2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【タリオ】1話のネタバレと感想!浜辺美波がナポリタンを食べる可愛さが話題!

タリオ1話
連続ドラマ「タリオ 復讐代行の2人」 (C)NHK

【タリオ】1話のネタバレと感想!

浜辺美波、岡田将生ダブル主演のドラマ『タリオ-復讐代行の2人-』がNHK総合で2020年10月9日(金)に放送されました。

若き弁護士・白沢真実(浜辺美波)は、詐欺師の黒岩賢介(岡田将生)とともに「復讐代行請負業」のタッグを組む初回。

当記事は【タリオ】の気になるあらすじネタバレや感想を紹介します。

※『タリオ』の動画配信はNHKオンデマンドまたはU-NEXTで配信あり。(2020年10月現在)

スポンサーリンク

【タリオ】1話のネタバレ

ドラマ「タリオ」のキャスト・作品解説はこちら▼

「タリオ」1話のネタバレあり・あらすじをご紹介します。


白沢真実まみ(浜辺美波)は司法試験予備試験の制度を利用し、20歳にして弁護士となった。司法修習では首席となったことを誇りに、大手法律事務所に就職。しかし世間知らずと頭の固さのせいで仕事をまわしてもらえずいる。

そんなある日、真実は事務所の先輩弁護士・小暮が手を引いたお荷物案件を担当することになる。依頼人の綿貫依里子(白石糸)は不動産会社で働くOL。大手ゼネコンの御曹司・財津宏樹(三浦涼介)に性被害を受けていたが、金や権力によって事実をねじ曲げられ、泣き寝入りを強いられていた。

そのため、依里子はネットで探した「復讐代行請負業」の男に復讐を依頼。しかし金を振り込むも一向に復讐に着手する気配がないという。

詐欺だと確信した真実は法的に対処するため依里子に男を誘い出させる。誘い出された男は経営コンサルタントを名乗る黒岩賢介(岡田将生)だった。

黒岩のあとをつけ、事務所をつきとめた真実。詐欺の証拠となる書類「的中率99.9% 黒岩賢介の経済予測」を押収。ダイレクトメールだろう手紙の2枚には、同じ株の銘柄なのに、必ず上がる、必ず下がるとある。同じ銘柄の正反対の予想を顧客に送り付けて、当たった半数の中から信じるカモに詐欺を働くつもりだ。

真実は、黒岩に念書(内容:「私は卑劣な詐欺師です。復讐代行業者を名乗り、10万円を騙し取ろうとしました。」)も書かせて依里子の依頼額も回収した。

浜辺美波・岡田将生のバディ誕生!

真実は時空間インフィニティデザイナーでもある財津が演出したという店舗(バー)へ敵情視察。財津宏樹の紹介と偽り潜入し、飲んでいた若者たちに混じる。

真実は、依里子に10万を返却。財津のことも聞き込む。

依里子は不動産会社に勤めていた。顧客を騙してヒドイことばかりしていた会社だった。そんなとき、大学の先輩の高石徹也(本田大輔)が財津の知り合いと分かったため、財津を紹介してもらった。

後から分かったことだが、依里子が勤めていた会社は財津の父の息のかかった会社だった。財津はもう一軒いこうと誘い、その店で無理矢理お酒を勧めた。気づいたら財津のマンションに連れ込まれていた。

財津の主張では、依里子が率先してマンションへ来たと主張している。真実は、事件当日の深夜のメールが一番問題だと告げる。高石から「うまくいった?」というメールに「今日はありがとうございました」と返信している。性暴力を受けた直後にしては変だ。依里子は覚えていないと主張する…。

真実は高石のもとへ行き、メールを送った真意が何だったのか尋ねた。裁判では財津の弁護士が「どんな手を使っても財津に取り入りたいと彼女に言われた。だからうまくいった?とメールを送った」と誘導するかのように証言者の高石を尋問。本当に依里子がそんなことを言ったのか、真実が尋ねても、そのようなニュアンスだったと高石は証言を変更しなかった。…その後、高石は「変な弁護士が来た」と、財津へ電話。

そんな中、真実が自宅マンションに帰ると、部屋の扉に「事件から手を引け。さもなくばお前は絶対絶命だ」という貼り紙が!そこへ、黒岩もやってきて、中に「誰かいる」と率先して部屋の中へ。取られたものを捜している真実のカバンから、詐欺の証拠書類を奪う黒岩。

真実は、貼り紙も黒岩賢介だと気づく。黒岩が真実の住所を知ったのは、宅配便からの電話を装ったときに真実が答えてしまったからだった。念書は時間経過で消えるインクだった。

黒岩は財津の件で手を組むことを提案し、真実もしぶしぶ承諾。最強だか最弱だか分からないバディが誕生!?

財津の周辺を調べる2人

2人は財津のマンションへ調べに行く。所有者は財津の父だ。管理人は金まわりがよくなって変わっていた。防犯カメラの映像は保管期限1週間。事件を担当した小暮弁護士が管理人に映像はないと言われたというが嘘だ。前の管理人・菅野すがのは夜の街で豪遊。映像があるから財津をゆすっているのだろうと黒岩はにらむ。

真実は財津に会って、防犯カメラのことを隠しているだろうと揺さぶる。財津はしらを切ったが動揺していた。

財津は父の源一郎(三浦浩一)に相談する。顧問弁護士の大川を通して、弁護士会から真実を懲戒処分、事務所を辞めさせた。財津のことで潜入捜査したときに若者と写真を撮ったが、未成年者に飲酒させたという容疑がかかったのだ。財津親子の圧力だ。

真実と黒岩は、高石のもとへ行き、協力を求める。彼は拒否するが、財津の父の会社・財源建設に逆らえないからだと指摘する真実。

3か月前、財津の父は高石の会社に事業拡大をさせ多額の設備投資をさせた。そのとたん、発注が縮小された。財津の父の狙いは高石の会社の土地と財産を奪うこと。それでも逆らえなかった。妻と娘を路頭に迷わせるから。

黒岩は土地と財産を妻にあげて離婚すればいいと思う。しかし真実は「債権回収詐害行為」にみなされると指摘。高石は協力者にはなれなかった。

しかし、黒岩が高石をホステスがいるクラブへ連れ出し、写真を撮影。これをネタに脅して協力者へ無理矢理させた。

真実と黒岩の作戦はこうだ。高石が財津へ電話し「映像の存在がバレている。早く処分しよう」と警告→財津から菅野へ電話し映像を持っていてもお互い危ないからと取り引きを持ち掛ける→真実たちが財津の代理人のふりをして取り引きの日を一日早めて先に奪う!!

高石は騙されたふりをしようと財津を説得。取り引き当日。真実は菅野から映像データを受け取り逃げる。途中で高石へパス。高石は逃げた先で海へ投げ捨てた。

結末

高石は妻子に逃げられた。

財津の結婚式の日。披露宴の際中にビデオが上映されるが、そこで財津の過去がバラされる。

2019年8月28日。財津が依里子をマンションへ連れ込む映像だ。

高石は裏切ったのだ。捨てたのはニセモノのハードディスクだった。

怒る財津だったが、高石は「お前の味方なんて最初からいなかったんだよ!」と告げる。

依里子は、「結婚おめでとう!」と財津をビンタ!結婚相手も「最低!」とビンタ!

2人からビンタされまくる財津。

普通に妻に財産を贈与したら「債権回収詐害行為」とみなされる。もし高石が浮気をして妻に多額の慰謝料を支払うことになったというのなら、債権者は何も言えない。この手を(クラブでの噂話として間接的に)教えたため、高石は協力してくれたのだ。

高石は、真実と黒岩に感謝した。妻は誤解したままだが妻子が幸せになってくれるならいいという。

その後、財津の被害に遭った女性が次々と訴えて、財津は長い刑務所生活を送ることになった。

真実は「法を超えた正義があるのか」疑問が残った。

詐欺事件を起こしたカリスマ投資家・橘道三が10年の刑期を終えて釈放された。真実の父が詐欺容疑をかけられ行方をくらましたきっかけの人物だ。(つづく)

【タリオ】1話のネタバレ要点まとめ

『タリオ』1話のネタバレの要点は…

①真実が弁護士事務所をクビに。バッジを外したことから資格も停止。

②真実と黒岩はバディを組む。

③法律の知識を生かして相手の仲間を味方につけて悪を成敗!!

【タリオ】1話の感想まとめ

『タリオ』1話のネットの反響は…

浜辺美波がナポリタンを食べる可愛さが話題!

https://twitter.com/0829minamichan/status/1314570748724346882?s=19
https://twitter.com/ikasan2991/status/1314738340814495744?s=19

浜辺美波がナポリタンを食べるシーンは『屍人荘の殺人』と同じでしたね。木村ひさし演出の遊び心でしょう。

チコちゃんがイルカ乗ってる!!と菅野の目をそらせてハードディスクを奪った真実。NHKの小ネタでした。

コミカルな演出とともに、浜辺美波、岡田将生という人気俳優のタッグで視聴者からも大人気。

1話完結でスッキリするのも良いですね。次回も期待です。

〈関連記事〉

タリオ 復讐代行の2人
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】