2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【誰も知らない明石家さんま】ドラマ「笑顔に会いに行く道」のキャストとあらすじ!安田顕主演

【誰も知らない明石家さんま】ドラマ「笑顔に会いに行く道」のキャストとあらすじ!

安田顕主演・佐藤勝利 (Sexy Zone) ・葵わかな共演の特別ドラマ『笑顔に会いに行く道』が、特番【誰も知らない明石家さんま(第6弾)】(日本テレビ)内にて12月13日(日)に放送されます。

又吉直樹脚本で送る、明石家さんまと息子・二千翔(にちか)、娘・IMALUとの親子の絆の物語!

今回は【誰も知らない明石家さんま】ドラマ「笑顔に会いに行く道」のキャストとあらすじなどを紹介!

【誰も知らない明石家さんま】ドラマ「笑顔に会いに行く道」のキャスト

安田顕(役:明石家さんま)

安田顕
©日本テレビ

登場人物:明石家さんま(本名:杉本高文たかふみ)…主人公。実在のお笑い芸人。奈良県出身。吉本興業とマネジメント契約。『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』『あっぱれさんま大先生』『恋のから騒ぎ』など人気バラエティーで活躍。現在も『踊る!さんま御殿!!』『ホンマでっか!?TV』『さんまのお笑い向上委員会』などレギュラー番組を持ち、第一線で活躍中のまさにお笑い怪獣。1988年に、ドラマで共演した女優・大竹しのぶと結婚し、翌年に娘のIMALUが誕生。大竹しのぶの連れ子の二千翔(にちか)とは実の息子同様に接したと言われている。1992年に離婚。親権は二千翔・IMALUとも大竹しのが持つ。

キャスト:安田顕(やすだ けん)…1973年12月8日生まれ。北海道出身。CREATIVE OFFICE CUE、TEAM NACS所属。主演映画に『俳優 亀岡拓次』『愛しのアイリーン』など。ドラマ出演は多数で引っ張りだこ。主演ドラマ2作、『うつ病九段』(2020年12月20日、NHK BSプレミアム) 『きよしこ』(2021年3月、NHK)の放送が控えている。

【安田顕さんのコメント】
 今回、脚本を読んで、色々と想像を巡らしました。4人家族で、家にいる時のさんまさん“杉本高文さん”って、どういう方なんだろう……と。大竹しのぶさんと結婚し、二千翔くんの父親になった時、二千翔くんに「パパ」や「お父さん」と呼ばせずに、「ボス」と呼ばせたさんまさんの想い。二千翔くんの生みの父親に対するさんまさんの想い……。明石家さんまさんと、父親としての杉本高文さんがうまく融合している“柔らかいさんまさん”を想像してみたり……。そういうふうに楽しんで脚本を読ませていただきました。  やっぱり粋ですよね、さんまさんは。息子や娘が今でもはっきりと覚えている名言がたくさんあるんです。「ウソは人を傷つけるけど、ホラは人を傷つけない」とか「たくさん失敗を経験した人だけが成功できるんだ」とか……。きっと、さりげなくおっしゃっていると思うんですよね。それが、お子さんたちの心にちゃんと残っている。素敵なお父様だなと思います。  自分も娘を持つ父親ですので、そういった部分の感情というものを大事に演じさせていただきました。今回のドラマは、いろんな方に楽しんでもらえる、ホロっとくるいいドラマになっていると思います。

佐藤勝利(役:大竹二千翔)

佐藤勝利
©日本テレビ

登場人物:大竹二千翔(おおたけ にちか)…1985年生まれ。実母は女優の大竹しのぶ。実父はTBSのドラマディレクターの服部晴治(1987年に死別)。明石家さんまが大竹しのぶと結婚していた期間(1988年 – 1992年)は血縁関係のない「息子」という関係。その際、お父さんとは呼びにくいという事で、いまるともども「ボス」と呼ばせ、離婚後もそう呼ばせている。

キャスト:佐藤勝利(さとう しょうり)…1996年10月30日生まれ。東京都出身。ジャニーズ事務所所属。「Sexy Zone」のメンバー。俳優として映画『ハルチカ』(2017)橋本環奈とW主演、映画とドラマ『ブラック校則』(2019)で主演を務めるなど活躍中。

【佐藤勝利(Sexy Zone)さんのコメント】
 役作りのために、さんまさんについてお話する二千翔さんのインタビュー映像を事前に拝見させていただきました。第一印象は、誠実でぼくとつとした空気をまとった中に、明るい笑顔がとても印象的な方でした。演じる際に、どこまで二千翔さんに近づくことができるか楽しみでもあり、不安でもありましたが、収録後、楽屋でさんまさんがスタッフに「二千翔の雰囲気がスゴく出ていた!」とおっしゃっていたことを聞いて、ホッとしています。このドラマは“お笑いモンスター”さんまさんの、家族と向きあった時に見せる、人間味と繊細さ、愛情を知ることができると思います。

葵わかな(役:IMALU)

葵わかな
©日本テレビ

登場人物:IMALU(本名:大竹いまる)…1989年9月19日生まれ。東京都出身。株式会社リトルトウキョウプロダクション所属。名前は明石家さんまの座右の銘「いきてるだけでまるもうけ(生きてるだけで丸儲け)」から、大竹しのぶは「いまをいきる(今を生きる)」から命名したと述べている。

【葵わかなさんのコメント】  
IMALUさんとさんまさんのエピソードはとても温かくて、実際のお2人の関係性を想像しながら、参加させていただきました。テレビで拝見させていただく姿とはまた違った、さんまさんとIMALUさんの家族としての雰囲気が醸し出せていたらいいなと思います。悩みを相談するシーンがあるのですが、さんまさんの答えがとても印象的でした。当時のIMALUさんはもちろん、観てくださる方の背中も押してくれるような素敵なアドバイスだと感動しました。ぜひご覧ください!

【誰も知らない明石家さんま】ドラマ「笑顔に会いに行く道」のあらすじ

番組で恒例となった、さんまの半生を事実に基づいて描く特別ドラマ。今年は、明石家さんまと息子・二千翔(にちか)さん、娘・IMALUさんの親子の絆の物語。息子・二千翔さんが初めて父親について語るインタビューをもとに、これまでテレビでは決して描かれることのなかった〝父親・明石家さんま〟をドラマ化。

さんまさんの息子・二千翔さんが父を語ることは初めてだそうなので、これまで本当に誰も見たことがない、知らない明石家さんまさんのドラマが展開されます。必見ですね。

【誰も知らない明石家さんま】ドラマ「笑顔に会いに行く道」の脚本

脚本は、芥川賞作家の又吉直樹さんが務めます。【誰も知らない明石家さんま】のドラマパート脚本では、おなじみですね。モノローグが凝ったセリフのときもありますが、総じて完成度の高いドラマになっています。2020年版も期待が高まります。

又吉直樹による過去の明石家さんまドラマの脚本

・「小岩青春物語〜きみといた街角〜」(2015年11月22日)
出演:菅田将暉、新川優愛 、ほか

・「ずっと笑ってた」(2017年11月26日)
出演:北村匠海(DISH//)、飯豊まりえ、ほか

・「さんまの一番長い日」 (2018年11月25日)
出演:斎藤工、剛力彩芽、ほか

・「さんまが泣いた日」(2019年12月1日)
出演:成田凌、小日向文世、ほか

【誰も知らない明石家さんま】ドラマ「笑顔に会いに行く道」の放送日

放送日:2020年12月13日(日)

放送時間:よる7時~9時54分(ドラマは3時間の内のひとつのコーナー)

放送局:日本テレビ系全国ネット

※【誰も知らない明石家さんま】のドラマ以外のコーナーは、「明石家さんま画廊プロジェクト」「伝説の神名言!“さんまの震えた一言」が放送されます。

※【誰も知らない明石家さんま】の出演者は、MC:明石家さんま、アシスタント:市來玲奈、スタジオゲスト:岩田剛典、白石麻衣、三浦獠太、東野幸治、後藤輝基、児嶋一哉、滝沢カレン、フワちゃん VTR:佐藤浩市をはじめ、話題の女優、伝説のトップアイドルが名言(迷言)コーナーで登場。

芸能界の内外を問わず、様々な人に、様々な場面で名言(迷言)を残している明石家さんま。明石家さんまの“あの一言には震えた”という名言エピソードを豪華メンバーの証言とともにご紹介!今回はプライベートでも親交のある名優・が今でも忘れられないさんまの“神名言”にまつわるエピソード満載です!

スペシャルドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】