(火)に放送!

かつてのライバル茶屋の跡取り同士のみつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)の恋仲を認めさせるため、シズ(篠原涼子)に大芝居を仕掛ける千代(杉咲花)だったが…

放送後、岡安の茶番劇に爆笑する視聴者続出!?

今回は【おちょやん】52話のあらすじネタバレ、視聴率、感想などを紹介!

【おちょやん】の視聴率と最終回ネタバレ!千代(杉咲花)の恋と女優業の結末は?


ADVERTISEMENT

【おちょやん】52話の視聴率

【おちょやん】52話の視聴率は17・2%

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【おちょやん】52話のあらすじネタバレ

【おちょやん】52話のあらすじネタバレです。

あらすじ

千代(杉咲花)の思い込みとは裏腹に、みつえ(東野絢香)の好きな人は一平(成田凌)でなく、商売敵・福富の跡取り息子・福助(井上拓哉)だった。しかも、すでに二人は恋仲に…。それでも二人の間にそびえ立つ壁は高く険しい。犬猿の仲である母親のシズ(篠原涼子)と菊(いしのようこ)の存在だ。千代は二人の仲を認めさせようと、みつえと福助に加えて、岡安のかめ、富士子、節子、玉を巻きこむ大芝居を仕掛けるのだが…

ネタバレ

シズ(篠原涼子)は宗助(名倉潤)が福松(岡嶋秀昭)と会っていたことで怒っていた。「今度、福富の者と会ったら離縁だす」

千代は親の心がわからない。一平も同じだが、だから今回の台本を書いているという。千代は思いつく。芝居を通して両親に説得をしようとたくらみ、台本を書いてほしいと懇願。一平は反対で、千代に演技に専念しろという。

「みつえは大事な友達や」「あかんもんはあかん」「このドケチ!もう頼めへんわ!」交渉は決裂。

みつえは後を継がないでいいと言われたとき落ち込んでいた。そのとき、福助(井上拓哉)がトランペットを吹いてくれて励まされた。(※ビゼーのオペラ、カルメンの中の「ハバネラ」いう曲でした)

「気が付いたら好きになっていた」と千代にいうみつえ。

「あとはどないなっても知らん」一平は台本を千代に渡す。千代は岡安のみんなに台本を渡した。そして、岡安にて、芝居が始まる。

ケガをした福助を支えてみつえが岡安にやってきた。福助がみつえを助けてくれたという。岡安の女中たちが棒読みで福助のことを褒める。かめ(楠見薫)がセリフが飛んで、千代がヒントを出す。

一連の流れが無事に終わってシズにもばれなかったが、汗だくのかめが汗を拭いた紙が台本!シズに見つかった。

みつえから話しを聞いたシズは結婚に大反対。「岡安継ぐのもあかん、福助と一緒になるのもあかん。これ以上ウチの夢取り上げんといて!」みつえは反論して…。(つづく)

【おちょやん】52話の感想・まとめ

<ネットの反応>

芝居茶屋「岡安」従業員を巻き込んでのお芝居でした。あきらかに不自然な棒読みなのに流れていく展開。かめさんなてセリフ忘れてましたし、なぜ止めない!シズさん!(笑)

と突っ込んでしまいました。いつばれるか、こんなんで福助の株が上がるのかヒヤリとドキドキと「なにやってん」という面白さと、いろいろ詰まったみつえのためのお芝居でした。

もちろん岡安の茶番劇の<楽しさ>だけでなく、みつえの福助を好きになった理由のシーン<恋物語>、千代と一平の親への切ない思い<家族の物語>、親友の為に頑張る千代の<友情>、親と子の断絶という<永遠のテーマ>などなど15分で盛りだくさんでした。

当記事画像出典:Amazon

おちょやん
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】